NCAA男子バスケットボールオールアメリカン

NCAA男子バスケットボールオールアメリカンチーム (英語: NCAA Men's Basketball All-Americans teams) は、全米大学体育協会 (NCAA) のバスケットボール選手で構成されるチームで、様々な団体から全米で最も優秀だった選手らが選ばれている。また選出された選手の多くは、世界最高のバスケットボールリーグNBAへの道に進む。

歴史編集

カレッジ・バスケットボールにおけるオールアメリカ英語版・チームは、1929年College Humor英語版とクリスティ・ウォルシュ・シンジケートの両誌によって初めて選出された。1932年、コンバース社が毎年発行する「コンバース・バスケットボール年鑑」にオールアメリカンチームの掲載を開始し、1983年に年鑑の発行を停止するまで継続した。1936年に設立されたヘルムズ・アスレチック財団は、1905年から35年まで遡ってオールアメリカ・チームを選出し、さらに1983年まで命名を継続した[1]。また、AP通信社は1948年にチームセレクションの選出を開始した[1]

コンセンサス・チーム編集

1905年に創設され、現在4つの組織、AP通信 (AP)、全米バスケットボールコーチ協会 (NABC)、全米バスケットボールライター協会 (USBWA)、スポーティングニュース (SN) が投票によって個々選出している。また、4つの組織が合意によって選出するオールアメリカン・コンセンサスファーストチームとセカンドチームがある。日本人でコンセンサスチームに選出されたのは八村塁だけである。AP通信社はチーム選出の他に、優秀だった選手に選外佳作賞 (AP honorable mention) を設けいている。

投票基準は、1stチームの投票で3ポイント、2ndチームの投票で2ポイント、3rdチームの投票で1ポイントを得る。ポイントの合計で上位5選手が1stチームを構成し、続く5選手が2ndチーム、更に続く5選手が3rdチームとなる[2]

1905年から1928年までは、ヘルムズ・アスレチック財団選出によるオールアメリカ・チームが、その年のNCAA「公式」チームとされていた。

コンセンサスチームの大学別選出回数編集

全米大学でコンセンサスチームで選出された選手が最も多い上位10校

大学 選出回数 選出選手数 最新受賞者
カンザス大学 (ジェイホークス) 30 23 2018年 (デヴォンテ・グラハム)
ノースカロライナ大学 (ターヒールズ) 27 18 2017年 (ジャスティン・ジャクソン)
ケンタッキー大学 (ワイルドキャッツ) 26 21 2016年 (タイラー・ユリス)
パデュー大学 (ボイラーメイカーズ) 26 18 2017年 (ケイレブ・スワニガン)
デューク大学 (ブルーデビルズ) 24 21 2019年 (R・J・バレット, ザイオン・ウィリアムソン)
ペンシルベニア大学 (クエーカーズ) 24 14 1953年 (アーニー・ベック)
ノートルダム大学 (ファイティングアイリッシュ) 23 14 2015年 (ジェリアン・グラント)
ウィスコンシン大学 (バジャーズ) 21 18 2015年 (フランク・カミンスキー)
UCLA (ブルーインズ) 21 15 2017年 (ロンゾ・ボール)
コロンビア大学 (ライオンズ) 19 13 1957年 (チェット・フォルテ)

アカデミック・オールアメリカンズ編集

アカデミック・オールアメリカは、学生アスリートを表彰するプログラムである。このプログラムは、特定シーズンにおいて学業成績およびスポーツで文武ともに優秀な選手は、「アカデミック・オールアメリカン」の称号を与えられている。CoSIDA英語版によって、NCAAのディビジョンⅠ、ディビジョンII、ディビジョンIIIに所属する男女の選手およびNAIAの選手らがそれぞれ各ディビジョンごとに選出されている。

カレッジ・バスケットボールでは1963年に初めてアカデミック・オールアメリカン・バスケットボールチームが選出された。

脚註編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Men's Basketball All-Americans
  2. ^ 2009–10 NCAA Statistics Policies(updated 9/2/2009)”. National Collegiate Athletic Association (2009年9月2日). 2010年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月26日閲覧。

外部リンク編集