NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘

NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘』(ながさき 1945 あんぜらすのかね)は、2005年9月に虫プロダクションにより製作された長編アニメ映画である。

NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘
監督 有原誠治
脚本 在原誠治
製作 虫プロダクション
出演者 小林桂樹(ナレーション)
伊藤健太郎
音楽 小六禮次郎
上映時間 80分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

秋月辰一郎(1916年(大正5年) - 2005年(平成17年))は、日本の医師で、元長崎聖フランシスコ病院院長である。長崎へ原爆が投下された当時、自らも被爆しながら、医師として負傷した被爆者の治療にあたった。また、医師のかたわら、原爆の証言の収集を長年に渡って行った。アンゼラスの鐘とは、長崎市爆心地近くに建っていた浦上天主堂の鐘のことである。原爆によって天主堂は倒壊し、がれきに埋もれた鐘は後に掘り出され、現在天主堂そばに保管されている。本作品は、2005年(平成17年)に被爆60周年を記念して製作された[1]。本作品は、秋月が体験した被爆と医療救護活動をアニメ化したものである[2]

声の出演編集

スタッフ編集

  • 監督・脚本・絵コンテ:有原誠治
  • 企画・製作:寺島鉄夫・伊藤叡・保坂陽一・滝元将・友川千寿美
  • プロデューサー:藤田正明
  • キャラクターデザイン・作画監督:小野隆哉
  • 美術監督:中村光毅、阿久津美津代
  • 音楽:小六禮次郎
  • 音楽制作:カンパニーAZA
  • 彩色設定:あさみゆうこ、西川裕子
  • 撮影監督:山口利明
  • 編集:坂本雅紀(森田編集室)
  • 音響監督:水元完
  • 音響制作:ザック・プロモーション
  • アニメーション制作:虫プロダクション

脚注編集

  1. ^ 秋月辰一郎
  2. ^ » 作品について

参考文献編集

  • 「NAGASAKI・1945~アンゼラスの鐘~」、「長崎原爆記」、「死の同心円」、いずれも秋月辰一郎

関連項目編集

外部リンク編集