マックスマンシリーズ(マックスマンシリーズ)は、数々の変身ヒーローを生み出してきたテレビ朝日と、吉本興業が共同で制作による2015年に公開した『Mr.マックスマン』以降の特撮映画シリーズである。[1]

本項では、続編の『Bros.マックスマン』『N.Y.マックスマン』についても併せて説明する。

概要編集

本シリーズはテレビ朝日吉本興業が共同で手がけた特撮ヒーロー活劇『マックスマン』のシリーズである為出演者は、仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズに関わったことのあるスタッフ・役者と吉本興業所属芸人を中心に製作されている[2]

製作編集

Mr.マックスマン編集

Mr.マックスマン
監督 増田哲英
脚本 福田卓郎
原案 企画プロデュース 佐々木基 
製作 岡本昭彦
西新
出演者 千葉雄大
山本美月 ほか
音楽 P.P.M(梅野悠大)
製作会社 テレビ朝日
吉本興業
配給 KATSU-do
公開 2015年10月17日
製作国   日本
言語 日本語
次作 Bros.マックスマン[4]
テンプレートを表示

Mr.マックスマン』(ミスターマックスマン)は、2015年10月17日公開の日本の映画。主演は千葉雄大。2015年3月26日第7回沖縄国際映画祭、2015年10月15日京都国際映画祭2015にてそれぞれTV DIRECTOR’S MOVIE部門で上演[5]


あらすじ編集

キャスト編集

Bros.マックスマン編集

Bros.マックスマン
監督 増田哲英
脚本 福田卓郎
原案 企画プロデュース 佐々木基
製作 藤原寛
西新
出演者 竜星涼
内田理央 ほか
音楽 P.P.M(梅野悠大)
製作会社 テレビ朝日
吉本興業
配給 KATSU-do
公開 2017年1月7日
製作国   日本
言語 日本語
前作 Mr.マックスマン
次作 N.Y.マックスマン [6]
テンプレートを表示

Bros.マックスマン』(ブラザーマックスマン)は、2017年1月7日公開の日本の映画。主演は竜星涼。2016年4月23日第8回沖縄国際映画祭で上演した[7]

あらすじ編集

キャスト編集

N.Y.マックスマン編集

N.Y.マックスマン
監督 増田哲英
脚本 福田卓郎
原案 企画プロデュース 佐々木基
製作 藤原寛
西新
出演者 稲葉友
山谷花純 ほか
音楽 P.P.M(梅野悠大)
製作会社 テレビ朝日
吉本興業
配給 KATSU-do
公開 2018年2月17日
製作国   日本
言語 日本語
前作 Bros.マックスマン
テンプレートを表示

N.Y.マックスマン』(ニューヨークマックスマン)は、2018年2月17日公開の日本の映画。主演は稲葉友。2017年4月22日第9回沖縄国際映画祭で上演した[8]

あらすじ編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Mr.マックスマン”. 映画ナタリー. 2021年1月3日閲覧。
  2. ^ 千葉雄大が史上最弱ヒーローに!特撮ヒーロー出身俳優勢ぞろいのアメコミ風ビジュアル シネマトゥデイ 2015年9月17日 2015年9月29日閲覧
  3. ^ なだぎ武、ケンコバ“代役”で急きょ映画出演「吉本らしい」”. ORICON STYLE (2015年9月26日). 2015年9月28日閲覧。
  4. ^ 「Mr.マックスマン」続編制作決定、竜星涼が内田理央に恋するヒーローに”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年3月15日). 2016年3月15日閲覧。
  5. ^ 千葉雄大が“史上最弱のヒーロー”演じる「Mr.マックスマン」、ヒロインに山本美月”. 映画ナタリー (2015年7月21日). 2015年8月21日閲覧。
  6. ^ 稲葉友がマックスマンシリーズ新作で映画初主演、千葉雄大、竜星涼、内田理央も出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年3月21日). 2021年1月3日閲覧。
  7. ^ 内田理央、「Bros.マックスマン」竜星涼の変身シーンは「素晴らしい発声方法!」”. 映画ナタリー (2016年4月23日). 2021年1月3日閲覧。
  8. ^ 稲葉友にケンコバがツッコミ!「N.Y.マックスマン」沖縄国際映画祭で上映”. 映画ナタリー (2017年4月22日). 2021年1月24日閲覧。

外部リンク編集