Makuake(マクアケ)は、株式会社マクアケが運営するクラウドファンディングサービス。2013年8月7日に株式会社サイバーエージェント内の新規事業としてスタートした。創業者・代表取締役社長は中山亮太郎

Makuakeが入るオフィスビル(2022年撮影)

概要編集

Makuake(マクアケ)は、2013年8月のサービス開始後、1億円以上の調達で国内記録を樹立したバイクのプロジェクトや、ガジェット、ファッション、飲食店、日本酒、映画など多種多様なジャンルがある[1]。同サービス上では「応援の気持ちを込めて購入する」ことを“応援購入”と表現している。

2019年12月以降、Makuakeは「クラウドファンディング」ではなく「アタラシイものや体験の応援購入サービス」を標榜しており、自社からの発信に「クラウドファンディング」という単語を用いていない[2]

中国でのビジネス展開を希望するMakuakeのプロジェクト実行者に対して造点新貨を紹介する。プロジェクト実行者は造点新貨を利用した製品やサービスのテストマーケティングが可能になるテストマーケティング クラウド出資者より先に販売される商品もあるし全く同じような製品がネット販売で売られていたりする。

沿革編集

  • 2013年(平成25年)5月1日 - 株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング設立
  • 2015年(平成27年)1月 - 関西支社設立
  • 2017年(平成29年)10月1日 - 株式会社マクアケに社名変更
  • 2019年(令和元年)12月11日 - 東証マザーズに上場

主なプロジェクト実績編集

  • 映画『この世界の片隅に』(支援額・39,121,920円)
  • 折り畳み式電動ハイブリッドバイク『glafitバイク』(支援額・128,004,810円)
  • ワイヤレス・エアー・ヘッドホン『ヴィー・シェア』
  • シャープ石井酒造の共同プロジェクト『雪どけ酒 冬単衣(ふゆひとえ)』
  • スチームパイロッツ
  • 「POD型ベイプ製品」CBDブランド『CHILLAXY』(支援目標332%を達成)[3]
  • 片側支持チェーンレス電動アシスト自転車『HONBIKE』(支援額:622,769,100円、総支援額・1日の支援額・1時間の支援額、共にMakuake歴代1位)
  • アニメ『あはれ!名作くん』(支援額・19,938,500円)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ たった2カ月で1億円集めた案件も クラウドファンディングのMakuakeが出来て4年で起こったこと” (日本語). ハフポスト (2017年8月9日). 2019年10月9日閲覧。
  2. ^ 小林香織 (2022年3月19日). “クラファンで3億6000万円を集めた製品は、なぜ謝罪に追い込まれたのか”. ITmediaビジネス. p. 5. 2022年3月22日閲覧。
  3. ^ 日常に癒やしを。その日のフィーリングで選ぶ6種類の麻フレーバーCBDベイプ”. Makuake. 2020年10月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集