NHKナイトニュース

NHKナイトニュース(エヌエイチケイ ナイトニュース)は、1988年10月1990年3月にかけてNHK総合テレビで放送された最終ニュース番組。毎日24:00終了だが、番組本編は正式には23時57分30秒で終了する。

概要編集

1988年4月から『NHKニュースTODAY』(21:00 - 22:20)と最終ニュース(23:35 - 24:00、別称「NHKニュース&コメンタリー」。新聞では「ニュースと解説」と表記)を編成していたが、その半年後、『TODAY』が20分短縮して22時終了となり、最終ニュースの放送時間を40分に拡大、『ナイトニュース』とタイトルを付した。平日には「ニュースと解説」時代では充分に伝えきれなかったスポーツニュースを充実化させている。

1989年4月からは平日の放送時間が「ニュースと解説」時代の25分枠に縮小。スポーツニュースを独立させて「スポーツタイム」(22:45 - 23:00)がスタートした。

キャスターは最初の半年間を名取将(現・フリーアナウンサー、ナレーション声優)が務めていた(平日のみ)。

なお、エンディングの音楽は番組終了後も1992年3月末まで土・日曜日最終のNHKニュースのエンディングにも使われていた。

放送時間編集

  • 1988年10月 - 1989年3月 23:20~23:57(平日)、23:35~23:57()、23:45~23:57(
  • 1989年4月 - 1990年3月 23:35~23:57(~土)、23:45~23:57(日)
    • なお、基本的に1日の最終番組であったが、放送開始から1989年(昭和64年1月6日)の期間は、当番組終了(その後11月から暫定措置として、午前1時前後まで定時番組を放送)後、昭和天皇ご容体』のニュースが1時間おきに放送され、その間は皇居や都内各地のお天気カメラフィラー映像が流れていた。
      また、昭和天皇御崩御後も1989年(平成元年)3月まで随時「昭和の時代を映し出したドキュメンタリーやドラマ」といったアンコールが放送され、その場合は午前1時前後まで延長放送をしたことがあった。

流れ編集

平日の場合。休日に関しては一部変則

1988年10月から1989年3月編集

  • 23:20-23:30 その日1日のまとめのニュース
  • 23:30-23:35 ローカルニュース・天気予報
  • 23:35-23:45ごろ 解説(NHK解説委員持ち回り)
  • 23:45ごろ-23:53ごろ スポーツニュース
  • 23:53-24:00 天気予報・明日の予定

1989年4月から1990年3月編集

  • 23:35-23:45 解説(途中、解説の前にまとめの全国ニュースを放送していたこともあった)
  • 23:45-23:50 ローカルニュース
  • 23:50-24:00 その日のまとめの全国ニュース・天気予報・明日の予定
NHK総合テレビジョン 月曜日-金曜日23:20-23:58枠(1988年度下半期)
前番組 番組名 次番組
(月)「大リーグアワー」(22:40-23:35)
(火)「芸を語る」(23:10-23:35)
(水)「テレビエッセー 出会い」(23:20-23:35)
(木)「ザッツ・ミュージック」(23:10-23:35)
(金)「テレビ文学館」(23:10-23:35)
(帯)NHKローカルニュース(23:35-23:40)
(帯)NHKニュース(全国ニュース)&コメンタリー(23:40-23:58)
NHKナイトニュース
(23:05-23:35)
(月)「日本・出会い旅
(火)「漫画で読む古典
(水)「遊々専科
(木)「国宝への旅
(金)「お笑い指定席
(23:35-23:58・帯)「NHKナイトニュース」
NHK総合テレビジョン 月曜日-金曜日23:35-23:58枠(1989年度)
前番組 番組名 次番組
「NHKナイトニュース」(23:20-23:58)
※時間を短縮
NHKナイトニュース
ミッドナイトジャーナル」(23:00-23:58)