メインメニューを開く

Magical Marriage Lunatics!! 〜マジカル マリッジ ルナティクス〜

Magical Marriage Lunatics!! 〜マジカル マリッジ ルナティクス〜』は、2013年6月28日MOONSTONEより発売された日本アダルトゲームである。

Magical Marriage Lunatics!! 〜マジカル マリッジ ルナティクス〜
対応機種 日本語版 Windows XP/Vista/7(32bit),7(64bit)/8
発売元 MOONSTONE
発売日 2013年9月27日
テンプレートを表示

あらすじ編集

幸せな日々を送っていた少年・牛尾勇太の家の裏山に、家が次々と出現した。その家の主たちは、どれも幼い日にかわした"契り"を果たすために、異世界から人間界にやってきたのだった。そして、彼の幼馴染である白波瀬悠奈もまた、彼に告白しようとしていたのであった。

登場人物編集

メインキャラクター編集

牛尾 勇太(うしお ゆうた)
主人公である、心優しき少年。東雲学園2年生。幼い頃はたびたび神隠しにあっていたが、その間の行動は良く覚えていない。性的に興奮すると鼻血を盛大に吹き出す体質。
ルーチェ・ヤミ・アスタリテ
声 - 萌花ちょこ
吸血鬼の姫君。長い赤毛と、コウモリの羽を模した髪飾りが特徴。高飛車な面も目立つが、勇太に対しては一途な面も見せる。勇太との契りを果たすためにいち早く人間界に乗り込んだものの、ライバルたちの存在にいらだっている。料理はあまり上手でないらしく、「愛情は最良のソース」などと主人公いわく「料理が上達しない人の考え方」の持ち主でもある。
個別ルートは勇太の人物像ならびに物語の根幹にかかわる内容になっている[1]
ユリア・リン=ロード
声 - 芹園みや
夢魔の姫君。恥ずかしがり屋なうえに異性に対して恐怖を抱いており、自身の美貌も露出度の高い衣装のせいだとしている。
個別ルートでは淫魔としての本性に目覚めるが、精気を吸い取りすぎると勇太の命にかかわるため、愛情と本能の間で板挟みになる[1]
天樹 カリン(あまぎ かりん)
声 - 陽月ひおり
天狐の姫君で、お転婆な性格の持ち主。ルーチェとは幼いころから張り合っているが、仲が悪いわけではない。かなりの食いしん坊で、朝食で三杯飯を食べることもある。好物は稲荷寿司。嫌いなものはトマト。
個別ルートでは勇太との恋愛生活のさなかに妨害が入るというトラブルに見舞われる[1]
美都之玉 依姫(みつのたま よりひめ)
声 - 御苑生メイ
女神の姫君。心優しいが、怒らせると大変なことになる人物。神としての力は強力だが、人々の信仰が薄れていることについて頭を抱えている。
恋の存在を知り、恋愛小説を読みだして以来、官能小説などを読破した[1]
ルルーナ
声 - 真宮ゆず
魔女の姫君。感情表現が乏しいが、勇太の顔を見て頬を染めた。なお、真名を別に持っているが、契りをかわした相手にしか知る由がない。狭い所が好き。魔法の材料になる「マテリアル」を日々収集している。
白波瀬 悠奈(しらはせ ゆうな)
声 - 神村ひな
勇太の幼馴染で、家も隣同士。家が甘露亭という喫茶店を経営しており、看板娘を務めている。
個別ルートは勇太がなぜ異世界へ迷い込んだのかという理由が明かされる内容になっている[1]

サブキャラクター編集

渋谷 めぐみ(しぶや めぐみ)
声 - 中家志穂
悠奈の友人。
ドーラ
声 - 柚木サチ
ルーチェの使い魔である白いコウモリのような存在。学校や商店街ではコウモリのぬいぐるみや九官鳥で通っており、商店街のマスコットを自称している。かなり器用で、買い物や料理、さらにはネイルケアまでこなす。
白波瀬 徹(しらはせ とおる)
声 - 小次狼
悠奈の実父で、甘露亭の経営者。
大石先生(おおいしせんせい)
声 - 来栖川勇
勇太たちのクラスの担任である理科教師。よれよれの白衣と大きな眼鏡が特徴。いつも顔色が悪い。あまり覇気がなく、男女共に生徒からは人気薄。しかし、眼鏡を取るとイケメンとも言われている。
アドリアーネ
声 - 桜川未央
ユリの母。ユリとは正反対の開けっぴろげな夢魔らしい性格。人間界に人間の夫がいる。

テーマ曲編集

スタッフ編集

評価編集

ライターのほしざきしんやはGame-Style内のコラムで、「ストーリーが勢いに乗って進むたびに伏線が回収されていき、ありきたりなシナリオに見えてピリッと効いたものになった一方[2]、伏線が各ルートに散らばっているためシナリオを読み込まないと面白さがプレイヤーに伝わりにくい[1]。 また個別ルートでは各ヒロインの種族問題についても触れられており、甘い恋愛とシリアスさのバランスが取れていた」と評した[2]。また、ほしざきは各ヒロインの種族が特異なものでありながらそれぞれ個性が確立されており、アダルトゲームとしては珍しく奇抜なキャラクターがいないにもかかわらず会話を愉しめたと評し、「一般人である悠奈は、地味なキャラクターながらも言動が印象的だった」とした[2]。 ほしざきは「設定をあえて全部公開するのではなく、プレイとともにキャラクターや世界観を楽しんでほしい、と作り手の意志を感じた」とまとめた[2]

脚注編集

外部リンク編集

18歳未満閲覧禁止のサイトを含みます