メインメニューを開く
マツダ・ファミリア > Mazda 323 4WD

Mazda 323 4WDは、マツダ1985年から1992年まで世界ラリー選手権で使用していた競技専用車である。

Mazda 323 GTX 4WD
Mazda 323 GTX rally car (Europe)
Rally Piaseczno 2012, OS Gąski, nr 04 01.jpg
乗車定員 2名
ボディタイプ 3ドア ハッチバック
エンジン 1.8L 直列4気筒ターボ
駆動方式 4WD
最高出力 275PS
最大トルク 32.6kg·m
変速機 6速
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:マクファーソンストラット
全長 4,035mm
全幅 1,675mm
ホイールベース 2,450mm
車両重量 1,150kg
-自動車のスペック表-

目次

概要編集

1981年、ベルギーにマツダ・ラリー・チーム・ヨーロッパ(Mazda Rally Team-Europe,MRE-T)が設立された。チーム代表はWRCドライバーのアキム・バルンボルト(Achim Warmbold)。

1982年、BD型マツダ・ファミリア(323)で参戦を開始し、1985年から4WDターボのBF型323GTX(1.6L)を投入。1990年より1.8Lに拡大。

1987・89年スウェディッシュ・ラリー、1989年ニュージーランド・ラリーで総合優勝、WRC通算3勝。マツダのワークスチームは1992年をもってWRCから撤退(ランチアと日産ワークスチームも同年に撤退している)。

沿革編集

1982年、モンテカルロ・ラリーよりマツダ323で参戦。グループAクラス5(1.3リットル以下)のカテゴリーに出場、NA80馬力のエンジンながらクラス1-2位、グループAの3位・5位、総合54位・61位でフィニッシュ。

1983年は1.5リットル/140馬力にパワーアップ。1983年中盤にターボを追加、190馬力まで出力を増強。1985年、4WDターボの新BF型323が登場。WRCには86年の最終2戦から参戦。B6エンジンは260馬力を発生。

WRCのトップカテゴリーがグループBからグループAに変わった1987年からがマツダ323 4WDの本格参戦となる。第2戦のスウェディッシュで総合優勝。ドライバーはティモ・サロネン/セポ・ハルヤンネ組。WRCヨーロッパラウンドにおいて、1976年アクロポリス以来の日本車の勝利であった。87年はメイクスで6位を獲得。88年は4位。 89年にも2勝を挙げたが、ライバルが2Lターボであるのに対し、マツダ323は1.6Lターボとハンデが大きく、排気量の拡大は急務となっていた。89年はメイクスで3位。90年1000湖で275馬力を発生する1.8Lエンジンを搭載した新型323がデビュー。当時驚異の新人とみなされていたトミ・マキネンが6位に入賞。90年はメイクスで5位。

1991年のマシンはハンドリングの向上が見られたがライバルに比べパワーが不足し思うような結果を得られなかった。91年はメイクス5位。92年はモンテカルロとスウェディッシュのみにエントリーし以降のイベントは参戦せず、ファミリアGTRをベースにした新型マシンの熟成に充てる予定であったが、バブル崩壊による会社の資金難のためWRCから撤退。

Mazda323 4WDのドライバーはティモ・サロネン、インバー・カールソン。88年からハンヌ・ミッコラが加入。またグレゴアール・ド・メビウス、ヘサス・ピュラス、トミ・マキネンらも323をドライブした。

メカニズム編集

MRT-Eで開発されたマツダ323は88年から元フォードのRS200開発者・アンディ・ソーバーン、元ルノー・プジョーでのちに三菱のチーフ・エンジニアを務めるベルナール・リンダウワーらによって熟成されていった。 ライバルより200cc少ない排気量は当時ベストハンドリングといわれた良好な操縦性でカバーし、パワー差の出にくいラリーで好成績を収めた。

87年型323の1.6L・B6型エンジンはノーマルの140馬力から260馬力へと引き上げられ、87年アルゼンチンから6速トランスミッションを投入。4WDシステムはXトラック製で発進/加速時には50:50のトルク配分を行い、コーナリング時には30:70に変化してコントロール性を向上させた。マツダ323は”燕のようなコーナリング”と評され、スウェディッシュでは‘‘雪の女王”と呼ばれた。

90年1000湖から投入された新型BP型エンジンは、1.8Lに拡大され275馬力を発生したが、ライバルは290~300馬力と差をつけられ、成績アップにつながらなかった。ターボ径の拡大とインタークーラーの容量アップでパワーアップを図った新型の323GTRは、マツダワークスのWRC撤退のため日の目を見ることがなかった。

関連項目編集