Movable Type(ムーバブル・タイプ、MT、エムティー)は、シックス・アパートが開発・提供する、ブログで用いられることの多いコンテンツ管理システム (CMS) 製品である。プラグイン機構により機能を拡張できることが特徴である。

Movable Type
Edit Entry - Movable Type 401.png
開発元 シックス・アパート
最新版 6.3.6 / 2017年10月19日(23日前) (2017-10-19
対応OS Linux, Solaris/UnixBSD / macOS / Windows Server
プラットフォーム Perl / PHP
対応言語 英語 / オランダ語 / スペイン語 / ドイツ語 / 日本語 / フランス語
種別 ブログソフトウェア / CMS
ライセンス プロプライエタリ (non-free) / GNU GPL
公式サイト MovableType.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

Movable Typeは主にPerlPHPで書かれており、動作に必要なのはPerlのみとなっている[1]。データストアにはリレーショナルデータベースを採用しており、MySQLPostgreSQLSQLiteなどに対応していたのだが、Movable Type 5からはMySQLのみ対応になった。

また、企業向けには別製品としてMovable Type Advancedが存在する。これはMovable Typeを基に、イントラネットでの利用を想定した大量のブログやユーザ、組織や権限などの管理、LDAP対応、Oracle DatabaseMicrosoft SQL Serverといったエンタープライズ向けのデータベース対応などの追加機能を有償で提供するものである。

さらに、2007年12月12日にはライセンスGPLに改変しオープンソース化するMTOS (Movable Type Open Source) プロジェクトが開始された。MTおよびMTOSのソースコードに大きな差異はなく、機能的には全く同じものである。しかし、2013年7月10日にMovable Type 6が発表された時にMovable Type 6以降のMTOSの配布をしないことを発表し、プラグインなどはMIT Licenseに改変した。現時点で提供されているMTOS (Movable Type 5) は同じライセンスで提供される。

これにより、2013年11月13日現在、

  • オープンソース版 Developer向け(Movable Type 5)
  • 開発者ライセンス版 Developer向け(Movable Type 6)
  • 商用ライセンス (Pro) 版 Blogger向け(個人無償)、Business向け(有償、無料トライアル有)
  • クラウド版(有償)
  • Movable Type Advanced(有償)
  • Amazon Web Services

に分かれている。

なお、英語で活字による印刷の仕組みのことをmovable typeと呼ぶ。

主な機能編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ これからはじめる MovableTypeの本 (自分で選べるパソコン到達点), やまもといずみ, ふじかわまゆこ,技術評論社 2009,ISBN 978-4774137254

外部リンク編集