NGC 4618

りょうけん座の方角にある銀河

NGC 4618は、りょうけん座の方角にある歪んだ矮小銀河である。この銀河は、かつては渦巻銀河と構造が似るSm銀河として分類されていた。この銀河は、マゼラン雲と似ていることから、マゼラン渦巻銀河と呼ばれることもある。

NGC 4618
ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNGC 4625の画像
ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNGC 4625の画像
星座 りょうけん座[1]
見かけの等級 (mv) 11.2[2]
視直径 4'.2 × 3'.4[2]
分類 SB(rs)m[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  12h 41m 32.8s[2]
赤緯 (Dec, δ) +41° 09′ 03″[2]
赤方偏移 544 ± 1 km/s[2]
他のカタログでの名称
IC 3667,[2] UGC 7853,[2] PGC 042575,[2] Arp 23,[2] VV 73[2]
Template (ノート 解説) ■Project

構造編集

大部分の渦巻銀河と異なり、NGC 4618は1本の渦状腕のみを持ち、非対称的な外見である[3]。この銀河は、近隣の1本腕銀河の3つの例の1つとして、アープ・アトラスに収録されている[4]。NGC 4618は特異銀河とされるが、似た銀河は多く確認されている。

この銀河の非対称構造は、NGC 4625との重力相互作用の結果である可能性が指摘されている[3]。このような非対称構造は、多くの相互作用銀河で共通に見ることができる。しかし、NGC 4618とNGC 4625の中の中性水素の観測では、NGC 4618の光学円盤の外のガスのごく一部だけが重力相互作用の影響を受けていることが示唆されている[5]。これは、NGC 4618の1本腕が銀河自体の固有の過程に由来する可能性を示している。

周囲編集

前述のように、NGC 4618はNGC 4625と相互作用している[3]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ R. W. Sinnott, editor (1988). The Complete New General Catalogue and Index Catalogue of Nebulae and Star Clusters by J. L. E. Dreyer. Sky Publishing Corporation and Cambridge University Press. ISBN 0-933346-51-4 
  2. ^ a b c d e f g h i j k NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 4618. 2006年11月15日閲覧。
  3. ^ a b c A. Sandage, J. Bedke (1994). Carnegie Atlas of Galaxies. Washington, D.C.: Carnegie Institution of Washington. ISBN 0-87279-667-1 
  4. ^ H. Arp (1966). “Atlas of Peculiar Galaxies”. Astrophysical Journal Supplement 14: 1-20. Bibcode1966ApJS...14....1A. doi:10.1086/190147. 
  5. ^ S. J. Bush, E. M. Wilcots (2004). “Neutral Hydrogen in the Interacting Magellanic Spirals NGC 4618 and NGC 4625”. Astrophysical Journal 128 (6): 2789-2796. arXiv:astro-ph/0409209. Bibcode2004AJ....128.2789B. doi:10.1086/425876. 

座標:   12h 41m 32.8s, +41° 09′ 03″