メインメニューを開く

Mr.ミスター(ミスターミスター、Mr. Mister)は、アメリカのバンド。1980年代半ばに2曲の全米1位ヒットを放った。

Mr.ミスター
Mr. Mister
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州 フェニックス
ジャンル ポップ・ロック
ニュー・ウェイヴ
活動期間 1982年 - 1990年
レーベル RCAレコード、Little Dume
共同作業者 Third Matinee、ペイジズ
旧メンバー リチャード・ペイジ
スティーヴ・ジョージ
スティーヴ・ファリス
パット・マステロット

目次

略歴編集

ロサンゼルススタジオ・ミュージシャンとして活動していたリチャード・ペイジ、スティーヴ・ジョージが結成したペイジズを前身とする。ペイジズ解散後、ペイジとジョージは新たなメンバーにスティーヴ・ファリスやパット・マステロットを迎えてMr.ミスターを結成、1984年にデビューした。

この直後、リチャード・ペイジはボビー・キンボールの後釜としてTOTOのボーカリストに、ピーター・セテラの後釜としてシカゴのボーカリスト/ベーシストに誘われた。両者とも超大物バンドであり、ペイジにとっては大出世の話だったが、自身のバンドを続けるためにいずれも断っている。

1985年、2作目のアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』からシングルカットされた「ブロークン・ウィングス」が全米1位を記録。続くシングル「キリエ」も1位、アルバムも1位の大ヒットとなり、バンドはブレイクした。

しかし1987年のアルバム『ゴー・オン』は意欲作だったもののセールスに恵まれなかった。このアルバムには、リチャード・ペイジたちが矢沢永吉に提供した「サムシング・リアル」をカバーしている。

1989年にスティーヴ・ファリスが脱退。バジー・フェイトンが参加し、次作『PULL』をレコーディングしたが、レコードレーベルがリリースを拒否し、お蔵入りとなってバンドは解散した。なお、お蔵入りとなった『PULL』はその後2010年にリチャード・ペイジの自主レーベルからリリースされ、20年の時を経て晴れて日の目を見ることとなった。

その後、それぞれのメンバーはスタジオ・ミュージシャンとしての活動を再開した。

リチャード・ペイジは、マドンナのシングル「アイル・リメンバー」の作曲を手助けした。これを機に知り合った著名なプロデューサー、パトリック・レナードとバンド「Third Matinee」を組み、アルバム『Meanwhile』を1994年にリリース。その後はソロとして1996年に『シェルター・ミー』を発表するが、どちらもセールスに恵まれなかった。2003年には、竹内まりやの「純愛ラプソディ」を英語でカバーしている。 また、2012年からはリンゴ・スターのリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドにもベーシストとして参加。2013年2月に行われた日本公演では「キリエ」「ブロークン・ウィングス」などを披露した。

スティーヴ・ファリスは、1997年にはホワイトスネイクのツアーにギタリストとして参加、その他にも2000年にはドン・ヘンリーのツアーに参加もしている。

スティーヴ・ジョージは、1991年-1997年までケニー・ロギンズの音楽ディレクターとしての仕事をし、1999年にはジュエルのツアーに参加。それ以後はソロ・アルバムをリリースする計画をすすめている。

パット・マステロットは、Mr. ミスター解散後、キング・クリムゾンのドラマーとして活躍している。

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『アイ・ウェア・ザ・フェイス』 - I Wear the Face (1984年)
  • 『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』 - Welcome to the Real World (1985年)
  • 『ゴー・オン』 - Go On... (1987年)
  • 『PULL』 - Pull (2010年)

シングル編集

  • "Talk the Talk" (1984年)
  • 「ハンターズ・オブ・ザ・ナイト」 - "Hunters of the Night" (1984年)
  • 「ブロークン・ウィングス」 - "Broken Wings" (1985年)
  • 「キリエ」 - "Kyrie" (1985年)
  • 「イズ・イット・ラブ」 - "Is It Love" (1986年)
  • 「ブラック/ホワイト」 - "Black/White" (1986年)
  • 「サムシング・リアル」 - "Something Real" (1987年)
  • "Healing Waters" (1987年)
  • 「ザ・ボーダー」 - "The Border" (1988年)
  • 「スタンド・アンド・ディリヴァー」 - "Stand and Deliver" (1988年)

外部リンク編集