Mr.マリック(ミスターマリック、英語表記:Mr. Maric [2]1949年昭和24年〉1月1日〈※ただし戸籍上に限り[3]、実際の日付は1948年12月29日〉- )は、日本マジシャン。本名・出生名は 松尾 昭(まつお あきら)。別名義として、栗間 太澄(くりま たすみ)と 松尾 幻燈斎( - げんとうさい)がある。著名な親族として、実娘のLUNAラッパー)がいる。

ミスター マリック
Mr.マリック
Mr.Maric.jpg
生誕 松尾 昭
戸籍上: (1949-01-01) 1949年1月1日(71歳)
事実上: (1948-12-29) 1948年12月29日(71歳)
日本の旗 日本 岐阜県岐阜市 [1]
別名 栗間太澄(1997年初演)
松尾幻燈斎(2003年初演)
職業 マジシャン
活動期間 マジック界では十代後半から現在まで。テレビ界では1988年(39歳時)から現在まで。
著名な実績 マジックのジャンル「超魔術」とそのブームを創出
配偶者 あり
子供 あり(著名人は LUNA
公式サイト http://maricjcs.com/

所属する芸能事務所有限会社マリックエンターテイメント。関連会社に株式会社マリックプロモーション(芸能事務所)もある[4]。「超魔術師[1]」「サイキックエンターティナー[注 1]」を名乗る。

略歴編集

(事実上)1948年(昭和23年)12月29日岐阜県岐阜市[1]で生まれる。岐阜市立伊奈波中学校を卒業。岐阜県立岐阜工業高等学校を卒業[5]。当時の師匠は歯科医である。

高校卒業後はガス器具メーカーのパロマ工業(現・パロマ)に就職するも[5]マジックへの夢捨てがたく、数多くのマジシャンのコンテストに出場するようになり、コンテスト番組で優勝することもあった[5]。パロマ工業には半年ほど勤務していたが、行き付けのデパートテンヨー社製マジック用品売り場の実演販売員の空きができたことから、親の反対を押し切って実演販売員に転職した。その後はこの職場で経験を重ね、やがてマジックショップの経営や新人の指導を行うようになり、全国各地でマジック教室を開設するようにもなった。しかしこの時代に初めて出場したマジック大会で初代・引田天功らのショーとして完成度の高いマジックを目の当たりにして衝撃を受け、本格的にプロを目指し始めている。

20歳の時(※計算上は1969年/昭和44年)に上京し[5]、マジック用品メーカーに勤務する[5]。この年に開催された環太平洋マジックアソシエーション(Pacific Coast Association of Magicians頭字語:PCAM)ハワイ大会における「クロースアップ部門」コンテストで日本人として初優勝を果たす[5]

「名門ホテルラウンジで行うクロースアップ・マジックのテーブルホッピングショー[注 2]」という演出形態を採用し、ラウンジライブを全国展開するようになったマリックは、そのさなかに日本テレビディレクターと出会い、それをきっかけにして1988年(昭和63年、39歳の年)、日本テレビ系の人気番組『11PM』でテレビ界にデビューし[1][5]、クロースアップ・マジックに超能力的な演出を付け加えた「超魔術」を披露すると、視聴者からの大きな反響を得た。大がかりな設備を必要としないマリックのスタイルはテレビ局にとっても番組を組みやすく、その後たびたび出演するようになった。「超魔術」はマリックが番組制作スタッフらと考え出した造語である。同番組への出演を含む1974年(昭和49年)の初来日以来、世界でも日本でも数年前まで“超能力”ブームを巻き起こしていたユリ・ゲラーの番組を観てきたのが、「超魔術」のスタイルを編み出すきっかけになった。

超能力ブーム華やかなりし頃、マリック本人もユリ・ゲラーの超能力と酷似するショーを行って収入を得ていた。しかしあるイベントにおいてマリックの技を見た観客が超能力肯定派と否定派で真っ二つに対立し、一触即発の緊張状態となった会場でマリックは咄嗟に「ハンドパワーです」とアピール。これにより殺気立っていた観客は得心して平静を取り戻すということがあった。その後、「マリックは本物の超能力者なのか」「手品と同じでタネがあるのか」という疑問には全て「ハンドパワーです」と答え、この台詞はマリックの専売特許とも言うべきものとなった。超能力や占いの類を蛇蝎の如く嫌っていた当時タレントの上岡龍太郎もマリックの技を懐疑的な目で見ていたが、「ハンドパワーです」の説明でマリックと打ち解けた。なお、別バージョンでは「手力(てじから)です」[注 3]もある。このフレーズは流行語となり、様々なバラエティ漫画パロディされた。

人物編集

「マリック」という名前は「マジック」と「トリック」を合わせた造語である[6]。また、栗間太澄(くりま たすみ)、松尾幻燈斎(まつお げんとうさい)という別名を持つ。「くりまたすみ」は、「ミスターマリック」を「クリマタスミ」と反対側から読んだアナグラムである。

登場時やマジック披露後には専用BGMが流れる。曲はアート・オブ・ノイズ (The Art of Noise) の『レッグズ (Legs)』である(legacyというタイトルでベスト盤に収録されている場合もある)。

サングラスをトレードマークにしており、NHK番組『課外授業 ようこそ先輩』でも 子どもたちにだけサングラスを外した顔を見せるなど、テレビ画面では滅多に目を見せない。バラエティ番組で松尾幻燈斎として出演したときや、マギー司郎ゼンジー北京に扮したときなど、ごく稀にサングラスを外す(後述のドラマ出演の際も同様)。また、テレビに出始めのころは素顔で出演することもあった。

のちにクロースアップ・マジックで名を挙げる「ふじいあきら」こと本名「藤井明」は、超魔術が大ブームになっていた頃にマリック門下の若者であった。「元神」の芸名でアシスタントを務め、下積み生活を送っていた藤井は、マリックのテレビ番組の映像にもその姿を残っている[6]。しかし彼は下積み生活の愚痴を周囲に漏らしてしまい、それが師に伝わるのを恐れて、2001年(平成13年)に逃げ出してしまった。その後、芸名を本名の平仮名表記に改めたうえで独力で研鑽を重ねて大成した。二人はのちにテレビ番組で共演し、和解している。

娘はヒップホップ歌手のLUNA[6]

古典奇術を現代的手法・演出で蘇らせる能力が高く、毎年公演されるマリックのライブツアーは高い完成度と不思議さ・楽しさが融合しているとの評判を得ている。また、銀座博品館劇場ではMr.マリック超魔術団公演を旗揚げさせ、内外有力な若手マジシャンとともに、ストーリー仕立てのマジックエンターテイメントに挑戦、ステージでも精力的に活動をしている。奇術愛好家を増やすための活動や、日本国外そして国内若手マジシャンとのコラボレーションなども行う。また、歌舞伎芝居松任谷由実などのアーティストコンサートの演出も監修する。

血液型はB型。

経歴編集

1970年代以前編集

1980年代編集

1990年代編集

  • 1990年(平成2年)9月21日 - TM NETWORK(発売当時はTMN)の小室哲哉と組んでインストゥルメンタルアルバムPsychic Entertainment Sound』を出す(小室哲哉&Mr.Maric名義)。その関係で、小室のソロツアー『Digitalian is eating breakfast』ファイナル(1990年1月28日に横浜アリーナで行われた)に登場。音楽雑誌GB1990年4月号によると、Mr.マリックは客席から現れて、ステージ上でスプーン曲げやお札を浮かせるなどのパフォーマンスを行ったという。楽屋での打ち上げでもお札を浮かせるパフォーマンスを行い、特に外国人サポートメンバーに好評だったらしい。その後、2002年11月22日に小室哲哉がglobeのボーカルのKEIKOと結婚した際にも出席している(TBS『学校へ行こう!』でその時のシーンの一部放送されていた)。
    • しかし、超魔術の演出が「超能力」のようなものに見られ、世間では本物の超能力と信じ込む人も多く、ある時期からいっせいに「インチキ」「全て奇術」との批判が始まった。ただし、本人はあくまでも「超魔術」だとしており、超能力だとは決して言っていない(念を使う、確率を超えるなど超常的表現言動をしていたのは事実)。「超魔術」という言葉を使ったのは、「『手品』や『マジック』では大勢の人の関心を惹くことができないから」という理由からであったという。
    • この時期、週刊誌や一部視聴者からの激しいバッシングによるストレス顔面神経麻痺を発症、しばらくテレビ界から遠ざかることとなる。
    • ゆうむはじめは、1990年以降、たびたび「Mr.マリック超魔術の嘘」と題した書籍を著して、Mr.マリックを非難した。ゆうむによると、Mr.マリックが超能力者のふりをして手品を行っていることよりも、その手品によって番組出演者の稲川淳二火傷を負わせたことに義憤を感じての行動であるという。
  • 1993年(平成5年) - テレビ東京浅草橋ヤング洋品店』、日本テレビ『元気が出るテレビ』などのバラエティ番組に進出。
  • 1994年(平成6年) - フジテレビなるほど!ザ・ワールド』スペシャルで、トランプマンと対決した。
  • 1995年(平成7年) - フジテレビ『笑っていいとも!』レギュラー出演、日本古来の奇術や和妻、技の世界を披露した。
  • 1996年(平成8年) - 関西テレビ裸の大将〜清の手品はめぐり合い』で役者初挑戦。
  • 1997年(平成9年) - 日本テレビ『投稿!特ホウ王国』にて、新しくファニーなキャラクター「栗間太澄」に変身して登場。翌年よりレギュラーで登場した。マリックとは無関係な「謎の郵便局員」という触れ込みであったが、「みすたまりく」を逆から読んだ芸名と、ハンドパワーを和訳した「手力(てぢから)です」のフレーズで正体が分かる仕組みであった。
  • このころ自ら「マジシャン宣言」をする。以後、再び超魔術師として活動の場を広げる。
  • 1998年(平成10年) - 『M-1グランプリ 最強のマジシャン対決』を放送。Mr.マリックが主催し、日本国内の若手マジシャンを集めて、トーナメント方式制限時間3分、不思議な方が勝利という番組だった。なお、「M-1」タイトルの使用はこちらが早く、後に開催される漫才の選手権大会「M-1グランプリ」との関連はない。
  • 1999年(平成11年) - TBSでマリックスペシャル番組が復活。

2000年代編集

  • 2000年(平成12年) - TBS『オフレコ!』で、マジシャンとしては禁断とされたネタの裏側を見せ視聴者の興味を引き、マリック主役のスペシャル番組『超オフレコ』でマジックのファン層は拡大する。
  • 2001年(平成13年)
  • 時期不特定 - 『たけしの誰でもピカソ Mr.マリックスペシャル』が放送され、テレビ東京はドーハの悲劇以来の19%を超える視聴率を獲得する。TBS『超オフレコ2時間スペシャル』に2度出演。テレビ東京では『Mr.マリック☆魔法の時間』という初の冠レギュラー番組がスタートし、1年続く。日本テレビでは金田一少年の事件簿 魔術列車殺人事件でジェントル山神役として俳優デビューし、劇中に登場するマジックの監修も手掛けた。
    • 時期不明 - 弟子でアシスタントの藤井明(のちのふじいあきら)が遁走する。
    • 2002年(平成14年) - BS-i『Mr.マリック 世界・魔術大博覧会』で3夜連続6時間に渡り、世界の魔術の歴史、その時代ごとのマジシャンたちの英知を詳細に解き明かした番組を放送する。
  • 2003年(平成15年)
    • 1月 - TBS『Mr.マリックvs全米No,1氷男デビット・ブレイン!』放送。
    • 2月 - テレビ東京『たけしの誰でもピカソ Mr.マリック超魔術スペシャル第4弾』が放送された。
    • 3月 - TBS「オールスター感謝祭'02超豪華!クイズ決定版この春お待たせ特大号」で6人目の代役MCを務めた。
    • 4月 - 日本テレビ『エンタの神様』で「松尾幻燈斎」という、またも違うキャラクターに変身し、12月までレギュラー出演。仙人のキャラクターで自然を相手に超魔術を見せる。この際は「超魔術」ではなく、「気の極み」と松尾幻燈斎は語っていた。
    • 6月15日 - 岐阜市より長良川鵜飼大使を委嘱される[7]2013年8月現在も有効)。
    • 8月 - テレビ東京『たけしの誰でもピカソ Mr.マリック超魔術スペシャル第5弾』を放送。フジテレビ『Mr.マリックの大冒険南極大陸!果てしなき超魔術の旅』では、南極大陸でペンギンを消す超魔術を見せた。
    • 10月 - TBS『Mr.マリックVS“全米最強"クリス・エンジェル超魔術頂上決戦!』では、他国のマジシャンと初対決。
  • 2004年(平成16年)1月 - TBS『Mr.マリックVS新庄&芸能人大スター軍団対決新春スペシャル』では、新庄剛志を初の総合司会者として起用。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月 - NHK『お昼ですよ!ふれあいホール』で、「今日の現象!」コーナーにレギュラー生出演。
    • 4月・10月・12月 - TBS『Mr.マリック対芸能能人大スター軍団』を放送。
  • 2006年(平成18年)
    • 月日未確認 - 朝日放送笑いの金メダル』でゲスト出演。
    • 8月29日 - フジテレビ『Mr.マリック VS 世界の超人 異種格闘技戦』を放送。ほか他局でも、趣向の違ったスペシャル番組4本を精力的に制作した。

2010年代編集

CM出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 公式ウェブサイトのプロフィール[1]には、「サイキックエンターテイナー」ではなく「サイキックエンターティナー」と記されている。
  2. ^ テーブルホッピング(table hopping、テーブルホップ)とは、会場内の各テーブルを演者が巡って出し物を披露する演出形態をいう。ホッピングで跳ね回ることになぞらえて、そのように呼ばれている。
  3. ^ 彼の出身地である岐阜市内に、手力雄神社と、その最寄り駅である手力駅名鉄各務原線)があるものの、それらとの関連は不明。

出典編集

  1. ^ a b c d e f biog.
  2. ^ official_top.
  3. ^ a b Mr.マリック [@MrMaricOfficial] (2019年12月10日). "高齢者の方、返納期がきてます! 人に言っている場合ではない。私もでした。" (ツイート). Twitterより2020年4月6日閲覧
  4. ^ MaricPro.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n Mr.マリック(超魔術師)- スマートラウンジ”. BS朝日(公式ウェブサイト). 株式会社ビーエス朝日. 2020年4月6日閲覧。
  6. ^ a b c 「ハンドパワーです!」の決めゼリフで一世を風靡した超魔術師【Mr.マリック】”. Middle Edge. 株式会社ディー・オー・エム (2015年12月1日更新). 2020年4月6日閲覧。
  7. ^ ぎふ長良川鵜飼 (PDF)”. 公式ウェブサイト. 岐阜市. p. 8. 2020年4月6日閲覧。
  8. ^ “稲垣吾郎×要潤×勝地涼のAmazonドラマ『東京BTH』12月配信 草彅剛も登場”. CINRA.NET. (2018年10月19日). https://www.cinra.net/news/20181019-tokyobth 2019年1月16日閲覧。 
  9. ^ a b c d 出口絢 (2020年1月19日). “Mr.マリックさん、70歳で免許返納 「運転する時の超能力が弱ってくる」”. 弁護士ドットコム. 弁護士ドットコム株式会社. 2020年1月19日閲覧。
  10. ^ a b c d e TBS系列まるっと!サタデー』 2010年12月14日放送回。
  11. ^ “木村拓哉さん出演の「FMVシリーズ」TV-CM第7弾” (プレスリリース), 富士通, (2002年5月22日), https://pr.fujitsu.com/jp/news/2002/05/22.html 2020年4月6日閲覧。 
  12. ^ Mr.マリック「超魔術の種明かし公開中」- プレスリリース」『@press(アットプレス)』ソーシャルワイヤー株式会社、2005年4月11日。2020年4月6日閲覧。
  13. ^ 【ダイハツ ムーヴ 新型発表】マリックのポーズ難しい---仲間由紀恵」『Response』株式会社イード、2006年10月13日。2020年4月6日閲覧。
  14. ^ 鷺ノ宮やよい (2016年6月14日). “Mr.マリックさん…どうした!? 日清焼そばU.F.O.「インチキ超能力者のうた」PV動画で超魔術のタネ明かしを全部しちゃってるよ!!”. Pouch(ポーチ). ソシオコーポレーション. 2020年4月6日閲覧。
  15. ^ エイチ・アイ・エス この夏最後の大セール!”. 公式ウェブサイト. ボーノ相模大野 (2019年6月28日). 2020年4月6日閲覧。
  16. ^ 愛眼株式会社「まるでMr.マリックさんのハンドパワー!? “やわらかるい!”で大人気のメガネのアイガン「POCOP」新CM - プレスリリース」『PR TIMES』株式会社 PR TIMES、2019年11月20日。2020年4月7日閲覧。
  17. ^ YouTube アサヒグループ公式チャンネル(2020年3月4日配信)
  18. ^ 樽ハイ倶楽部”. 公式ウェブサイト. アサヒビール (2020年3月). 2020年4月14日閲覧。
  19. ^ アサヒビール株式会社「樽詰めサワー市場売上金額NO1(※1)の居酒屋で超人気の“サワー”が缶で登場!『樽ハイ倶楽部レモンサワー』『樽ハイ倶楽部大人のサワー』3月31日(火)新発売! - プレスリリース」『PR TIMES』株式会社 PR TIMES、2020年3月5日。2020年4月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • MR. MARIC”. Mr.マリック(公式ウェブサイト). 有限会社マリックエンターテイメント. 2020年4月6日閲覧。
    • PROFILE”. Mr.マリック(公式ウェブサイト). 有限会社マリックエンターテイメント. 2020年4月6日閲覧。
  • MARIC PROMOTION INC.”. 公式ウェブサイト. 株式会社マリックプロモーション. 2020年4月6日閲覧。
  • 有限会社マリックエンターテイメント”. 全国法人データベース.com. 2020年4月6日閲覧。