メインメニューを開く

Maxとき315号」(マックスときさんびゃくじゅうごごう)は、日本の女性アイドルグループ・NGT48の楽曲。作詞は秋元康、作編曲は松本一也が担当した。センターポジションは高倉萌香が務めた[1]

Maxとき315号
NGT48楽曲
リリース 2016年3月9日
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間 4分45秒
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞者 秋元康
作曲者 松本一也
プロデュース 秋元康

背景とリリース編集

NGT48初のオリジナル楽曲で[2]2016年3月9日発売のAKB48 43rdシングル「君はメロディー」Type Dのカップリング曲として収録された[3]

タイトルの『Maxとき315号』は、上越新幹線東京新潟行き下り列車で、2012年9月30日から2019年3月15日まで実在した便名[4][5]。歌唱メンバーは、兼任の柏木由紀を除く発売当時に在籍していた25名となっている。

AKB48グループの楽曲の投票イベント『AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2017』では第1位を獲得した[6]

音楽性と批評編集

ピアノとアコースティックギターで演奏されるイントロから、新潟を舞台にした小説『雪国』の冒頭を想起させるような歌詞のAメロでの歌い出しとなっている[5]。楽曲は爽やかなアイドルソングである[7]

ドワンゴジェイピーnews編集部の高橋学は、同じ2016年にリリースされた「サイレントマジョリティー」(欅坂46)が刺激的な楽曲なのに対し、本曲はどこまでも優しい楽曲になっているといい、新潟の風景が浮かんでくるような歌詞であるが、それぞれの故郷を思い起こさせてくれる楽曲であるという[2]。また、アイドルファンからは「2016年度のNo.1」とSNSで共有されることも多かったともいう[2]

メディアでの使用編集

NGT48メンバーが出演する東日本旅客鉄道(JR東日本)新潟支社の旅ブランド『TYO』「ときめき、TYO」篇のCMソングに使用された[8]。また、一正蒲鉾の減塩商品シリーズのCMソングにも使用されていた[9]

ミュージック・ビデオ編集

ミュージック・ビデオ (MV) は新潟県各地で雪が降り積もるなか撮影され、萬代橋[7]万代シテイ周辺、NGT48劇場新発田城址公園[10]帝京長岡高等学校などが確認できる[11]。MV監督は中村太洸が務めた[12]

歌唱メンバー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “柏木由紀らNGTも登場 初オリジナル曲に大歓声”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年3月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1622678.html 2018年5月29日閲覧。 
  2. ^ a b c 高橋学 (2017年1月23日). “NGT48奇跡の名曲、「Maxとき315号」の魅力とは?”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). https://news.dwango.jp/idol/20115-1701 2018年5月29日閲覧。 
  3. ^ “AKB新曲アートワークも“ポップな大奥” 蜷川実花ワールド満開”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2066702/full/ 2018年5月29日閲覧。 
  4. ^ 東京駅を10時16分に発車し、終点新潟には12時24分に到着する。
  5. ^ a b 渡辺彰浩 (2016年8月15日). “『TIF』同日出演のNGT48、Negicco、RYUTist 新潟拠点アイドルに共通していること”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2016/08/post-8758.html 2018年5月29日閲覧。 
  6. ^ “NGT48旋風!「Maxとき315号」969曲の1位に輝く【リクアワ25→1位】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2084859/full/ 2018年5月29日閲覧。 
  7. ^ a b いしぴぃ (2016年4月1日). “SKE48新曲「チキンLINE」フルサイズ 震災から5年 復興支援コンサートルポ AKB48新公演「M.T.に捧ぐ」全曲紹介 NGT48初MV「Maxとき315号」に密着”. AKB48SHOWブログ:NHK. 日本放送協会. 2018年5月29日閲覧。
  8. ^ “NGT48が春の上越新幹線CMに!東京へ旅立つ「ときめき感」瑞々しく演じる”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年3月4日). https://news.dwango.jp/idol/14866-1603 2018年5月30日閲覧。 
  9. ^ TV CM ギャラリー”. 一正蒲鉾. 2018年5月30日閲覧。
  10. ^ 過去ロケ実績”. 新発田市フィルムコミッション. 新発田市フィルムコミッション協議会. 2018年5月29日閲覧。
  11. ^ AKB48『君はメロディー』Type D、キングレコード、2016年3月9日。KIZM-90419/20。ASIN B019EWU2QQ
  12. ^ “NGT48が思い出の地でメジャーデビュー記念イベント開催 過去最大1万人来場”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2017年3月19日). https://tokyopopline.com/archives/80498 2018年5月29日閲覧。 

外部リンク編集