NBAスラムダンクコンテスト

NBAスラムダンクコンテスト(公式名称はスプライトスラムダンク)はNBAオールスターウィークエンドの土曜日に行われるスラムダンクコンテストである。出場者が独創性などを織り込みながらダンクシュートを競う。

スラムダンクコンテストが初めて開催されたのは1976年ABAオールスターゲームのことだった。初代チャンピオンはジュリアス・アービングだったが、翌年にはABAがNBAに吸収されたため、コンテストは短命に終わっている。その後、1984年にNBAにおいてスラムダンクコンテストが初めて開催された。1997年以降、目新しいパフォーマンスが少なくなったことから2年間開催されなかったが、2000年に復活。近年大物選手の出場は減っており、スターへの登竜門として若手選手の活躍の場となっている。2014年は東西対抗のチーム戦形式となった。

最多優勝記録は2009年まではドミニク・ウィルキンスマイケル・ジョーダンハロルド・マイナージェイソン・リチャードソンの2回であったが、2010年のオールスターでネイト・ロビンソンが優勝したため、ロビンソンの3回となった。またこの優勝でロビンソンは連覇を達成し、ジョーダンとリチャードソン、ロビンソンは2年連続で優勝している。

マイケル・ジョーダン、ブレント・バリーコービー・ブライアントの3人は、スラムダンクコンテストとNBAファイナルの両方で優勝を経験している。

最も身長が低い優勝者は1986年のスパッド・ウェブで168cm。

歴代チャンピオン編集

* 殿堂入り
^ 現役選手
Year Player Team
1984 ラリー・ナンス フェニックス・サンズ
1985 ドミニク・ウィルキンス* アトランタ・ホークス
1986 スパッド・ウェブ アトランタ・ホークス
1987 マイケル・ジョーダン* シカゴ・ブルズ
1988 マイケル・ジョーダン* (2) シカゴ・ブルズ
1989 ケニー・ウォーカー ニューヨーク・ニックス
1990 ドミニク・ウィルキンス* (2) アトランタ・ホークス
1991 ディー・ブラウン ボストン・セルティックス
1992 セドリック・セバロス フェニックス・サンズ
1993 ハロルド・マイナー マイアミ・ヒート
1994 アイザイア・ライダー ミネソタ・ティンバーウルブズ
1995 ハロルド・マイナー (2) マイアミ・ヒート
1996 ブレント・バリー ロサンゼルス・クリッパーズ
1997 コービー・ブライアント* ロサンゼルス・レイカーズ
1998 未開催
1999 ロックアウトによりオールスター中止
2000 ヴィンス・カーター トロント・ラプターズ
2001 デズモンド・メイソン シアトル・スーパーソニックス
2002 ジェイソン・リチャードソン ゴールデンステート・ウォリアーズ
2003 ジェイソン・リチャードソン (2) ゴールデンステート・ウォリアーズ
2004 フレッド・ジョーンズ インディアナ・ペイサーズ
2005 ジョシュ・スミス アトランタ・ホークス
2006 ネイト・ロビンソン ニューヨーク・ニックス
2007 ジェラルド・グリーン ボストン・セルティックス
2008 ドワイト・ハワード^ オーランド・マジック
2009 ネイト・ロビンソン (2) ニューヨーク・ニックス
2010 ネイト・ロビンソン (3) ニューヨーク・ニックス
2011 ブレイク・グリフィン^ ロサンゼルス・クリッパーズ
2012 ジェレミー・エバンス ユタ・ジャズ
2013 テレンス・ロス^ トロント・ラプターズ
2014 ジョン・ウォール^ ワシントン・ウィザーズ
2015 ザック・ラヴィーン^ ミネソタ・ティンバーウルブズ
2016 ザック・ラヴィーン^ (2) ミネソタ・ティンバーウルブズ
2017 グレン・ロビンソン3世^ インディアナ・ペイサーズ
2018 ドノバン・ミッチェル^ ユタ・ジャズ
2019 ハミドゥ・ディアロ^ オクラホマシティ・サンダー
2020 デリック・ジョーンズ・ジュニア^ マイアミ・ヒート
2021 アンファニー・シモンズ^ ポートランド・トレイルブレイザーズ

最多優勝者編集

# Player Times Years
1 ネイト・ロビンソン 3 2006, 2009-2010
2 ザック・ラヴィーン^ 2 2015-2016
ジェイソン・リチャードソン 2002-2003
ハロルド・マイナー 1993, 1995
マイケル・ジョーダン* 1987-1988
ドミニク・ウィルキンス* 1985, 1990

関連項目編集

脚註編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集