メインメニューを開く

Musical Academy(ミュージカル・アカデミー)は、ジャニーズ事務所に所属するジャニーズJr.内で結成されたダンスユニット。通称:MA(エムエー)[1]。リーダーは町田慎吾[2]

目次

概要編集

1999年3月、ミュージカル『PLAYZONE'99 Goodbye&Hello』に出演する、舞台中心に活躍していたジャニーズJr.がユニットとしてまとめられて誕生。雑誌でグループとして掲載された後、『ミュージックステーション』にも出演。以降『THE夜もヒッパレ』への準レギュラー出演などを通してMAとしての活動が本格化していった。初代メンバーには、大野智)や原知宏なども在籍していたが、その後メンバー交替を何度か繰り返した。

PLAYZONE』や『SHOCK』など舞台関連の仕事を中心に活動する一方、TOKIOのコンサート[1]や東山紀之のディナーショーなどのバックを務めた。2008年屋良朝幸がソロ活動に専念して以降は、MAとして米花剛史と町田慎吾の2人がKinKi Kids堂本光一のコンサートや歌番組でバックダンサーとして活動していたが、2012年7月に米花が事務所を退社し[3]、グループとしての活動はなくなった。

来歴編集

1999年3月

1999年8月

  • 関西ジャニーズJr.でMAのサポートグループ「Musical Academy WEST」が結成される。

1999年9月

  • 大野智、良知真次が脱退。屋良朝幸米花剛史が加入。
  • 『ジャニーズJr. 特急(109)投球(109)コンサート 東京ドームに大集合!!』で「眠らない夜」を披露。また日本テレビ『THE夜もヒッパレ』の準レギュラー出演がこの頃スタート。

1999年11月

  • Musical Academy WESTの大堀治樹が加入して6人編成となる。

1999年12月

  • コンサートでMAのサポートメンバーを務めてきた髙橋譲と松本淳一、Musical Academy WEST出身の(関西Jr.)、そして小原裕貴の4名が一気に加入。一時的に10人の大所帯となる。

2000年1月

  • 髙橋、松本、町田が事務所を退社して脱退。 そして福原も脱退となり、再び6人編成に。

2000年3月

  • 大堀が脱退し5人編成に。

2000年5月

  • 町田が『PLAYZONE'00 THEME PARK』にて、MAのサポートグループとして結成されたM.A.D.(初期メンバーの良知も所属)のリーダーとして事務所に復帰。

2000年7月

  • ミュージカル『PLAY ZONE'00 THEME PARK』で町田がMAに復帰。6人編成に。

2000年10月

  • 元MAメンバーの大堀、福原によって、MAの関西版グループ「M.A.O.」が結成される。

2000年10月15日

  • 小原が事務所を退社し、5人編成となる。

2000年12月

  • 原が事務所を退社し、秋山、町田、屋良、米花の4人編成となる。

2003年5月

  • 初の主演舞台『青木さん家の奥さん』を東京グローブ座で行う[1]

2005年8月

  • 初の単独ライブを品川ステラボールで開催。

2005年11月

  • 初の主演ミュージカル『FAME』を東京芸術劇場などで行う。

2008年3月31日

  • 秋山純が正式に事務所を退社[5]

2012年7月

  • 米花剛史が事務所を退社[3]

メンバー変遷編集

結成時
2000年春(『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SPRING VOL.7』刊行時)[6]
  • 秋山純、原知宏、町田慎吾、良知真次、米花剛史、屋良朝幸、髙橋譲、大堀治樹、福原一哉
2000年夏(『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SUMMER VOL.8』刊行時)[7]
  • 秋山純、原知宏、米花剛史、屋良朝幸、小原裕貴
2001年春(『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING VOL.9』刊行時)[8]
  • 秋山純、米花剛史、屋良朝幸、町田慎吾

出演編集

舞台編集

バラエティ番組編集

ラジオ編集

CM編集

  • プリングルズ(P&G) - 町田・米花

コンサート編集

  • Johnnys Theater “MA 1st LIVE 2005”
    • 2005年8月28日(追加公演2回を含む3回公演)
    • 品川プリンスホテル内の「Johnnys Theater」(ステラボール)にて初単独コンサートを開催。

脚注編集

  1. ^ a b c “「MA」が初めて4人揃っての舞台主演”. SANSPO.COM. (2003年3月11日). オリジナルの2003年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031003162053/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200303/gt2003031109.html 2016年1月31日閲覧。 
  2. ^ a b “MA秋山「負けてられない」”. スポーツ報知. (2007年4月7日). オリジナルの2007年5月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070517234231/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070407-OHT1T00052.htm 2016年4月17日閲覧。 
  3. ^ a b ジャニーズで活躍 米花剛史が30歳前に芸能界引退 スポニチ Sponichi Annex (2012年8月5日). 2012年8月5日閲覧。
  4. ^ 実際に初めてグループとして公に登場したのは雑誌『Mannish』のインタビュー[要文献特定詳細情報] で、そこで『PLAYZONE』に向けて結成されたことをそれぞれ語っている。[要出典]
  5. ^ “秋山純がジャニーズ辞めていた!”. SANSPO.COM. (2008年7月16日). オリジナルの2008年8月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080815081016/http://www.sanspo.com/geino/news/080716/gng0807160432001-n1.htm 2016年4月17日閲覧。 
  6. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SPRING』7巻 J-STATION、2000年、108-125頁。 
  7. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SUMMER』8巻 J-STATION、2000年、38-42頁。 
  8. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING』9巻 J-STATION、2001年、66-70頁。 
  9. ^ “MA舞台に登場”. デイリースポーツonline. (2003年4月15日). オリジナルの2003年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030415121001/http:/www.daily.co.jp/gossip/2003/04/15/078707.shtml 2016年4月17日閲覧。 
  10. ^ 「大切なことは『プレゾン』のステージで覚えたね」『Top Stage』第2巻2003年8月号、東京ニュース通信社、2003年、 10-11頁。
  11. ^ “ジャニーズMA「真夏の夜の夢」主演”. SANSPO.COM. (2004年3月10日). オリジナルの2004年4月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040401131125/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200403/gt2004031006.html 2016年4月17日閲覧。 
  12. ^ 「ここで学んできたことは、僕らの大きな財産です」『Top Stage』第24巻2005年8月号、東京ニュース通信社、2005年、 12-13頁。
  13. ^ MA主演 ミュージカル『FAME』製作発表”. シアターガイド (2005年10月6日). 2016年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  14. ^ MA主演 ミュージカル『FAME』公開舞台稽古”. シアターガイド (2005年11月19日). 2016年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  15. ^ MA主演『FAME』公開舞台稽古”. シアターガイド (2006年11月22日). 2016年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  16. ^ 「“『SHOCK』カンパニー”の一員として…」『Top Stage』第31巻2006年3月号、東京ニュース通信社、2006年1月27日、 13-15頁。
  17. ^ “「NARUTO」をミュージカル化 5月4日から上演”. asahi.com. (2006年4月27日). http://www.asahi.com/culture/stage/theater/TKY200604270256.html 2016年4月17日閲覧。 
  18. ^ MA主演『サバイバル☆アイランド』製作発表”. シアターガイド (2007年4月13日). 2016年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  19. ^ “MA、4人舞台に初挑戦…5・11池袋で開幕「サバイバル〜」”. SANSPO.COM. (2007年2月27日). オリジナルの2003年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070219024216/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200702/gt2007021706.html 2016年4月17日閲覧。 
  20. ^ a b c 『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SPRING』7巻 J-STATION、2000年、108-125頁。 
  21. ^ a b c 『ジャニーズジュニア名鑑 2000 SUMMER』8巻 J-STATION、2000年、188-189頁。 
  22. ^ 『ジャニーズジュニア名鑑 2001 SPRING』9巻 J-STATION、2001年、66-70頁。 
  23. ^ 東山紀之のカヴァーソングコーナーにバックダンサーとして出演[要出典]