Microsoft Bing

マイクロソフトの検索エンジン

Microsoft Bing(マイクロソフト・ビング)は、Microsoftが提供するポータルサイトである。「意思決定支援する検索エンジン」というコンセプトを掲げ[1]、他の検索エンジンとの差別化を図っている[1]

Microsoft Bing
Microsoft Bing logo.svg
Bing Screenshot.png
URL www.bing.com
言語 多言語 (40)
タイプ ポータルサイト
運営者 Microsoft
設立者 Microsoft
営利性
登録 任意 (Microsoft アカウント)
開始 2009年6月1日
現在の状態 運営中

旧名称は BingMSN サーチWindows Live サーチLive サーチがあり、Windows Live サーチはWindows Liveサービスの一つでもあった。初期のコードネームはKumo(クモ)[2]

Bingの検索エンジンは、Googleとは異なる独自の検索技術を採用しているため、GoogleYahoo! JAPANとは異なる検索結果を示す。プライバシー保護を謳う検索エンジンDuckDuckGoのソースとしても使用されている。[3]

地方自治体の偽サイトが検索上位に表示される[4]など、検索結果の質については問題を指摘されている。

沿革編集

MSN サーチ編集

  • 1998年
    • MSN サーチとしてInktomiの検索エンジンを利用して立ち上げる。
  • 1999年
    • 短期間AltaVistaの検索エンジンが用いられた後、LooksmartとInktomiエンジンを採用する。
  • 2004年
    • Microsoft 製検索エンジンを搭載したベータ版がリリースされる。
  • 2005年

Windows Live サーチ、Live サーチ編集

  • 2006年
    • 新検索エンジンと置き換え、Windows Live サーチとしてスタート。ウェブだけでなくニュース、画像、音楽、デスクトップ検索が一体化された。
  • 2007年
    • 検索サービスをWindows Live サービスから分離し、ブランド名をLive サーチとする[5]
  • 2008年
    • Live Search Books、Live Search Academicサービスの停止。

Bing編集

  • 2009年
    • 5月 - 新しい検索サービスのブランドとしてBingを発表[1]。翌6月にサービス開始。日本語版ではベータ版としてサービスを開始する。
    • 7月 - 米Yahoo!と提携。Yahoo!がウェブ検索にBingの検索エンジンを搭載することを発表[6]。12月に最終合意。
  • 2010年
    • 7月 - Bing日本語版の正式サービスが開始[7]
  • 2020年
    • 10月 - Microsoft Bingへリブランドされる[8][9]

提供されているサービス編集

ウェブ編集

ウェブページ検索を行える。時間指定、言語の絞り込みができる。検索結果には、画像検索、動画検索、ニュース検索からの結果も一部表示される。検索によってポイントが貯まるBing Rewardsというサービスも行われている。

画像編集

 ウェブページの画像に特化した検索を行える。検索結果は画像で表示される。マウスオーバーで画像サイズ、ファイルサイズ、画像形式などの情報が表示される。検索結果のフィルタリングを行え、サイズ、色、レイアウト(縦長や横長など)、人物、日付の項目が用意されている。

動画編集

動画共有サービスに投稿されている動画に特化した検索を行える。検索結果はサムネイルで表示される。動画共有サービスの一部の結果については、マウスオーバーでハイライトの視聴を行える。検索結果のフィルタリングを行え、長さ、日付、解像度、元データ(検索対象の動画共有サービスの絞り込み)が用意されている。

地図編集

住所、地名や駅名などからの地図検索を行える。図面は「地図」(道路地図)、「概観図」(航空写真)、「交通」(渋滞状況)、「自動」(小縮尺では概観図、大縮尺では地図)が選択でき、概観図では名称表示の有無、傾斜表示の有無を選択できる。傾斜表示を有効にしている場合は、縮尺が大きくなると自動的に傾斜して表示される。ここでは経路検索も行うことができ、検索結果では地図上に経路を示す線を表示する。

ニュース編集

ニュースサイトの記事に特化した検索を行える。検索結果は適合度順、日付順で並べ替えられる。多言語には対応していない。

ショッピング編集

ショッピングサイトの商品に特化した検索を行える。検索結果の絞込、価格比較ができる。

商品検索のほかにレビューや口コミを検索できる。こちらはウェブ検索に似ているが質問サイトブログなどに特化している。

翻訳編集

終了したサービス編集

Bing以前のものを含む。

学術論文編集

学術論文検索は、Live Search Academicという名称で別にサービスを展開していた。

エンカルタ編集

MSN エンカルタ百科事典からの検索結果の表示を行っていた。

Windows 10とBing編集

Windows 10で提供される検索ボックスと、Cortanaから利用できる検索エンジンはBingに制限されている[10]。また、Windows 10のヘルプはBingの検索結果経由で提供される。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “マイクロソフト、ユーザーの意思決定を支援する次世代検索サービス「Bing(TM)」を発表” (プレスリリース), マイクロソフト, (2009年5月29日), オリジナルの2009年6月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090605175436/http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3698 2019年5月13日閲覧。 
  2. ^ 発展途上の検索エンジン『Bing』が目指すWeb検索の一歩先 2009/06/09 11:56 著者:Junya Suzuki
  3. ^ Sources DuckDuckGo Help Pages”. 2022年9月11日閲覧。
  4. ^ 地方自治体の偽サイト相次ぎ出現 Bingなどで検索上位に 不審なURLに注意”. 2022年9月11日閲覧。
  5. ^ “MSが日本独自の検索サイトを構築へ”. MSN産経ニュース. (2007年10月17日). オリジナルの2007年10月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071019044009/http://sankei.jp.msn.com/economy/business/071017/biz0710172033007-n1.htm 2022年9月23日閲覧。 
  6. ^ “Microsoft, Yahoo! Change Search Landscape: Global Deal Creates Better Choice for Consumers and Advertisers” (プレスリリース), Microsoft, (2009年7月29日), オリジナルの2009年7月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090730003232/http://www.microsoft.com//Presspass//press//2009//jul09//07-29release.mspx 2019年5月13日閲覧。 
  7. ^ “Bing(TM) 日本版の正式サービスを7月13日(火)より開始” (プレスリリース), マイクロソフト, (2010年7月12日), オリジナルの2010年7月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100716130938/http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3872 2019年5月13日閲覧。 
  8. ^ Microsoft Bing: the search engine that gives back” (英語). Microsoft (2020年10月5日). 2020年10月10日閲覧。
  9. ^ Bing has a brand new name and logo — meet 'Microsoft Bing'” (英語). Windows Central (2020年10月5日). 2020年10月10日閲覧。
  10. ^ Ryan Gavin (2016年4月28日). “Delivering Personalized Search Experiences in Windows 10 through Cortana”. Windows Experience Blog. 2016年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集