メインメニューを開く

Macintosh IIは1987年に発売された、アップルコンピュータMacintosh (Mac) のパーソナルコンピュータ

Macintosh II
MacII.jpg
製造元 アップルコンピュータ
種別 デスクトップパソコン
発売日 1987年3月2日
販売終了日 1990年1月15日
OS 漢字Talk 2.0 - 7.5.5[1]
CPU @ 16 MHz
メモリ 1 MB 最大8MB (120 ns 30-pin SIMM)
サイズ プラチナホワイトプラスティック

米国でのベースモデル(RAM 1MB, FDD 1台, 5インチ40MB HDD[2])の小売価格は3,898米ドル(本体価格。当時の日本円で約60万円)だった。Macintosh IIは初のモジュラー型Macであり、またカラー表示ができる初のMacであった(以前のMacは全て白黒のCRTモニタ一体型だった)。筐体デザインは、フロッグデザインによるもの[3]

特徴編集

Macintosh IIは16MHzの68020プロセッサと68881FPUを搭載していた。68851メモリ管理ユニットもオプションで搭載できた。Macとしては初めてNuBusスロットを搭載し、6基のNuBusスロットでハードウェアをプラグアンドプレイで拡張できる。

5インチのハードディスクドライブ(標準容量は40MBまたは80MB)、または2基目のフロッピーディスクドライブを内蔵できた。同時に発売されたMacintosh SEとともに、 キーボードやマウスの接続用にApple Desktop Bus (ADB) を内蔵した初のMacだった(ADBの内蔵は Apple II GSが最初)。キーボードは別売で、ADB Appleキーボードまたは Apple拡張キーボードを選択できた。また、Macintosh IIは深刻なハードウェアエラーが起きた時にSad Macが表示される初のMacでもある。

Macintosh IIにおける最大の改良点は、ColorQuickDrawの搭載だった。ColorQuickDrawはMacintoshでカラー表示を可能にし、さまざまなディスプレイサイズやカラー深度、マルチモニターに対応する、大変革新的なものだった。

 
Macintosh IIのロジックボード

Macintosh IIの後継機種は68030を搭載したMacintosh IIxMacintosh IIfxである。SuperDriveのアップグレードサービス及びロジックボードアップグレードサービスを利用することでMacintosh IIxおよびMacintosh IIfx相当にアップグレードすることができた。

日本でも1987年に発売開始されたが、日本語OSが間に合わずに英語のSystem 4.1のまま出荷され、後日1988年に漢字Talk 2.0[4]がユーザに発送された。

脚注編集