メインメニューを開く

May'n THE MOVIE -Phonic Nation-』(メイン・ザ・ムービー -フォニック・ネイション-)は、2011年公開の日本映画日本歌手May'nの音楽活動を収録した3D映画である。須永秀明監督作品。

May'n THE MOVIE -Phonic Nation-
監督 須永秀明
出演者 May'n
配給 日活
公開 日本の旗 2011年2月5日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

作品の中心は、2010年9月の「May'n SUMMER TOUR 2010 "PHONIC◆NATION"」Zepp Tokyo最終公演の模様を収録した3Dライブ映像である。ブレイクのきっかけとなった「シェリル・ノーム starring May'n」名義の曲に、個人名義のシングル曲を交えて進行する。

3D映像の撮影は『U2 3D』(2009年)でも使用された「3ality Digital」方式で行っている[1]。日本人アーティストの3Dライブ映画は、湘南乃風の『湘南乃風 3D LIVE 軍団伝説2010』、浜崎あゆみの『A3D ayumi hamasaki ARENA TOUR 2009 A 〜NEXT LEVEL〜』に続く3作品目となる[1]

曲間には本人や関係者へのインタビュー、リハーサル風景、ステージ裏の表情などが挿入され、May'nの人物像を捉えるドキュメンタリー的な構成にもなっている。思い出の海外公演の地シンガポールマレーシアを再訪し、「歌に国境はない」という想いからツアータイトル曲「Phonic Nation」を作詞・作曲する過程を追っている。

なお、須永監督はミュージックビデオを多数手がけているが、May'nが15歳の時、「中林芽依」名義で発表したデビューシングル「Crazy Crazy Crazy」(2005年)のプロモーションビデオを撮影したという縁がある[2]

劇中歌唱曲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “本人コメントも! May'nの3D LIVEドキュメンタリー映画が公開!”. リッスンジャパン. (2010年12月15日). http://listen.jp/store/musicnews_31579_all.htm 2011年2月21日閲覧。 
  2. ^ May'n (2011年2月3日). “せつ部ん”. May'nオフィシャルブログ「きょうのMay'nディッシュ」. 2011年2月21日閲覧。

外部リンク編集