メインメニューを開く

Microsoft Windows 10 IoT

マイクロソフトが開発した組み込みオペレーティングシステム

Windows 10 IoT(ウィンドウズ テン アイオーティー)は、マイクロソフトが開発およびリリースしている、Windowsシリーズに属するエンベデッドシステム用の組み込みオペレーティングシステム (OS) である。IoTはInternet of Things、モノのインターネットの意。

Windows 10 IoT Core
Microsoft Windows ファミリー
Windows 10 Logo.svg
開発者
マイクロソフト
ウェブサイト www.microsoft.com/ja-jp/WindowsForBusiness/windows-iot
リリース情報
リリース日 2015年7月29日(米国時間) [info]
最新安定版 バージョン 1709 - 2017年10月 [info]
ソースモデル クローズドソース
ライセンス マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
カーネル ハイブリッドカーネル
プラットフォーム IA-32, x64, ARM
先行品 Windows Embedded
サポート状態
メインストリーム フェーズ, 開発中
(メインストリーム サポート / 延長サポート終了日不詳)

目次

概要編集

従来、組み込み向けWindowsはWindows Embeddedのブランドで提供されてきたが、2015年のデスクトップ向けWindows 10のリリースに合わせて、Windows 10 カーネルで動作する組み込み向けOS製品は Windows 10 IoT と呼ばれることになった。 Windows 10、Windows 10 MobileおよびWindows 10 IoTでは、(プラットフォーム独自の機能を除いて) ユニバーサルWindowsプラットフォーム (UWP) として記述された同一のアプリを動かすことができる。一方、組み込みデバイスの世界においてもクラウドの重要性は増しており、マイクロソフトでは Windows 10 IoT に呼応する概念として、Azure IoTというクラウド側のソリューションも提案している。

コードネームは「Threshold(スレッショルド)」(ビルド 10586まで)および「Redstone(レッドストーン)」(ビルド 11099から)。

エディション編集

IoT Enterprise
Windows 10 Enterpriseがベース[1]。ロックダウンなどのいくつかの機能が追加されており、安定稼働が重視されるATMやPOSシステムなどの産業用機器に対応。イメージ生成にはデスクトップ向けと同じAIKを利用する。初期リリースでは SKU は Long-Term Servicing Branch (LTSB)しか提供されていなかったが二回目のリリースで Current Branch for Business (CBB)が追加された[2]
IoT Core
小型IoTデバイスに対応[1]。従来のWindows CE系、Windows Embedded Compact 2013の後継にあたる。Windows 10 カーネルを利用しつつ機能を最小限とし、Raspberry Pi 2 や Intel Atom E38xx クラスのハードウェアで動作可能にしたもの。ディスプレイがないデバイスもサポートする。
バージョン1511まではシングルボードコンピュータ向けのビルドは非商用目的であれば無償で入手、利用ができた(2016年4月現在、Raspberry Pi 2, Raspberry Pi 3, MinnowBoard Max, DragonBoard 410cをサポート)。バージョン1607からは目的を問わず無償で利用できる[3]

廃止されたエディション編集

IoT Mobile Enterprise
Windows 10 Mobile Enterpriseがベース[1]。長期間のサポートを必要とする企業向けのスマートフォンや小型タブレットに対応。Windows Embedded Handheld の後継製品。
IoT Core Pro
バージョン1607まで[4]存在したOEM 専用 SKU。アップグレードを延期する機能(Current Branch for Business (CBB))がある。それ以外の機能は IoT Core と共通[1]

IoT Coreのバージョン履歴編集

Windows 10 IoT CoreおよびWindows 10 IoT Core Proのバージョン履歴。

Windows Insider Preview Branch (WIPB)編集

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース

半期チャネル(ターゲット指定)/ Current Branch(CB)編集

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース
半期チャネル(ターゲット指定)/ Current Branch(CB)
バージョン OS ビルド リリース日 別名
以前のバージョン、サポート終了: 1507 10240[7] 2015年8月10日
以前のバージョン、サポート終了: 1511 10586[10] 2015年12月3日 November Update
以前のバージョン、まだサポート中: 1607 14393 2016年8月 Anniversary Update
以前のバージョン、まだサポート中: 1703 15063 2017年4月 Creators Update
現在の安定版: 1709 16299 2017年10月 Fall Creators Update

IoT Coreのシステム要件編集

発売当時の2015年7月29日に発表した時点のシステム要件[13][14]

Windows 10 IoT Core 最小ハードウェア仕様要求
32 ビット, 64 ビット
プロセッサ 400 MHz 以上の x86/x64 プロセッサまたは ARM SoC
物理メモリ ディスプレイなしは 256 MB 以上 / ディスプレイありは 512 MB 以上
グラフィック オプション
ストレージ 2 GB 以上
画面解像度 端末のデザインに依存
画面サイズ オプション

沿革編集

年表編集

2015年
2020年
  • 10月13日 - Windows 10 IoT Enterprise 2015 LTSBのメインストリーム サポートの終了(予定)[16]
2021年
  • 10月12日 - Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBのメインストリーム サポートの終了(予定)[16]
2025年
  • 10月14日 - Windows 10 IoT Enterprise 2015 LTSBの延長サポートの終了(予定)[16]
2026年
  • 10月13日 - Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBの延長サポートの終了(予定)[16]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d Windows 10 IoT for your buisness”. マイクロソフト. 2016年1月16日閲覧。
  2. ^ Windows 10 IoT Anniversary Update”. 2018年1月25日閲覧。
  3. ^ Windows 10 IoT Core Pro Update - Windows IoT | Microsoft Docs
  4. ^ Manage IoT Core device updates | Microsoft Docs
  5. ^ マイクロソフト (2015年6月3日). “Release Notes for Windows 10 IoT Core Insider Preview”. ms-iot. GitHub. 2016年1月24日閲覧。
  6. ^ マイクロソフト (2015年7月7日). “Release Notes for Windows 10 IoT Core Insider Preview”. ms-iot. GitHub. 2016年1月24日閲覧。
  7. ^ a b マイクロソフト (2015年10月16日). “Release Notes for Windows 10 IoT Core”. ms-iot. GitHub. 2016年1月24日閲覧。
  8. ^ マイクロソフト (2015年9月24日). “Release Notes for Windows 10 IoT Core”. ms-iot. GitHub. 2016年1月24日閲覧。
  9. ^ マイクロソフト (2015年11月17日). “Release Notes for Windows 10 IoT Core”. Windows IoT. GitHub. 2016年1月18日閲覧。
  10. ^ a b マイクロソフト (2015年12月14日). “Release Notes for Windows 10 IoT Core”. Windows IoT. GitHub. 2016年1月24日閲覧。
  11. ^ マイクロソフト (2016年2月9日). “Release Notes for Windows 10 IoT Core”. ms-iot. GitHub. 2016年2月28日閲覧。
  12. ^ マイクロソフト (2016年2月19日). “Release Notes for Windows 10 IoT Core”. Windows IoT. GitHub. 2016年2月28日閲覧。
  13. ^ マイクロソフト. “Learn About Windows 10 IoT Core”. Windows Dev Center. GitHub. 2016年1月16日閲覧。
  14. ^ 最小ハードウェア要件”. Windows 10 hardware dev. Microsoft Developer Network. 2015年1月16日閲覧。
  15. ^ “ラズパイ新製品「Raspberry Pi 2」に対応するWindows 10を無償提供”. Impress PC Watch. (2015年2月2日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150202_686530.html 2015年2月4日閲覧。 
  16. ^ a b c d マイクロソフト サポート ライフサイクル”. マイクロソフト (2016年1月12日). 2016年1月24日閲覧。

外部リンク編集