メインメニューを開く

Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25

Mr.Children > Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25

Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』(ミスターチルドレン ドームアンドスタジアムツアー サンクスギビング 25)は日本バンドMr.Childrenの映像作品である。2018年3月21日トイズファクトリーよりDVDBlu-ray Discで発売[1]

Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25
Mr.Childrenライブ・ビデオ
リリース
録音 2017年9月9日
熊本県民総合運動公園陸上競技場
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース Mr.Children
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン・BD総合部門)
  • 週間2位(オリコン・DVD総合部門)
Mr.Children 映像作品 年表
Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く
(2017年)
Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017
Thanksgiving 25
(2018年)
Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
(2019年)
テンプレートを表示

概要編集

メジャーデビュー25周年を記念して開催し、Mr.Children史上最大規模の70万人を動員した全国ライブツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』を映像化した作品で、2017年9月9日熊本県民総合運動公園陸上競技場で行われたツアーファイナルの模様を収録している[1]。同会場で音楽イベントを開催したのはMr.Childrenが唯一であり、Mr.Childrenの映像作品が九州地方の公演になったのは初である。また、リリース前後に「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」「HANABI」「himawari」が、YouTubeのMr.Children公式チャンネルで順次公開された。

ツアー前半のドーム公演のみで披露された「箒星」「youthful days」「君が好き」「CROSS ROAD」「車の中でかくれてキスをしよう」「抱きしめたい」「Any」「こんな風にひどく蒸し暑い日」「跳べ」「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」「Marshmallow day」は収録されていない。

特典映像として、ベスト・アルバムMr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』の中から36曲と、シングル「ヒカリノアトリエ」と「himawari」を含め、合計38曲が収録されたミュージック・ビデオ集「Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25」が付属される[1][注釈 1]

2018年4月2日付オリコン週間ランキングで、BDが『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』以来2作ぶりとなる総合1位を獲得。また、初週売り上げも同作を3千枚上回る7万枚をマークし、バンドのBD自己最高セールスを更新した[2]

演奏編集

  • 桜井和寿:Vocal, Guitar
  • 田原健一:Guitar
  • 中川敬輔:Bass
  • 鈴木英哉:Drums
  • Sunny:Keyboards, Chorus
  • 小春 (チャラン・ポ・ランタン):Accordion
  • 山本拓夫:Saxophone, Flute
  • icchie:Trumpet, Trombone
  • 西村浩二:Trumpet
  • 四家卯大:Cello
  • 沖祥子:Violin

収録内容編集

本編 (Disc 1)編集

※はライブ初披露曲。☆はキーを半音下げた曲。

  1. <Prologue>
  2. OPENING
    自身の作品のジャケット写真、PV等の映像を組み合わせたコラージュ風の映像と共に、「innocent world」「Tomorrow never knows」「Over」「Dive」「光の射す方へ」「ヒカリノアトリエ」の一部がメドレー形式で流される。
  3. CENTER OF UNIVERSE
    ツアーでは『Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』以来、約4年ぶりに演奏された。
  4. シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
    単独公演では『Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-』以来、約10年ぶりに披露された。ラストサビ突入と同時に銀テープを飛ばす演出がある。
  5. 名もなき詩
    大型ツアーでは『Mr.Children TOUR 2011 "SENSE"』以来、約6年ぶりに演奏された。イントロの前に桜井和寿が一節を弾き語る。
  6. <MC>
  7. GIFT
    ツアーでは『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』以来、約5年ぶりに演奏された。歌詞の一部を換えて歌っている。
  8. Sign
    前曲と同様、約5年ぶりに演奏された。
  9. <MC>
    バンド「ヒカリノアトリエ」のメンバーがセンターステージに移動する。
  10. ヒカリノアトリエ
    1番はアコースティック・アレンジによる演奏。
  11. <MC>
    Mr.Childrenのメンバーのみセンターステージに残る。
  12. 君がいた夏
  13. innocent world
    ピアノによる前奏の後、桜井が1番のサビを歌い、改めて通常のイントロが始まる。
  14. Tomorrow never knows
  15. <MC>
  16. Simple
    桜井のみの演奏で、弾き語りの形で披露した。
  17. <VTR>
  18. 思春期の夏 〜君との恋が今も牧場に〜
    鈴木英哉によるボーカル曲で、ツアーでは『Mr.Children STADIUM TOUR -Hounen Mansaku- 夏祭り1995 空[ku:]』以来、約22年ぶりの演奏で初映像化となった。なお、同曲は桜井以外の全メンバーが参加している(鈴木はボーカルとドラムスを兼任)。
  19. 365日
    「GIFT」「Sign」と同様、約5年ぶりの演奏。また、過去のツアーで見られた統計データによる演出はなくなり、イントロはオリジナル寄りとなった。
  20. HANABI
    Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』時と同様、原曲キーでの演奏。
  21. <MC>
    DVDではここからDisc 2である。
  22. 1999年、夏、沖縄
    こちらも約5年ぶりの演奏。曲の途中にMCを挟んでいる。
  23. 足音 〜Be Strong
  24. ランニングハイ
  25. ニシエヒガシエ
    前奏で花火が打ち上げられる。
  26. ポケット カスタネット
  27. himawari
  28. Mr.Children Tour 2004 シフクノオト』や『Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜』時とほぼ同様のアレンジ。
  29. Printing
  30. Dance Dance Dance
  31. fanfare
  32. エソラ
    紙吹雪を飛ばす演出がある。
  33. <ENCORE>
  34. overture
  35. 蘇生
  36. <MC>
  37. 終わりなき旅
  38. ENDROLL
    退場曲は「himawari」と「忙しい僕ら」。なお、この2曲はドーム公演が開催された時点では未発売であった。

特典映像 (Disc 2)編集

  • Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25
  1. 君がいた夏
  2. 抱きしめたい
  3. Replay
  4. CROSS ROAD
  5. innocent world
  6. Tomorrow never knows
  7. 【es】 〜Theme of es〜
  8. シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~
  9. 花 -Memento-Mori-
  10. Everything (It's you)
  11. ニシエヒガシエ
  12. 終わりなき旅
  13. 光の射す方へ
  14. I'LL BE
  15. 口笛
  16. NOT FOUND
  17. 優しい歌
  18. youthful days
  19. 君が好き
  20. Any
    DVDではここからDisc 4である。
  21. HERO
  22. くるみ
  23. Sign
  24. 未来
  25. and I love you
  26. 箒星
  27. しるし
  28. フェイク
  29. 旅立ちの唄
  30. GIFT
  31. HANABI
  32. 花の匂い
  33. エソラ
  34. 祈り 〜涙の軌道
  35. 足音 〜Be Strong
  36. ヒカリノアトリエ
  37. himawari

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ミュージック・ビデオ集としては、1997年に発売された『music clips ALIVE』(VHS媒体)以来となり、DVD及びBlu-rayでの規格媒体でリリースされるのは、これが初となる。

出典編集