メインメニューを開く

Microsoft Visual SourceSafe (VSS) は、マイクロソフトが開発し販売していたバージョン管理システムである。

Microsoft Visual SourceSafe
開発元 マイクロソフト
初版 1994年 (1994)
最新版 2005年10月 (2005-10)
対応OS Microsoft Windows
プラットフォーム x86, x64
種別 バージョン管理ソフトウェア
ライセンス Microsoft EULA
公式サイト Visual SourceSafe 2005
テンプレートを表示

目次

概要編集

Microsoft Visual Studioによるアプリケーション開発において使用することに主眼をおいており、単体のVisual SourceSafeクライアントのほか、Microsoft Source Code Control Interface (MSSCCI) を実装している Standard Edition 以上の Visual Studio から直接アクセスすることが可能である。

バージョン6.0までは中央管理サーバが存在せず、各クライアントがファイルサーバ上のリポジトリファイルをWindowsファイル共有により参照・更新するという方式をとっていたが、リポジトリサイズは2GBまでに制限され、またUnicodeにも対応していなかったため、Unicode (UTF-8) で記載されたソースコードはバイナリファイルとして保存するしかなく、Unicodeの使用が基本とされたVisual Studio 2002以降では更新差分の確認ができないなどの問題があった。また、共有ファイル方式のためかファイルが破損し、ファイルが読み出せなくなることがあり、Visual Source Shredder(ソースシュレッダー)と揶揄されることもあった。

最新バージョンの2005では、Unicodeの対応やHTTPを経由したWebアクセス機能が提供されており、複数拠点での開発にも対応できるようになった。同種のソフトウェアであるSubversionも、HTTPプロトコルの拡張であるWebDAVを通じてアクセスされることが多いが、Visual SourceSafeとSubversionの間に互換性はない。

後続製品編集

Visual SourceSafe は 2011年12月末をもって単体ライセンスの提供が終了[1]し、マイクロソフトによるメインストリーム サポートについても2012年10月に終了した[2]。後続製品は Team Foundation Server(TFS)であり、従来からのソース管理機能に加え、バグ管理、レポーティング、自動ビルドといった新たな機能が付加されている。

なお、TFSではバージョン管理とバグ管理が関連付けられるため、バグが確認されたバージョン、修正されたバージョンを明確にできる。また、Microsoft Projectとの連携により、開発タスクとそれに対応する成果物(ソースコード)の対応も明確になる。さらにはMicrosoft ProjectとWindows SharePoint Servicesとの連携により、プロジェクト管理者がタスクを要員にアサインすると、要員に対して自動的にメールを送信し、Microsoft Outlookの「仕事」ペインに追加したり、完了報告をOutlook上で行わせ、TFSおよびProjectのタスク管理にフィードバックさせることも可能となっている。

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ MSDN Blogs (2011年12月22日). “Visual SourceSafe 単体ライセンス提供終了のお知らせ”. 2013年1月12日閲覧。
  2. ^ Microsoft. “Product Lifecycle Search(sourcesafe)”. 2013年1月12日閲覧。