MPi-K
MPi-Km 72.jpg
MPi-KM
MPi-K
種類 軍用小銃
製造国 東ドイツの旗 東ドイツ
設計・製造 設計 ミハイル・カラシニコフ
製造 エルンスト・テールマン工場
仕様
種別 アサルトライフル
口径 7,62mm
銃身長 415mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 7.62×39mm弾
装弾数 30発
作動方式 長ガス・ピストン式
回転ボルト閉鎖
セミ/フルオート切替射撃
全長 870mm(MPi-K)
重量 3.7kg
発射速度 600発/分
銃口初速 720m/s
有効射程 800m
歴史
製造期間 1950年代 - 1980年代
配備期間 1950年代 - 1990年
テンプレートを表示

MPi-Kとは、ドイツ民主共和国(東ドイツ)でライセンス生産されたAK-47である。その名称は Maschinenpistole K の略で、「カラシニコフ型短機関銃」を意味する。ドイツ民主共和国では、ナチス・ドイツ時代に造られた突撃銃(Sturmgewehr)の語は使用されなかった。

目次

概要編集

第二次世界大戦後、東ドイツにおける再軍備兵営人民警察と称される準軍事組織から始まった。当初、兵営人民警察では在独ソ連軍から供与されたモシン・ナガン小銃やPPSh-41短機関銃、あるいは旧軍から接収されたKar98k小銃やStG44突撃銃などが配備されていた。1956年、兵営人民警察は国軍たる国家人民軍に改組される。1957年、国家人民軍はソビエト連邦製のAK-47突撃銃を制式小銃として採用し、この2年後にはライセンス生産が開始された[1]。生産は主にズール県のエルンスト・テールマン工場にて行われた。

東ドイツ製AKの独自の特徴としては次のようなものが挙げられる。

  • タンジェントサイトの射程距離が、ソ連製のAKM以降は1000mまで対応しているが、東ドイツ製AKではAK-74に相当するMPi-AK-74が登場するまでは、一貫して800mまでの対応となっていた。
  • 木部に使われる材料は、合板ではなく、ブナを使用した単材であった。
  • 軍の運用思想により、銃床内部にクリーニングキットを収納するスペースがなく、MPi-K初期生産型に至っては銃身下に収めるクリーニングロッド(洗い矢)すら付属しなかった。クリーニングキットは、RG-57クリーニングキット(Reinigungsgerät RG-57)として別途配備されていた[2][3]
  • スリング(負い紐)がソ連製より細く、取り付け方法も異なる。スリングスイベル(負い紐環)の形状も異なるため、ソ連製スリングを東ドイツ製AKに取り付けることは不可能。MPi-AK-74では、ソ連製と同形状のスリングが採用された。
  • 銃剣は、ソ連製と同じ改良が進められたが、グリップ(握り)との成形色は黒色である。

本家のAK-47と同様に多くの派生型が存在する。AKMに相当するMPi-KMより、ソ連のAKMに先駆けて銃床などに焦げ茶色のプラスチック樹脂製部品を本格的に取り入れている。

AKMSに相当するMPi-KMS-72では、折畳時にもセレクターの操作を邪魔しないように形状を工夫した、独自の側面折り畳み式銃床が採用された。この銃床は後にルーマニアポーランドなどが国産化したカラシニコフ銃(AIMタンタルなど)に模倣された。特に区別する場合、従来の下方折り畳み式銃床を「ロシアン・パターン」、東ドイツ製の側面折り畳み式銃床を「イースト・ジャーマン・パターン」などと呼ぶこともある[4]

MPi-AK-74は、ソ連製のAK-74に相当するモデルで、口径を5.45mm(使用弾薬5.45×39mm)に小口径化している。なお、国境警備隊では5.45mm口径の小銃を採用しなかった。これは5.45mm弾の殺傷力が国境警備活動において過剰であり、また弾頭が軽量であることから風や障害物の影響を受けて隣国領内に着弾する可能性が高いと判断された為である[5]

その後、更なる独自のAKが開発され、輸出用に5.56x45mm NATO弾を使用するヴィーガーが誕生するに至っている。

東ドイツの警察組織や軍事組織が採用したほか、いくつかの国には輸出も行われた。東ドイツ崩壊後、MPi-Kなどの銃器を始めとする各種装備品及び物資はドイツ連邦軍(西ドイツ軍)が接収し、少数が研究や演習などの用途に用いられた。大多数のMPi-Kは統一ドイツ政府によって第三国へと売却された後、紛争地域などへ流出していった。

主なバリエーション編集

 
MPi-Kシリーズ。上からMPi-K、MPi-KM、MPi 69、MPi-KMS、MPi-KMS-72、MPi-AKS-74、MPi-AKS-74K

AK-47編集

MPi-K
AK-47。生産時期によって3タイプに分類できる。1959年から1966年までにおよそ1,300,000から1,500,000丁程度が製造された[1]
1 初期生産型
AK-47と同様の形態。クリーニングロッドが付属しなかった。
2 中期生産型
AKMと同じく、直銃床となり、下部ハンドガードにリブを追加された。本銃よりクリーニングロッドが付属。
3 末期生産型
銃床、ハンドガード上部、グリップに樹脂製部品を採用。グリップのチェッカリングは、独自の形状をしている。ハンドガード下部は銃身の耐熱の問題で、木製のままとされた。
MPi-KM
1965年より製造開始[6]。MPi-Kのレシーバを独自改良でプレス加工した、AKMに相当するモデル。弾倉はMPi-Kに引き続いて金属製を使用。生産時期によって3タイプに分類できる。
1 初期生産型
MPi-K末期生産型に準じて、銃床、ハンドガード上部、グリップにプラスチック樹脂製部品を採用。銃口はAK-47と同じくマズルブレーキがない。
2 中期生産型
銃口には、AKMと同じ竹槍状に切り落とした形状のマズルブレーキを装着。
3 末期生産型
1980年より生産開始。ハンドガード下部を、新たに開発した素材のプラスチック製に変更。
MPi-KMS
AKMS。空挺部隊・戦車部隊に配備された。銃床はソ連製のものを踏襲した下方へ回転させて折り畳む方式で、展開時の角度はAKS-47と同じであり、水平ではない。他の特徴はMPi-KM初期生産型に該当する。
MPi-KMS-72
1972年より製造開始。独自の側面折り畳み式銃床を採用。銃の形態はMPi-KMに準じた3タイプある。

AK-74編集

MPi-AK-74
AK-74。1983年頃より生産開始[6]。AK-74と同様の赤茶色のプラスチック樹脂製弾倉を採用。他の特徴はMPi-KM末期生産型に該当する。
MPi-AK-74N
暗視装置を装着するためのマウントプレートがレシーバ左側面に付属した、MPi-AK-74の夜間戦闘型。
MPi-AKS-74
AKS-74。他の特徴はMPi-KMS-72末期生産型に該当する。
MPi-AKS-74N
暗視装置を装着するためのマウントプレートがレシーバ左側面に付属した、MPi-AKS-74の夜間戦闘型。
MPi-AKS-74K
独自に開発した、AKSU-74に相当するモデル。銃身を短くし、銃口やガスポートの形状が異なる以外は、MPi-AKS-74と同形態。リアサイトは、AKSU-74の固定式と異なり、他の型と同じタンジェントサイトである。
MPi-AKS-74NK
暗視装置を装着するためのマウントプレートがレシーバ左側面に付属した、MPi-AKS-74Kの夜間戦闘型。
K500
MPi-AK-74を原型とする軽機関銃。AKシリーズにおけるRPK-74に相当。

その他編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b Walter 2006, p. 206.
  2. ^ Maschinenpistole K”. RWD (Raketen- und Waffentechnischer Dienst). 2015年3月3日閲覧。
  3. ^ Waffenreinigungsgerät”. RWD (Raketen- und Waffentechnischer Dienst). 2015年3月3日閲覧。
  4. ^ ホビージャパン 2014, p. 100.
  5. ^ BEWAFFNUNG”. KOMMANDO GRENZTRUPPEN DDR. 2015年3月3日閲覧。
  6. ^ a b Walter 2006, p. 207.

参考文献編集

  • Walter, John (2006), Rifles Of The World (3rd ed.), Krause Pubns Inc, ISBN 0896892417 
  • 『AKライフルの軌跡 追悼 ミハエル・カラシニコフ』 ホビージャパン、2014年ISBN 9784798607702

外部リンク編集