メインメニューを開く

NEOマシンガンズ(ネオ・マシンガンズ)は、NEO女子プロレスに所属するプロレスラーによるタッグチームである。

目次

概要編集

ともにNEO女子プロレスに所属するタニー・マウス宮崎有妃によるタッグチームで、2000年宮崎がNEOに加入して2001年に結成された。チーム名はタニーが大ファンである漫画「キン肉マン」におけるキン肉マンテリーマンのタッグ「ザ・マシンガンズ」に由来する。

それまでタニーは武蔵野高校の後輩である中野知陽呂大日本)と「チーム武蔵野」の名でタッグを組んでいたが、中野の長期離脱のため何度かタッグパートナーを試した結果、宮崎に落ち着いた。

NEOマシンガンズとして全日本タッグ王座を皮切りにタッグタイトルを次々と獲得。NEOを代表するタッグチームとして活躍している。また、ラス・カチョーラス・オリエンタレスとのハードコアマッチも経験している。

同じくNEO所属の田村欣子を加えて「わたしたチーズ」としても活動する。

タッグ結成以来マシンガンズの直接対決はシングル・タッグともになかったが、2010年5月5日の10周年記念大会にてバトルロイヤルで最後の2人となり、タニーが宮崎を丸め込み勝利。

2010年12月31日のNEO最終興行を最後にタニー、宮崎ともに引退するため解散となる。最後の興行ではNEOマシンガンズとして最後の試合と最初で最後の「マシンガンズ対決」が組まれる。

NEOマシンガンズで獲得したタイトル編集

NEOマシンガンズ軍編集

2007年2月18日に川崎市体育館で行われた「NEO WORLD 2007」において、「NEOマシンガンズ軍」を結成。さくらえみ率いる「さくらリボン軍」とツインリング採用時間差バトルロイヤル・ルールの「7vs7全面対抗戦」で対決した。

NEOマシンガンズ軍のメンバーは、タニー、宮崎、闘牛・空チェ・リー趙雲子龍豊田真奈美希月あおい

その他編集

  • 後に西千明Jd')とアキュート冴JWP)で「反マシンガンズ同盟」が結成され、NEOマシンガンズと抗争を繰り広げた。
  • 2007年には「“中国版”NEOマシンガンズ」と呼ばれる偽モノも現れた。
  • プロレスリングWAVEでは、GAMI&木村響子が「スーパー・アフロ・マシンガンズ」を結成して本家と対戦したこともある。