M (ミュージシャン)

M(エム)はイギリスミュージシャンロビン・スコットによる音楽ユニット

M
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ニュー・ウェーヴ
活動期間 1979年 - 1981年
レーベル サイアー・レコード
イギリス
ワーナー・ブラザース・レコード
アメリカ合衆国
公式サイト Robin Scott (英語)
メンバー ロビン・スコット
旧メンバー マーク・キング
ウォーリー・バダルー
フィル・グールド
マーク・オーチン
ブリジット・ノヴィック

目次

概要・来歴編集

楽曲「ポップ・ミューヂック(Pop Muzik)」のヒットで知られる。また、ヒットはしなかったが、「金は天下のまわりもの(That's the way the money goes)」は「金がすべての世の中」の風潮を皮肉った楽曲である。

1979年にデビュー。同年4月に「ポップ・ミューヂック」がイギリスでヒット、11月にはアメリカでも1位を記録。1970年代末に誕生したテクノポップの楽曲としては初めての大々的なヒット曲となった。以降、3枚のアルバムを発表したが、他にヒットはなく、一発屋として認識されている。

また、マーク・キングレベル42のメンバーが一時期Mに在籍していた。

作品編集

アルバム編集

  • ニューヨーク-ロンドン-パリ-ミュンヘン (1979年)
  • ザ・オフィシャル・シークレッツ・アクト (1980年)
  • フェイマス・ラスト・ワーズ (1982年)
  • ‘M’the history 25th (2004年)

その他編集

「ポップ・ミューヂック」について、U2のポップマート・ツアーのオープニングでリミックスが使用されたほか、2006から2007年にJTの企業CMソングとして使用されていた。また、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの楽曲「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」(「スポーツ」収録)がこの曲の盗作であるとしてロビン・スコットから訴訟を起こされたことがある。尚、同曲はレイ・パーカーJr.により「ゴーストバスターズ」という形で盗用されヒューイ・ルイスから訴訟を起こされているが、スコットはこちらの曲に対しても訴訟を起こしている。

スコットは、1982年に、坂本龍一との合作アルバム『アレンジメント』を発表している。

外部リンク編集

  • Robin Scott (英語) - ロビン・スコットの公式ウェブサイト