NAMエア (NAM Air) は、インドネシア共和国首都ジャカルタ中部に位置するグヌン・サハリ地区に本社を置く航空会社である。

NAMエア/ナムエア (NAM Air)
LOGO NAM HORIZONTAL.png
IATA
IN
ICAO
NIH
コールサイン
NAM
設立 2013年12月11日
ハブ空港 スカルノハッタ国際空港
航空連合 未加盟
親会社 スリウィジャヤ航空
保有機材数 10機
就航地 32都市
本拠地 インドネシアの旗 インドネシア ジャカルタ
代表者

Jefferson Jauwena (CEO)

Chandra Lie (President Commissioner)
外部リンク http://www.sriwijayaair.co.id/
テンプレートを表示

スリウィジャヤ航空の姉妹企業で、同社が就航していない航路を多く手掛けている。また、インドネシア民間航空局が評価する安全性分野においてカテゴリー1の航空会社として評価されている。

なお、「NAMエア」はチャンドラ・リーの父ロ・クイ・ナムにちなんで命名された。

歴史編集

 
NAMエアのボーイング737-500、スリウィジャヤ航空の姉妹企業である。

NAMエアは、2013年9月26日にスリウィジャヤ航空の子会社として設立された。 11月29日には、航空運送事業の経営許可を取得し、12月11日パンカルピナンからジャカルタの間において初就航した。

関連企業編集

NAMエアのほかに、「NAM」でという名称を使用するスリウィジャヤ航空グループの関連企業が存在する。

 
NAMフライングスクールロゴ。
  • NAM Flying School - 航空学校、NAMフライングスクールとも呼ばれる。
  • NAM Training Centre- スリウィジャヤ航空の本社に隣接する訓練施設、NAMトレーニングセンターとも呼ばれる。
  • Sriwijaya Maintenance Facility - スリウィジャヤ航空とNAMエアの機体整備を行う。
  • Negeri Aksara Mandiri - スリウィジャヤ航空グループの機内雑誌を作成している。

保有機材編集

 
NAMエア737-500

NAMエアの機材は以下の航空機で構成される ・(2017年1月現在)[1]

機 種 保有数 発注数 座席数 備考
F C Y
ボーイング 737-500 8 8 112 120
ATR72-600 2 10 TBA TBA [2]
10 10

ギャラリー編集

脚注編集

外部リンク編集