MUSIC★J』(ミュージック★ジェイ)はSTVラジオ2016年10月4日から放送されているラジオの音楽番組。パーソナリティーは松崎真人

MUSIC★J
ジャンル 音楽番組・ミュージシャン番組
放送方式 生放送(稀に収録)
放送期間 2016年10月4日 -
放送時間 ナイターオフ:毎週火曜 - 金曜 19:00 - 22:00(180分)
ナイターイン:毎週土曜 18:00 - 21:00(180分 2021年-)
放送局 STVラジオ
ネットワーク 中国放送(2017年 - 。原則ナイターオフのみ)
パーソナリティ 松崎真人
テーマ曲 ジョー・ジャクソン「Go For It」
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

この番組では、1970年代 - 1990年代に発表された邦楽を主にして、「今なお愛されるナンバー」を送る[1]

過去にもラジオ音楽番組の経験があり、シンガー・ソングライターとして活動してきた松崎が、その日に心地よく聞ける流れのプレイリストを毎回30曲前後(3時間フォーマットの場合。短縮フォーマットの場合も放送枠に合わせた曲数)を選曲し、自らの体験・楽曲や歌手にまつわるエピソードや、作詞・作曲・編曲に関する研究から得た解説(放送上では「御託」と呼んでいる)をはさみながら綴っていく。番組開始当初はリクエストは対応していなかったが、スタッフの習熟などもあって、生放送中にメールで届いたリクエスト曲を、あくまでも「選曲の流れとしてつながるタイミングで」予定曲と差し替えるなどの形ではさむようになっていった。 基本的に放送する楽曲は「イントロからアウトロまで聞かせる」「曲の上に曲紹介をかぶせない」形での放送を、原則としている。(ごくまれに、空白のあった後にまた音があるような楽曲で、最後の音の上に松崎の後紹介を乗っけてしまった[2]ことはある) シーズン1の途中から「厳選かけ流し」というキャッチコピーを、松崎自身が番組の口上として使うようになり[3]、リスナーにも広まっている。

さまざまな選曲テーマをコーナーや企画として組み込んでいるのも、当番組の特色の一つである。最も長く続いているのは、ナイターオフ期の水曜20時台に昭和歌謡に寄せた選曲を集中させる「スナックまこ子」[4]など。また、特定アーティストやレーベルの特集企画「〇〇厚め」も不定期に行うことがあり、この場合は当該放送日の1~2週程前に番組内で予告されて、リスナーからのリクエストも反映させた選曲で構成している[5]。「厚め」は、必ずしも当該アーティストの楽曲しかかからないということではなく、関連するアーティスト・作家の作品を織り込んだり、全くそうでない楽曲も前後にはさんだりする場合もある。基本的に松崎一人による進行だが、1シーズンに数回程度、松崎が気になるアーティストをゲストに招き、インタビューを事前収録して放送したり、生放送にゲストとして迎えることもある。

2017年のナイターオフ編成では、中国放送(RCCラジオ)にも火曜 - 木曜にネットされることになった(ナイターオフ編成に入っても北海道日本ハムファイターズの試合が残っている場合は同局に裏送り)[6]。翌年以降もナイターオフ編成での火曜 - 木曜のネットを継続している。金曜は自社制作番組『金曜ビート』を放送していたが、同番組が休止となった際には不定期で本番組を放送することがあった(2019年12月27日など)。2020年のナイターオフ編成では『金曜ビート』の終了により金曜も放送することになった。

2018年のナイターイン編成ではこの番組を続投した上で、放送時間と形態を変更して週1回日曜日に放送された[7]。基本的に松崎の自宅スタジオでの録音制作(松崎がK-MIX・FM静岡で担当している「松崎真人ラジオ新千歳-静岡線」と同様の形態)で、RCCではSTV放送分の編集または別内容での収録放送による6日遅れネットになるものの、引き続きネットを続けた。この形態とは別に、ファイターズ中継がない日曜日の午後や平日夜に生放送バージョンが放送された回もある。[8] なお、オンエア―リストには、生放送実施時の選曲リストのみが掲載されており、松崎自宅スタジオで制作した分については掲載されていない。

2018年ナイターオフ編成から、STVラジオでは放送時間が22:00までの180分となるが、RCCラジオでは引き続き21:50までの170分のため、21:49でいったん挨拶をして番組を締めるが、引き続き21:50から21:59までの正味9分間にSTVラジオのみのコーナー「反省会・泣きの1曲」がスタートした。その日の選曲の流れでかけられなかったリクエスト曲に応える、という形で始まったが、当日の松崎のコメントミスに対して「反省してください!」という内容の原稿(通称「四つ折りの紙」)がディレクターから渡されて、ディレクター選曲による「もう1曲」となることも起こるようになった。STV版180分の放送をフル版とするならば、RCC版は170分で飛び降り終了ということになる。以降のシーズンでもこの形が続いていくが、ナイターインシーズンの「ナイタースペシャル」版は、基本的に「反省会」コーナーは無く終了する。(まれに、ラスト曲の後に時間を残して「反省会」のテーマ曲を入れてコーナーを作ったこともあった)

2019年1月10日11日放送分は松崎がインフルエンザで番組を休んだため、10日はネット局のRCCの制作でパーソナリティを同局アナウンサーの青山高治が、ディレクターを村山太一(RCCの子会社・RCCフロンティア所属)が担当し[9]、リクエストやお便りのメールアドレスもRCCのものを使用するといういわゆる逆ネット方式をとり、21:50 - 22:00はSTVラジオでは「今月の推薦曲」を臨時に放送した。STVラジオの単独放送となる翌11日は通常通り自社制作で喜瀬ひろし奈良まなみの2名が担当[10]

2019年3月19日放送分は、RCCラジオ主催で前日の2019年3月18日夜に広島県のゲバントホールで行われたトークイベント「いいうた聴くならMUSIC★J~金曜ビート Vol.2」[11]に松崎が出演した縁で、RCCのスタジオから、村山太一ディレクターが担当してSTVへ逆ネットの形での同時生放送となった。この日はSTVのスタジオにもスタッフが待機し、通常のSTVで使っているメールアカウントに届いたメッセージも適宜RCCへ転送される形で進行した。また、RCCでは放送終了後の21:50 - 22:00の枠(通称「反省会・泣きの1曲」)も、RCCからの裏送りで対応した。[12]

2019年のナイターイン編成では定時番組としては編成されず、不定期の『ナイタースペシャル MUSIC★J』のみの放送となるが、平日のファイターズ戦ナイターがあらかじめ設定されていない場合はNRNナイターとして他カードが組まれていてもこちらを放送することになったため、前年より増えている。

同年のナイターオフ編成では、クライマックスシリーズと日本シリーズに北海道日本ハムファイターズ広島東洋カープが出場しないことから、期間中も本番組を編成している(RCCは別途自社制作の特別番組を放送する場合あり)。

2021年のナイターイン編成では毎週土曜日の18:00 - 21:00に放送時間を変更する[13]。RCCでのレギュラー番組としてのネット受けは無く[14](平日全試合非開催・またはデーゲーム日の『ナイタースペシャル』時はニッポン放送制作の『ナイタースペシャル』をSTVラジオとともにネット受け)、STVのみでの放送になるが、東京オリンピックによりプロ野球公式戦が中断する期間の7月23日から8月6日の火 - 金曜の『ナイタースペシャル MUSIC★J』としての放送分については、自社制作特別番組を放送しない日にRCCでも放送した(radikoプレミアム加入者は広島県を含む全国で聴取可能)。

放送時間編集

  • 2016年度・2017年度のナイターオフ編成:毎週火曜 - 金曜 19:00 - 21:50[15](2017年度はRCCが火曜 - 木曜にネット)
  • 2018年度のナイターイン編成:毎週日曜 12:00 - 13:30(プロ野球中継が13:00 試合開始の場合は12:00 - 12:50)、RCCは毎週土曜 19:00 - 20:00、毎週日曜 4:00 - 5:00(毎週土曜 28:00 - 29:00)に再放送(プロ野球ナイター中継が行われる場合は再放送が本放送となる)。
    • RCCでの放送分はSTVラジオ放送分の再編集版と、RCC向けの別収録版の時があった。
    • プロ野球のナイター非開催時には、『STVファイターズLIVE』枠で『ナイタースペシャル MUSIC★J』としてSTVラジオのローカルまたはRCC(『RCCカープナイター』枠)との2局ネットで放送する場合があった。
  • 2018年度・2019年度のナイターオフ編成:火曜 - 金曜 19:00 - 22:00(RCCは火曜 - 木曜 19:00 - 21:50)
  • 2019年度のナイターイン編成:ナイター中継のない火曜 - 金曜 17:55 - 21:00(『ナイタースペシャル MUSIC★J』)
  • 2020年度のナイターイン編成:ナイター中継のない火曜 - 金曜 17:55 - 21:00(『ナイタースペシャル MUSIC★J』)、ナイター中継のある土曜 14:35 - 16:25(『GO!GO!サタデー MUSIC★Jスペシャル』)、ナイター中継のある日曜 14:30 - 16:25(『GO!GO!サンデー MUSIC★Jスペシャル』)
    • 当初から全球団のナイターが非開催で確定している場合はRCCも『サウンドコレクション』などの雨傘編成に準じたNRNラインネット番組を差し替えて本番組を『RCCカープナイタースペシャル MUSIC★J』としてネット受けすることがある(2019年4月26日〈金曜〉が最初の例)[16]。また7月14日にはRCCのみ13:00 - 14:30に単発放送した(途中 13:55 - 14:00に『中国新聞ニュース』を放送)。
    • 2020年度は新型コロナウィルスの影響でプロ野球の開幕が延期されたため、開幕までの間は連日放送することになり、中国放送も同様に連日当番組をネットした。放送枠はSTVが17:55 - 21:00、RCCが4月30日までは17:58 - 20:56(17:58以降が実質的な本編時間のため、STVと同内容)、5月1日以降は17:56 - 21:00。STVでは開幕前日の6月18日まで連日放送を続けるが、RCCは自社制作のプロ野球開幕前特番を編成するため6月12日でネットを終了した。プロ野球開幕後は、10月いっぱいまではファイターズ戦が全ての火曜 - 金曜に組まれるため、雨傘番組としては、屋外球場での開催となる試合(主に本拠地が屋外の千葉ロッテマリーンズまたは東北楽天ゴールデンイーグルス主催)での雨天中止時に編成される(実際には放送事例がないまま、10月17日より他球場の試合の予備カードの設定を再開している)。これに加え、ファイターズ戦がナイトゲームとなる土曜・日曜にもSTVローカルで14 - 16時台に2時間程度放送され、この場合には本番組内に中央競馬中継を挿入する。
  • 2020年度のナイターオフ編成:火曜 - 金曜 19:00 - 22:00(RCCラジオは19:00 - 21:50)
    • 前述のようにプロ野球の開幕が延期されたため11月からのスタート。もっとも11日まではそれぞれの地元球団の試合のない(または祝日でデーゲーム開催の)日に限って編成される(STV:3日・5日・10日・11日、RCC:6日[17]。厳密には6日までは『ナイタースペシャル MUSIC★J』扱い[18])。12日から両局での同時ネットが開始され、本年度からRCCでも金曜日のレギュラー放送を開始する。
    • STVラジオがB.LEAGUEレバンガ北海道戦の中継を行う場合(2021年2月10日など)は、オフ編成での日本ハム戦中継時同様にRCCへの裏送りを行う。
  • 2021年度のナイターイン編成:毎週土曜 18:00 - 21:00
    • STVのみのローカル放送であるが、前述のように7月23日(金)から8月6日(金)までの火 - 金曜の『ナイタースペシャル MUSIC★J』は、RCCでも自社制作特別番組を放送する日[19]以外放送する。この関係で、平日にファイターズ戦のナイトゲームが行われず、他球団の試合がある時はNRNナイターの本番カードのネット受けを復活させる。平日全試合非開催(またはデーゲーム開催)時と、公式戦中断期間の7月20 - 22日はニッポン放送制作の『ナイタースペシャル』をネット受け。ファイターズ戦のナイトゲームが組まれる6月以降の土曜[20]も、オールスターゲーム第2戦を含めて放送せず、本番組を放送した。
    • 翌日に競馬のGIレースが行われる場合18:50 - 19:00に収録番組「中央競馬Gを目指せ」が挿入され、19:00より生放送を再開している。
    • プロ野球の公式戦が10月下旬まであるため、2021年度の土曜の放送は10月23日(土)までとなるが、10月2日から23日は改編後の新番組との兼ね合いから、放送時間を19:00 - 20:30に短縮する。
  • 2021年ナイターオフ編成:火曜 - 金曜 19:00 - 22:00[21]
    • 前述の理由により、平日での当番組の放送は10月26日(火)からとなり、野球中継フィラー枠として放送されていた『リアルタイム』との事実上の枠交換となる。
    • RCCでは平日の放送をSTVより1週早く10月19日(火)に裏送りで開始する[22]

脚注・出典編集

  1. ^ (2016年)10月からの番組情報! STVラジオ番組ページ(「Archive.is」のキャッシュ)
  2. ^ 例としてダウン・タウン・ブギウギ・バンド「サクセス」、PUFFY愛のしるし」など
  3. ^ 松崎真人ツイッター
  4. ^ 2019年1月16日のオンエア―リスト
  5. ^ 2017年11月8日オンエア―リスト「瀬尾一三厚め」
  6. ^ 2017 RCCラジオ 秋の番組情報 RCCラジオ、2017年9月25日閲覧。
  7. ^ 4月からの、春の改編情報!”. 2018年3月18日閲覧。
  8. ^ 2018年オンエア―リスト
  9. ^ 青山と村山は本番組非ネットの金曜の同時間帯に放送している自社制作番組『金曜ビート』を担当している。
  10. ^ STVラジオ公式Twitter - 2019年1月9日、20時28分。その後、村山が臨時にRCCのメールアドレスを使用するように返信している。
  11. ^ RCCラジオのイベント紹介ページ2021年4月17日閲覧
  12. ^ 2019年3月19日のオンエア―リスト
  13. ^ 2021年春の新番組・改編情報”. STVラジオ (2021年3月15日). 2021年3月15日閲覧。
  14. ^ RCCでの同時間帯は、広島東洋カープ戦のナイター開催時は『Veryカープ! RCCカープナイター』を、広島戦のデーゲームまたは非開催時は『広島歌謡曲ナイト』(自社制作・18:00 - 18:55)、中国新聞ニュース(自社制作、18:55 - 19:00)、『松村邦洋のOH-!邦自慢』(山口放送制作・19:00 - 19:30。STVラジオでは2015年3月で打ち切り)、かが屋の鶴の間(自社制作・再放送、19:30 - 20:00)、うえむらちかの鯉スル企画室ザメディアジョン制作・20:00 - 20:30)、今晩は 吉永小百合ですTBSラジオ制作・20:30 - 21:00)を、編成。
  15. ^ スポーツも!音楽も!晤郎ショーも!イイことイロイロ満載!秋の番組改編”. 2017年9月21日閲覧。
  16. ^ RCCのナイターイン編成期間中の火曜 - 金曜は、広島戦非開催時でもNRN全国放送のネット受けで他カードを放送する方針のため、交流戦やシーズン終盤の予備日の場合は、順延による復活開催での広島戦中継(ホーム・ビジター問わず)の放送や、それ以外でも他カードのNRN本番中継をネット受けする可能性を考慮してNRNラインネット番組を編成する場合がある(2019年6月26日27日9月17日など)。
  17. ^ RCCでは、11月3日は自社制作の特別番組『RCCカープナイタースペシャル・一柳宗一郎のイチオシスタジアム』を放送。また、10日と11日は中継が21:46までに終了した場合に限り飛び乗りネットする予定。
  18. ^ STVのみの放送となる3日と5日は17:55 - 21:00の放送。RCCのみの放送となる6日は18:00 - 21:00の放送であるが、同日はナイター編成とオフ編成を折衷した変則編成だったため、18:45 - 19:00に『ココロのオンガク 〜music for you〜』(文化放送制作。北海道地区ではHBCラジオで放送)を内包。
  19. ^ 7月30日は『ロングデイズ・ジャーニー@尾道 ~レトロでアバンギャルド?! 新しい尾道を知る旅~』を、31日は『夏休みこどもカープナイター』を放送。
  20. ^ 6月5日の巨人対日本ハム戦(東京ドーム)は、文化放送制作によるNRN全国ネット本番カードだが、文化放送・STVラジオとも放送しないため、事実上プロ野球球団所在地以外で唯一土曜NRNナイターを編成している山口放送KRYエキサイトナイター)への裏送りとなった(HBCラジオはニッポン放送からのネット受けで放送)。6月26日の日本ハム対ロッテ戦(静岡草薙球場)は、同日唯一のナイター開催であることから、通常土曜ナイターを放送していない静岡放送SBSビッグナイター)が特例でNRNナイターとして制作・放送し、山口放送にネットした(放送予定を組んでいるHBCラジオは静岡放送の二重制作による裏送りで対応)。また、2021年7月3・4日に沖縄セルラースタジアム那覇で行われた日本ハム対ソフトバンク戦はビジター地元局のKBCラジオのみでの放送だったが、同局およびNRNナイターキー局の文化放送への委託とせず、STVラジオが沖縄に乗り込み裏送りするという、地方開催時では異例の対応となった(HBCラジオRBCiラジオの制作により、RKBラジオを加えての3局ネットで放送)。
  21. ^ 2021年秋の改編情報”. STVラジオ (2021年9月17日). 2021年9月18日閲覧。
  22. ^ 秋の番組情報2021”. RCCラジオ (2021年9月21日). 2021年9月21日閲覧。

外部リンク編集