Mr.&Mrs. スミス

2005年のアメリカの映画

Mr.&Mrs. スミス』(ミスターアンドミセス・スミス、原題: Mr. & Mrs. Smith)は、2005年アメリカ映画

Mr.&Mrs. スミス
Mr. & Mrs. Smith
監督 ダグ・リーマン
脚本 サイモン・キンバーグ
製作 アーノン・ミルチャン
アキヴァ・ゴールズマン
ルーカス・フォスター
パトリック・ワックスバーガー
エリック・マクロード
製作総指揮 エリック・フェイグ
出演者 ブラッド・ピット
アンジェリーナ・ジョリー
音楽 ジョン・パウエル
撮影 ボジャン・バゼリ
編集 マイケル・トロニック
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
ニュー・リージェンシー・プロダクションズ
サミット・エンターテインメント
ウィード・ロード・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年6月10日
日本の旗 2005年12月3日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $110,000,000[1]
興行収入 $478,207,520[1] 世界の旗
$186,336,279[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
46億5000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ストーリー編集

結婚して"5、6年"たったとある夫婦、ジョンとジェーンは、互いのあり方を検査するためカウンセリングに訪れる。 「現在10点満点中どの程度幸せか」という問いには8点と答えるも、少し踏み込んだ質問をされると言葉を濁す。カウンセラーは次に二人の出会いについて問う。

二人はコロンビアボゴタで、互いに殺人犯を捜索していた現地の警官に呼び止められる、警官は一人旅の旅行者を捜索していたため疑惑をかけられ、難を逃れるべく互いに武器を取り出そうとしたが、偶然その場に居合わせた二人は「連れだ」と口裏を合わせ、二人旅と偽る形で出会って約6週間後に結婚した。

ジョンは建築設計事務所を、ジェーンはコンピュータサーバーの管理会社を経営していると言うが、その正体は互いに競合他社の組織の元で活動している暗殺のプロであり、仕事や用事と言いながら日々仕事をこなし、互いに素性を偽って生活していた。 秘密を隠したまま時は過ぎ、二人の関係は悶々としたものとなって行く。

ある時二人はベンジャミン・ダンズという人物の暗殺を、自らが所属している組織から別々に依頼される。 ジェーンはメキシコ国境近くの道に爆弾を仕掛け、護送中のダンズを爆殺しようと試みるも、同じく依頼を受けたジョンがバギーでやって来てしまう。到着したジョンがダンズを確認すると、バギーから対戦車ロケット砲を取り出す。一連の行動を双眼鏡で見ていたジェーンはそれがジョンだとは知らず彼を狙撃、しかし防弾チョッキにより一命を取り留めたジョンもやはりジェーンと知らずに彼女に向けてロケット砲を放った、互いに無事だったものの、肝心のダンズ暗殺はどちらも果たすことができなかった。

ニューヨークに帰った二人は、仕事を目撃した相手を48時間以内に抹殺することになったため、それぞれお互いの仕事を邪魔した相手を探し始める。二人はすぐに相手が自分の結婚相手であることを特定。 その夜、互いに素性が分かった二人は自宅に帰り、緊張感の漂う中で動向を伺いながら夕食を取り始める。互いに正体を確信し、ジェーンはすぐさま車で逃走、ジョンも走って追うも結局二人が話し合う事は無かった。 互いの正体に二人はショックを受け、それと同時に相手を殺す事を決意する。

それからジョンとジェーンの出し抜き合いが始まり、互いに命を狙うも悉く失敗する。最終的にプロポーズした店で互いに宣戦布告。その後、自宅での銃撃戦が始まった。しかし、お互い本気で相手を殺すことはできなかった。程なく二人は争いを止め、互いに心の内を暴露し合う。

ところが、朝になり暗殺チームが二人を抹殺しにやってくる。暗殺チームの爆弾が灯油タンクに引火し、家はすべて吹き飛んだが、暗殺チームも全滅した。しかし、その後、車で逃走する二人を3台のBMWが追ってきた。BMWを撃退しながら「実は俺、前に結婚してたことがあるんだ」「実は、私の両親は子供のころに亡くなったの」などと二人で本当の自分を語り合う。

その後、勾留されているダンズを誘拐して問い詰めたところ、ジョンとジェーンがそれぞれ属するライバル同士の組織が、ジョンとジェーンが結婚していたことを不愉快に思い、共同でダンズ暗殺を演出したことがわかった。実はダンズが標的なのではなく、 ダンズをおとりにして、二人がお互いを殺しあうことを計画していたのである。

ダンズのもつ発信機により居場所を特定されたジェーンとジョンは、再び新手の暗殺チームに追われる。スーパーマーケットに逃げ込み、二人で暗殺チームと激しい銃撃戦を展開した。気が付くと、暗殺チームは全滅し、二人は生き残った。

カウンセラーは前の週はどう過ごしたのか聞く。「正直言うと、先週は妻を殺してやろうと思ったんですよ」「お互いにね・・・・あ、家を新しくするんですよ」と明るく笑いながら語るジョンとジェーン。「お二人とも気が付いておられると思いますが、二人の関係は・・・」と話し始めたカウンセラーを遮って、「セックスのことを聞いてもらえませんか」と頼むジョン。「それでは・・・」「10点」

キャスト編集

ジョン・スミス
演 - ブラッド・ピット
表向きはスミス設計事務所の経営者。裏の顔は動物的なカンの鋭さで修羅場をくぐってきた一匹狼の殺し屋。
ジェーン・スミス
演 - アンジェリーナ・ジョリー
表向きはコンピュータ・サーバの管理者。裏の顔は女だけの暗殺チームのリーダー。計画的に物事を進めるタイプ。
エディ
演 - ヴィンス・ヴォーン
ジョンの親友で同業。正体がバレて家に居られなくなったジョンを匿い、ジェーンを殺すように諭す。中年になった今でも母親と同居している。
ベンジャミン・ダンズ
演 - アダム・ブロディ
通称「タンク」。組織での最初の大きな仕事が、ジョンとジェーンの標的になることだった。
ジャスミン
演 - ケリー・ワシントン
ジェーンの同僚で親友。同じく正体がバレて家に居られなくなったジェーンを匿う。
ファーザー
演 - キース・デイヴィッド
ジェーンを雇っている組織のボス。ほとんど声だけの出演。
マーティン・コールマン
演 - クリス・ワイツ
スミス家の隣人。後にスミス夫婦にミニバンを盗まれる。
スージー・コールマン
演 - レイチェル・ハントリー
スミス家の隣人。マーティンの妻。
グウェン
演 - ミシェル・モナハン
ジョンの仕事仲間。ジョンが拾ってきた、焼け焦げたジェーンのラップトップの解析を頼まれる。
アトランタ
演 - アンジェラ・バセット(クレジットなし)
ジョンを雇っている暗殺組織のコンタクトパーソン。声だけの出演。
ウェクスラー博士
演 - ウィリアム・フィクナー(クレジットなし)
結婚カウンセラー。スミス夫妻のカウンセリングを行う。声だけの出演。

日本語吹替編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ テレビ朝日 機内上映版
ジョン・スミス ブラッド・ピット 山寺宏一 堀内賢雄 山寺宏一 宮内敦士
ジェーン・スミス アンジェリーナ・ジョリー 湯屋敦子 山田美穂 深見梨加 安藤麻吹
エディ ヴィンス・ヴォーン 小山力也 内田直哉 江原正士 原康義
ベンジャミン・ダンズ アダム・ブロディ 浪川大輔 岡野浩介 藤田圭宣
ジャスミン ケリー・ワシントン 魏涼子 佐古真弓 小林さやか 沢海陽子
ファーザー キース・デイヴィッド 田原アルノ 手塚秀彰 柴田秀勝
マーティン・コールマン クリス・ワイツ 檀臣幸 登場シーンカット 村治学
スージー・コールマン レイチェル・ハントリー 林真里花 雨蘭咲木子
グウェン ミシェル・モナハン 浅野まゆみ 松下こみな 田村真紀
アトランタ アンジェラ・バセット 五十嵐麗 沢海陽子 来宮良子
ウェクスラー博士 ウィリアム・フィクナー 牛山茂 金尾哲夫 森田順平
演出 市来満 向山宏志 鍛治谷功
翻訳 松崎広幸 原口真由美
調整 堀内唯史 金谷和美 金谷和美
兼子芳博
制作 ニュージャパンフィルム(担当:宇出喜美)
初回放送 2008年4月11日
金曜ロードショー
21:03-23:09
正味約112分
2010年1月17日
日曜洋画劇場
21:00-22:54
正味約105分
Netflixで配信

※20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンより、機内版を除く3種類の吹替版を収録した「Mr. & Mrs. スミス 日本語吹替完全版」のブルーレイが2018年11月3日に、DVDは2019年4月24日にそれぞれ発売された。

※テレビ朝日版は、再放送時に放送枠の拡大に合わせて一部シーンが追加録音されほぼノーカット[要出典]であるが、「Mr. & Mrs. スミス 日本語吹替完全版 ブルーレイ」に収録されている吹替音声は、初回放送版で再放送の際に追録された部分は未収録である。

地上波放送履歴編集

回数 テレビ局 番組名 放送日 放送時間 放送分数 吹替版 視聴率
日本テレビ 金曜ロードショー 2008年4月11日 21:03-23:09 126分 日本テレビ版 14.9%
テレビ朝日 日曜洋画劇場 2010年1月17日 21:00-22:54 114分 テレビ朝日版 15.5%
TBS 水曜プレミアシネマ 2012年4月18日 日本テレビ版 6.8%
テレビ朝日 日曜洋画劇場 2013年6月16日 21:00-23:10 130分 テレビ朝日版 12.6%
日本テレビ 金曜ロードSHOW! 2016年2月5日 21:00-22:54 114分 日本テレビ版 10.4%
6 テレビ東京 午後のロードショー 2021年4月29日 13:55-15:55 120分 ソフト版 4.5%
7 NHKBSP シネマ 2021年11月1日 9:00-11:00 120分 ソフト版

リブート版編集

2021年2月に本作品の権利をAmazonスタジオが取得し、ドラマシリーズとしてリブートされることが同スタジオから発表された。2022年にAmazonプライム・ビデオで配信される予定で既に主人公の夫婦役として、ドナルド・グローバーフィービー・ウォーラー=ブリッジが内定していることも明らかとなった[3][4]

しかし、同年9月13日、フィービー・ウォーラー=ブリッジが製作側とのクリエイティブ上の相違点から降板する事が報道された。

備考編集

  • ジョン・スミスは英語圏に非常に多い男性名で、偽名の代名詞でもある。本作の劇中でも、「ジョン・スミス」に関する検索を命じられた部下が戸惑うシーンがある。また、ジェーンも、ありふれた女性名である。
  • 2007年マーティン・ヘンダーソンジョーダナ・ブリュースター主演でテレビシリーズ化が企画され、パイロット版が製作されたが、結局、放送されなかった。
  • ジェーン役には当初、ニコール・キッドマンがキャスティングされていたが、彼女の主演映画『ステップフォード・ワイフ』の撮影が延びたため、降板となった。
  • ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは、本作での共演がきっかけで親しくなった。ピットは当時、ジェニファー・アニストンと結婚していたが、やがて破局となり、アンジェリーナ・ジョリーと公に交際するようになった。

出典編集

  1. ^ a b c Mr. & Mrs. Smith (2005)”. Box Office Mojo. 2010年1月4日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)660頁
  3. ^ 『Mr.&Mrs. スミス』ドラマでリブート決定 ─ 『ハン・ソロ』ドナルド・グローバー&フィービー・ウォーラー=ブリッジが主演・製作”. THE RIVER (2021年2月13日). 2021年2月15日閲覧。
  4. ^ 『Mr.&Mrs.スミス』ドラマシリーズ化!主演2人が決定”. シネマトゥデイ (2021年2月15日). 2021年2月15日閲覧。

外部リンク編集