N-アセチルノイラミン酸

N-アセチルノイラミン酸(N-Acetylneuraminic acid、Neu5Ac、NeuAc、NANA)は、ガングリオシドの分解で得られるアミノ糖であり、(N-アセチルノイラミン酸はセラミドと結合することによってガングリオシドを生じる。)シアル酸の最も多い型である。(2番目はN-グリコリルノイラミン酸。)

N-アセチルノイラミン酸
識別情報
CAS登録番号 131-48-6 チェック
PubChem 439197
ChemSpider 392681 チェック
MeSH N-Acetylneuraminic+Acid
ChEBI
特性
化学式 C11H19NO9
モル質量 309.27 g mol−1
精密質量 309.105981
外観 白色の結晶性粉末
融点

186 °C (分解)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

この化学種の負電荷型は体内の器官をコーティングする粘液質の素になっている。Neu5Acは、侵入する病原菌に対して囮として作用する役割があり、その動作体であるガングリオシドの構造に分布している。

インフルエンザA型ウイルスおよび一部のコロナウイルス(OC43、HKU1)が結合する糖鎖分子である。細胞表面上の糖鎖末端のNeu5Acは、感染を開始する受容体として機能する[1]

脚注編集

  1. ^ 高橋忠伸, 「インフルエンザウイルスが結合する糖鎖分子の機能解明」『ウイルス』 66巻 1号 2016年 p.101-116, 日本ウイルス学会, doi:10.2222/jsv.66.101

関連項目編集

外部リンク編集