メインメニューを開く

magic number (KICK THE CAN CREWのアルバム)

magic number(マジック・ナンバー)は、KICK THE CAN CREWの3枚目(メジャー2枚目)のアルバムである。

magic number
KICK THE CAN CREWスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ヒップホップ
時間
レーベル WARNER MUSIC JAPAN GROUP
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2003年度年間16位(オリコン)
  • 登場回数17回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(日本レコード協会
  • KICK THE CAN CREW アルバム 年表
    VITALIZER
    (2002年)
    magic number
    (2003年)
    BEST ALBUM 2001-2003
    (2003年)
    テンプレートを表示

    概要編集

    収録曲編集

    1. 登場
    2. RE-FRESH
    3. 地球ブルース〜337〜
      9thシングル。
    4. ストレス
      DJ TATSUTAプロデュースの曲。雑誌のインタビューでは当初MCUが伝えたテーマは「欲望」であったが書いているうちに「ストレス」のことになっていったと語っている。
    5. mama said 〜ハタラキッパ〜
    6. アンバランス
      8thシングル。
    7. ナニカ
      KREVAの友人である小林賢太郎の所属するラーメンズのコントよりインスピレーションを受けた曲。実際に曲の前にコント「無用途人間」の音声がサンプリングされて使われている。
    8. movingman
      「引っ越し」がテーマの曲。
    9. DJDJ [for RADIO]
      9thシングル。
    10. CAN-CAN
      DJ TATSUTAプロデュースの曲。
    11. TORIIIIIICO! feat. CASSETTE VISION
      10thシングル。
    12. E.L.E.M.E.N.T.S
      LITTLE曰く(所属事務所の)社長に向けてのプレゼント曲でもあり、広い意味では働くお父さんへの曲であるという。
    13. LONELY ONE
      雑誌のインタビューでLITTLEが「スーパーオリジナルの続編的な曲」だと語っている。
    14. sayonara sayonara (Album Edit) feat. CUEZERO
      7thシングルの別バージョン。
    15. magic number

    参加ミュージシャン編集

    DJ TATSUYA (produced on #4, #10)
    YOSHIRO KANAMORI (bass played on #6, #12, #15)
    ※ scratched on #1, #2, #7 by KREVA / #4 by DJ TATSUYA / #11 by DJ SHUHO & DJ TATSUYA