Microsoft Internet Security and Acceleration Server

Windows > Windowsのセキュリティ機能 > Microsoft Internet Security and Acceleration Server

Microsoft Internet Security and Acceleration Server (ISA Server) は、マイクロソフトファイアウォールソフトウェアである。以前は Microsoft Proxy Server という名称だった。

Microsoft Internet Security and Acceleration Server
開発元 マイクロソフト
初版 1997年1月1日 (1997-01-01)
最新版
2006 / 2006年10月17日 (16年前) (2006-10-17)
対応OS Windows Server
前身 Microsoft Proxy Server
後継 Microsoft Forefront TMG
サポート状況 保守終了
種別 ファイアウォール
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト http://www.microsoft.com/isaserver (archived)
テンプレートを表示

ISA Serverは、Intelligent Application Gatewayとあわせて、エッジセキュリティという位置付けになっている。エッジセキュリティとは、ネットワーク境界のセキュリティをあらわし、複数のネットワーク接続点でセキュリティゲートウェイの機能を提供する。

ISA Serverは、企業のIT環境をインターネットの脅威から保護し、インターネットを介したリモートアクセスユーザーに対して、企業内のアプリケーションやデータへの容易で安全なアクセスを可能にする。

ISA Serverの後継バージョンは Microsoft Forefront Threat Management Gatewayという名前になった。

歴史編集

Microsoft Proxy Server編集

Microsoft ISA Serverは、 Microsoft Proxy Serverと呼ばれていた。コードネーム「Catapult」で開発された[1] Microsoft Proxy Server v1.0は、1997年1月に初版がリリースされ[2]Windows NT 4.0で動作するように設計された。 Microsoft Proxy Server v1.0は、TCP/IPを通じてLAN環境のクライアントにインターネットアクセスを提供する製品だった。 WinSock変換/トンネリングクライアントを介して、IPX/SPXネットワーク(主にレガシーNovell NetWare環境で使用)のサポートも提供された。これにより、ウェブブラウザなどのTCP/IPアプリケーションがネットワーク上にTCP/IPなしで透過的に動作できる。 Windows NT 4とは十分に統合されていたが[3]、 Microsoft Proxy Server v1.0には基本的な機能しかなく、1つのエディションしかなかった。 Microsoft Proxy Server v1.0の延長サポートは2002年3月31日に終了した。

Microsoft Proxy Server v2.0は1997年12月にリリースされ[4] 、NTアカウント統合の改善、パケットフィルタリングのサポートの改善、および幅広いネットワークプロトコルのサポートが含まれていた。 Microsoft Proxy Server v2.0は、2004年12月31日に延長サポートフェーズを終了した。

ISA Server 2000編集

2001年3月18日、MicrosoftはMicrosoft Internet Security and Acceleration Server 2000ISA Server 2000)をリリースした[5] 。 ISA Server 2000では、Standard EditionとEnterprise Editionが導入され、Standard Editionに高可用性クラスタリングなどのエンタープライズグレードの機能が含まれていなかった。 ISA Server 2000にはWindows 2000 (どのエディションでも可)が必要であり、Windows Server 2003でも実行できる。 ISA Server 2000は、マイクロソフトのサポートライフサイクルポリシーに基づき5年間のメインストリームサポートと5年間の延長サポートの合計10年間のサポートライフサイクルを提供した最初のISA Server製品だった。 ISA Server 2000は、2011年4月12日にサポート終了になった。

ISA Server 2004編集

Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2004(ISA Server 2004)は、2004年9月8日にリリースされた[6] 。 ISA Server 2004はマルチネットワークサポートを導入した[要説明]。統合された仮想プライベートネットワーク構成、拡張可能なユーザーおよび認証モデル、アプリケーション層ファイアウォールのサポート、 Active Directory統合、 SecureNAT[要説明] 、およびレポートと管理機能の改善が行われた。ルールベースの構成も、ISA Server 2000バージョンよりも大幅に簡素化された。

ISA Server 2004 Enterprise Editionには、アレイサポート、統合ネットワーク負荷分散(NLB)、およびキャッシュアレイルーティングプロトコル(CARP)が含まれていた。 Secure Server Publishingと呼ばれるISA Server 2004の中核機能の1つは、内部サーバをインターネットに安全に公開する機能であった。たとえば、一部の組織では、ISA Server 2004を使用して、Outlook Web Access (OWA)、 Outlook Mobile Access (OMA)、 Exchange ActiveSyncなどのMicrosoft Exchange Serverサービスを公開していた。フォームベース認証FBA )認証タイプを使用すると、ISA Serverを使用してWebクライアントを事前認証できるため、認証されていないクライアントから公開されたサーバへのトラフィックは許可されない。

ISA Server 2004には、StandardとEnterpriseの2つのエディションが存在した。 Enterprise Editionには、個々のISAサーバではなくアレイレベルでポリシーを構成し、複数のISA Server間で負荷分散を行うことができる機能が含まれていた。 ISA Serverの各エディションは、プロセッサごとにライセンスが付与される。Windows Small Business Server 2000/2003 Premiumに含まれているバージョンには、2プロセッサのライセンスが含まれていた。

ISA Server 2004は、 Windows Server 2003 StandardまたはEnterprise Editionで実行できる。 Windows Server 2003 Appliance EditionおよびISA Server Standard Editionを含むアプライアンスハードウェアは、さまざまなマイクロソフトパートナーから入手できる[7]

ISA Server 2006編集

Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2006(ISA Server 2006)は、2006年10月17日にリリースされた[8]。 これはISA Server 2004の更新バージョンであり、メッセージスクリーナーを除くISA Server 2004のすべての機能を保持している。

ISA Server 2006では、次のような新機能が導入された。

  • Exchange Server 2007のサポート[9]
  • 「サイト間VPN接続」の設定、SharePointサービスの公開、Webサイトの公開、ファイアウォールルールの作成など、さまざまなタスク用の新しい構成ウィザード 。
  • 公開されたウェブサイトのグループへのシングルサインオンの導入。
  • LDAP認証サポートの追加を含むユーザー認証の改善
  • ISAサーバーが「フラッド攻撃中に利用できない、危険にさらされている、または管理できない」ことから保護するためのフラッド攻撃への耐性。
  • BITSキャッシング、Webパブリッシング負荷分散、 HTTP圧縮などのパフォーマンス機能。

ISA Server Appliance Edition

Microsoftは、ISA Server 2006 Appliance Editionも提供しました。これは、ハードウェアメーカーからスタンドアロンのファイアウォールタイプのデバイスとして販売されているOEMハードウェア(サーバアプライアンス)にプリインストールされるように設計されている。 [10] Appliance Editionに加えて、ISA Server 2006 Standard EditionおよびEnterprise Editionは、事前構成されたハードウェアで利用できた[9]

関連項目編集

脚注編集

 

  1. ^ Microsoft Ships Proxy Server 1.0”. News Center. Microsoft (1996年10月29日). 2012年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月10日閲覧。
  2. ^ Microsoft Support Lifecycle”. 2007年6月5日閲覧。
  3. ^ Microsoft ISA Server”. 2007年6月5日閲覧。
  4. ^ Microsoft Support Lifecycle: Proxy Server 2.0 Standard Edition”. 2007年6月5日閲覧。
  5. ^ Microsoft Support Lifecycle ISA 2000”. 2009年3月9日閲覧。
  6. ^ Microsoft Support Lifecycle ISA 2004”. 2009年3月9日閲覧。
  7. ^ Deploy ISA Server and IAG in Minutes with Hardware Solutions”. 2007年6月5日閲覧。
  8. ^ Microsoft Support Lifecycle ISA 2006”. 2009年3月9日閲覧。
  9. ^ a b Microsoft ISA Server 2006 Evaluation Guide   (Microsoft Word.doc)”. Microsoft (2006年7月). 2006年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月31日閲覧。
  10. ^ Internet Security and Acceleration Server: hardware partners”. Microsoft. 2009年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月21日閲覧。

外部リンク編集