メインメニューを開く

NHKニュース11』(エヌエイチケイ ニュース・イレブン)は、1994年4月4日から2000年3月24日までの期間、NHK総合テレビジョンで放送された日本時間23時台のニュースワイド番組である。

NHKニュース11
ジャンル 報道番組
出演者 藤田太寅
松平定知
小平桂子アネット
久保純子
青山祐子 ほか
歴代キャスターを参照)
オープニング 以下を参照
エンディング 同上
制作 日本放送協会(NHK)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年4月4日 - 2000年3月24日
放送時間 放送時間を参照

目次

概要編集

第1期(1994年度)編集

スタート当初は1994年4月4日から1995年3月31日まで23:00 - 23:15(以下全てJST)の15分番組で、その日のニュースをコンパクトにまとめたコーナーと解説を放送。司会は藤田太寅解説委員。音楽は杉本竜一が担当。

第2期(1995 - 1999年度)編集

スポーツタイム』(第2期)を吸収して22:55 - 23:25(23:25から23:30まではローカル)となり、NHKの報道番組として初めてのフライングスタートとなった。メイン司会は松平定知(1991年に暴行事件を起こし、表舞台の仕事が激減していた松平は本番組で本格的に復帰を果たした)。公式には司会者の冠番組ではないが、新聞番組表には「ニュース11・松平定知」とクレジットされた。松平の視聴者に語りかけるような独特の語り口を前面に押し出し、タイムドキュメントコーナーを取り入れるなど、NHKとしては異色の報道番組となった。音楽は吉川洋一郎が担当。1996年4月から解説部分を外し(当番組終了後、『あすを読む』として分離・独立)

本番組のスポーツキャスターだった久保純子が1998年に『第49回NHK紅白歌合戦』の紅組司会を担当、応援ゲストに松平が登場する場面もあった。

2000年3月、『NHKニュース10』の放送開始を機に番組は終了し、23時台は『23時のNHK』としてドラマやバラエティーなどの深夜のゴールデンタイム枠を目指した内容を放送しているが、2006年3月で『ニュース10』が終了し、同4月から21時台の報道新番組(『ニュースウオッチ9』)を含めた大幅な夜間深夜枠の改革実施により、23:30 - 24:00に『スポーツ&ニュース』として復活した(2007年3月終了。その後『(きょうの)ニュース&スポーツ』として2007年4月リニューアル開始、2010年3月に終了→現:ニュースチェック11)。

放送時間編集

括弧内の放送時間はローカルニュース。

平日編集

  • 1994年4月-1995年3月 23:00 - 23:15
  • 1995年4月-1995年9月 22:55 - 23:25(23:25 - 23:30)
  • 1995年10月-1996年3月 22:55 - 23:30(23:30 - 23:35)
  • 1996年4月-2000年3月 23:00 - 23:35(22:55 - 23:00)23:35 - 23:45『あすを読む

祝日編集

  • 1994年4月-1996年3月
  • 1996年4月-2000年3月 23:00 - 23:25(22:55 - 23:00)

主なコーナー編集

  • 「11特集」
  • 「11スポーツ」

歴代キャスター編集

年度 メイン メイン代行 スポーツ 気象情報
1994 藤田太寅 (不在)
1995 松平定知 石戸谷健一 小平桂子アネット 田口晶彦
1996 久保純子
1997 福井慎二 高田斉
1998 明石勇 田代大輔
1999 田中孝宜 青山祐子 平井信行
備考
NHK総合テレビ ニュース解説番組
前番組 番組名 次番組
NHKニュース11
あすを読む
(当番組から解説コーナーを分離・独立化)