メインメニューを開く

MacWriteは、アップルおよびクラリスが開発、販売していたワープロソフトパーソナルコンピュータ向けとしては初のWYSIWYGが可能なワープロソフトとされている。

MacWrite
作者 ランディ・ウィギントン
開発元 アップルクラリス
初版 アメリカ合衆国の旗1984年(35年前) (1984
最新版 Pro 1.5 / 1994年(25年前) (1994
種別 ワードプロセッサ
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.apple.de
テンプレートを表示

概要編集

1984年発売のMacintosh 128K(初代Macintosh)およびMacintosh 512Kには、MacPaintと共に無料で添付されていた。初期のMacintosh市場においては市販アプリケーションが少なく、開発環境も整っていなかったため、貴重な実用ソフトとして利用された。 Macintoshの最初のアプリケーションであり、GUIの利点をアピールすべくデザインされている。インターフェースガイドラインに則って作られており、他のMacintosh向けアプリケーションもそれを用いることで、統一された操作感が提供できるようになった。また、WYSIWYGが可能であった。すなわち、複数のフォントを扱え、サイズ拡大・縮小、太字斜体などの文字飾りやレイアウトが画面上で確認でき、その画面上で見ている状態をそのまま印刷できた。最初期はApple II向けドットマトリクスプリンタImageWriterが用いられ、のちにレーザープリンタLaserWriterもラインナップに加えられた。

Macintosh Plusからは無料同梱が廃止され、別売りとなった。

1989年にはアップル子会社のクラリスに移管され、改訂されてMacWrite IIとなった。1989年の時点ではMacintosh向けワープロソフトの市場シェアの約60パーセントをMicrosoft Wordが握っていたが、1990年には約45パーセントに低下し、MacWrite IIは約30パーセントのシェアを得た。[1]しかし、バージョンアップが遅れたこともあり、その後はMicrosoft Wordに差をつけられてしまった。

1993年にはMacWrite Proとなった。市場シェアは約5パーセント程度であったが、クラリスはそれ以上の販売拡大を行えず、1994年を最後に新たなバージョンは作られなくなった。

なお統合ソフトクラリスワークスのワープロモジュールには、MacWriteの特徴が受け継がれていた。

注釈編集