メインメニューを開く

バイオグラフィー編集

1997年頃に大学サークル内で結成。「レベル・ビート・ファクトリー」より、2枚のフル・アルバムを発表。1999年および2001年には、アメリカのインディー・ロックフェス「YO YO A GOGO」に招待出演を果たす。 モデスト・マウスやキャルヴィン・ジョンソンなどの来日公演の際にフロントアクトを務めたほか、764-hero、+/-、リトル・ウィングス、ウルフ・パレードらとの共演を経験。海外のオルタナティブ・ロックシーンとの深い交流がある。国内では、bloodthirsty butchersの吉村秀樹、トクマルシューゴOGRE YOU ASSHOLEの出戸学などからリスペクトされている。2002年より自主企画「モールスまつり」を立ち上げ、マイペースな音楽活動を実施している。2011年、ギタリストとしてRyo Hamamotoが加入、4ピースバンドとなる。2015年、浜本(ギター)・カフカ(キーボード)をサポートとしたよりフレキシブルな体制での活動再開を発表。

メンバー編集

  • 酒井泰明(ボーカル、ギター):mooolsのフロントマン。kabaddi kabaddi kabaddi kabaddiではドラムスを担当。
  • 有泉充浩(ベース):斉藤耕治とともにインディー・レーベル「7e.p.」を共同主宰。kabaddi kabaddi kabaddi kabaddiではギターを担当。
  • 内野正登(ドラムス):toddle、Swarm's Armのメンバーとしても活動。
  • 浜本亮(ギター):2011年加入。シンガー・ソングライターでもあり、Ryo Hamamoto & The Wetlandというソロ・プロジェクトでも活動。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • 光ファイバー(1999)
  • マジック200(2000)
  • moools(2003)
  • モチーフ返し(2006)
  • Rebel Beat Factory Years(2007):初期音源集
  • Poet Portraits Years(2008):初期音源集
  • Weather Sketch Modified(2010)
  • 劈開(2014)

ミニ・アルバム編集

  • backgroundmusiceasylistening(2002)
  • 耳障りよりも早く僕の耳の渦巻きをみたすあのギラギラは何だ(2002)
  • Dub Narcotic Session(2005):再録+北米ツアーDVD
  • トーナメント(2007):新曲+リミックス

その他編集

  • LIVE-CRUX Compilation vol.1(2002):「仔猫カレンダー」「星みたいに」で参加。
  • FLOWERS OF ERROR 1(2003):「パンに針」で参加。
  • waikiki rythm(2006):「S.T.F」「モールスのちょっといいとこ見てみたい」「室内ガーデンズガーデン」で参加。
  • 酒井泰明 モールス歌詞集(2008):歌詞集。
  • Live at Shibuya O-NEST April 21, 2007(2009):配信限定ライブアルバム
  • Resume(2011):東日本大地震救済支援コンピ。「昼の熱」で参加。配信限定。
  • あなたの夢に応援歌(2012):JACCSのキャンペーンのオムニバスアルバム。「はしご」で参加。

脚注編集

外部リンク編集