NHKモーニングワイド

NHKモーニングワイド』(エヌエイチケイ モーニングワイド)は、1988年4月4日[1][2][3]から1993年4月4日[4][5]まで放送されたNHK総合テレビ朝の情報番組報道番組である。総合テレビのほか、BS2でも試験放送の時代から放送されていた。

NHKモーニングワイド
ジャンル 朝の情報番組 / 報道番組
出演者 出演者を参照
製作
制作 日本放送協会(NHK)
(放送:総合テレビBS2
放送
放送国・地域日本の旗 日本
NHKモーニングワイド【平日・土曜版】
放送期間1988年4月4日 - 1993年4月3日
放送時間月曜 - 土曜 6:00 - 8:15
放送分135分
NHKモーニングワイドサンデー【日曜版】
放送期間1991年4月7日 - 1993年4月4日
放送時間日曜 7:00 - 7:50
放送分50分
テンプレートを表示

概要編集

それまで6時の放送開始直後[注釈 1]に放送していた『NHKニュース』(6:00 - 6:15、6:10 - 6:15は県域ローカル)、6:15 - 6:44に放送していた農漁村向けの情報番組『にっぽん列島朝いちばん』、6:45 - 8:15に放送していた『NHKニュースワイド』の3番組を統合。6:00 - 8:15に時間枠を延長して誕生した。番組内容についてはこれら各番組の流れを踏襲している[6]

1991年4月7日からは、それまでの『NHKおはようサンデー』に代わり、7時台に『NHKモーニングワイドサンデー』として日曜版が開始。

1993年4月からは、『NHKモーニングワイド』に代わり『NHKニュースおはよう日本』となった。

出演者編集

メインキャスター編集

「NHKモーニングワイド」メインキャスターの変遷
期間 平日 土曜日 日曜日
6時台 7・8時台 6時台 7・8時台
1988.04.04 1989.01.06 和田郁夫
桜井洋子2
川端義明1
宮崎緑3
(放送なし)
1989.01.09 1989.04.01 川端義明1
黒田あゆみ4・5
1989.04.03 1990.03.31 川端義明 松平定知
上田早苗
石澤典夫
黒田あゆみ
1990.04.02 1991.03.30 宮田修
上田早苗
石澤典夫 石澤典夫
平野啓子6
1991.04.01 1991.05.26 佐藤淳
草野満代
松平定知9
草野満代
山下信
小谷真生子8
宮川泰夫7
小谷真生子8
平野啓子6
1991.05.27 1991.06.09 佐藤淳9
草野満代
1991.06.10 1992.04.01 黒沢保裕
草野満代
佐藤淳
草野満代8
1992.04.02 1993.04.04 山下信
草野満代8
末田正雄
小谷真生子8

備考

  • 1 日曜朝帯のニュースも担当。
  • 2 『NHKニュースワイド』から続投。
  • 3 産休のため1988年(昭和63年)12月24日降板[7][8]
  • 4 渡邊あゆみの旧姓。
  • 5 昭和天皇崩御に伴う報道特別番組のため、1週遅れて1月14日から登板[9]
  • 6 7:30(首都圏ローカル枠)からの担当。その後、石澤(後に宮川)と共にキャスター席に着いて登場するようになる。
  • 7 『NHKおはようサンデー』から続投。
  • 8 平日の『NHKニュースおはよう日本』も続投。
  • 9 松平個人の不祥事に伴う。松平は1991年(平成3年)5月24日付で降板。
  • 当時は祝日が平日であっても、現在のように土日のキャスターが担当するのではなく、通常と同じ平日版のキャスターが担当していた。
  • 宮崎・平野・小谷はフリーランス。和田はNHK記者(当時)、それ以外はNHKアナウンサー(当時)。

道路交通情報(関東ローカル枠)編集

関東ローカル枠の6:58頃と7:32頃東京千代田区九段の千代田会館1Fにある財団法人日本道路交通情報センターの九段センターと専用の中継回線で繋ぎ、九段センターのキャスターが首都圏の道路交通情報を伝えた(後番組の『おはよう日本』でも放送)。BS放送にもそのまま放送されていた。

男性
女性

各年度のタイムテーブル編集

タイムテーブルはNHKクロニクル掲載の番組表を参照に記述。

1988年度編集

  • この年度は7時までは衛星第2テレビ、7時以降は衛星第1テレビで放送していた(後者は『ワールドニュース』の一部として放送)。BSは7:30で飛び降り。
    • 6:00 オープニング・ニュース
    • 6:10 ローカルニュース・天気予報
    • 6:15 にっぽん列島ピックアップ(前半パート、『にっぽん列島朝いちばん』を引き継いだ農漁村向けの情報コーナー)
    • 6:30 ヘッドライン(ニュース・経済情報・天気予報)
    • 6:34 ローカルの天気予報
    • 6:37 にっぽん列島ピックアップ(後半)
    • 6:48 スポーツ
    • 6:53:30 全国の天気予報
    • 6:55 ローカルニュース・天気予報
    • 6:59:55 時報
    • 7:00:03 オープニング・ニュース・海外のニュース・経済情報・スポーツ
    • 7:30 - 7:50 ローカルニュース枠(首都圏はニュース・天気予報・交通情報、7:35以降は中継・リポートとニュース・天気予報)
    • 7:50 海外のニュース
    • 8:00 ニュース・列島中継
  • 1989年1月7日の昭和天皇の危篤・崩御の当日放送では、NHKニュースとして放送して、NHKモーニングワイドとしては休止であった[10]

1989年度編集

    • 6:00 オープニング・ニュース・経済情報・天気予報
    • 6:10 ローカルニュース・天気予報(但し、放送内容は地域によって格差があるので御注意を)
    • 6:15 にっぽん列島ピックアップ(前半パート)
    • 6:28 ローカルの天気予報
    • 6:30 ニュース
    • 6:32 経済ホットライン
    • 6:36 スポーツ
    • 6:40 にっぽん列島ピックアップ(後半)
    • 6:51 全国の天気予報
    • 6:53 ローカルの天気予報
    • 6:55 ローカルニュース・交通情報
    • 6:58:55 スポット(番宣)
    • 6:59:55 時報
    • 7:00:03 オープニング・ニュース・海外のニュース・経済情報・スポーツ
    • 7:30 - 7:50 ローカルニュース枠(首都圏の全体構成は前年度と同じ)
    • 7:50 海外のニュース
    • 8:00 ニュース・ニュースのことば・列島中継

1990年度編集

    • 6:00 オープニング・ニュース・スポーツ・天気予報
    • 6:13 ローカルニュース・天気予報(但し、放送内容は地域によって格差があるので御注意を)
    • 6:18 列島ネットワーク
    • 6:28 ローカルの天気予報
    • 6:30 ニュース
    • 6:32 経済ホットライン
    • 6:39 けさのアングル
    • 6:51 全国の天気予報
    • 6:53 ローカルの天気予報
    • 6:55 ローカルニュース・交通情報
    • 6:58:55 スポット(番宣)
    • 6:59:55 時報
    • 7:00:03 オープニング・ニュース・リポート・経済情報・スポーツ
    • 7:30 - 7:50 ローカルニュース枠
    • 7:50 海外のニュース
    • 8:00 ニュース・ニュースのことば・列島中継

1991年度編集

    • 6:00 オープニング・ニュース・リポート・スポーツ・天気予報
    • 6:25 ローカルニュース・天気予報
    • 6:30 ニュース
    • 6:32 経済情報コーナー
    • 6:49 全国の天気予報
    • 6:51 ローカルの天気予報
    • 6:54 ローカルニュース・交通情報
    • 6:58:55 スポット(番宣)
    • 6:59:55 時報
    • 7:00:03 オープニング・ニュース・経済情報・列島中継・スポーツ
    • 7:40 - 8:00 ローカルニュース枠(首都圏は関東甲信越ブロックネットで中継・リポートとニュース・天気予報、7:55以降は首都圏のみでニュース・交通情報・天気予報)
    • 8:00 ニュース・ニュースのことば・海外のニュース

1992年度編集

    • 6:00 オープニング・ニュース・リポート・スポーツ・天気予報
    • 6:25 ローカルニュース・天気予報
    • 6:30 ニュース
    • 6:32 経済情報コーナー
    • 6:49 全国の天気予報
    • 6:51 ローカルの天気予報
    • 6:54 ローカルニュース・交通情報
    • 6:58:55 スポット(番宣)
    • 6:59:55 時報
    • 7:00:03 オープニング・ニュース・特集企画・全国各地「朝中継」・ 経済情報・スポーツ・天気予報
    • 7:28 天気予報・交通情報(ローカル枠)
    • 7:30 ニュース・列島中継・列島リポート
    • 7:40 - 8:00 ローカルニュース枠(首都圏は関東甲信越ブロックネットで中継・リポートとニュース・天気予報、7:55以降は首都圏のみでニュース・交通情報・天気予報)
    • 8:00 ニュース・ニュースのことば・ワールドトピックス・天気予報

ローカルニュース枠について編集

各地の放送局発による地域ニュース枠も毎時設定され、平日の7時台では朝7時半から7時50分の20分編成で放送されていた。「NHK年鑑」に記載上の各局のタイトルを以下に記す。

放送局名 番組名
札幌局 『北海道モーニングワイド』
秋田局 『モーニングワイドあきた』
盛岡局 『モーニングワイドいわて』
仙台局 『モーニングワイドみやぎ』
福島局 『モーニングワイド福島』
首都圏 『NHKモーニングワイド首都圏』[注釈 2]
甲府局 『NHKモーニングワイドやまなし』
新潟局 『モーニングワイドにいがた』
長野局 『モーニングワイドながの』→『NHKモーニングワイド信州』
静岡局 『NHKモーニングワイドしずおか』
名古屋局 『NHKモーニングワイド東海』[注釈 3]
富山局 『モーニングワイド富山』
金沢局 『NHKモーニングワイド金沢』
大阪局 『NHKモーニングワイドきんき』[注釈 4]
岡山局 『岡山モーニングワイド』
広島局 『モーニングワイドひろしま』
松山局 『モーニングワイドえひめ』・『土曜ワイド四国』
高松局 『モーニングワイドかがわ』
徳島局 『モーニングワイドとくしま』
高知局 『モーニングワイドこうち』[注釈 5]
福岡局 『モーニングワイド福岡』・『モーニングワイド九州沖縄』
宮崎局 『モーニングワイド宮崎』
鹿児島局 『NHKモーニングワイド鹿児島』

1991年4月より、平日の地域ニュース枠は7時40分からのスタートに繰り下げられる[注釈 6]。土曜版については、7時台の後半の地域パートを拡大した放送スタイルをNHK各地の拠点局が制作する「ウィークエンド○○(ブロックエリア名)」を放送していた。(例:名古屋局制作の中部7県向け『ウィークエンド中部』など)このスタイルは、後番組『NHKニュースおはよう日本』の土曜日放送分が始まっても継続して放送が続けられている。

1991年4月からは、それまで放送されていた『NHKおはようサンデー』に代わって『NHKモーニングワイドサンデー』(7:00||7:50)を開始。最後の残り5分間は各地の放送局からの地域ニュース枠であったが、それにも関わらず各地の放送局は「NHKニュース 終」とのみ表示して厳かに終了していた。

この時東京では7時45分からも引き続き「モーニングワイド」を放送していたが、その際宮川泰夫キャスターがローカルニュースに差し替える各地の放送局の視聴者に配慮して「時刻は間もなく7時45分になります、お近くの放送局からお伝えします」と促し、7時45分になると同時に「それでは、関東地方のニュースです」と言ってから関東地方のニュースを伝えてエンディングを迎えていた。ただし近畿2府4県、九州地方では7:45までの全国パートのみで終了し、『サンデーワイドきんき』、『サンデー九州』に接続)を開始。以後、後番組『おはよう日本』の前身となり、年末年始を除く全曜日対応帯番組となった。

NHK衛星第2テレビジョン(BS2)では、一時期7:30からの拠点局製作の番組を週替わりのローテーションで放送したことがあった。

演出編集

番組ロゴとオープニングCG編集

初代 1988年4月4日-1989年4月1日編集

6時台

青+紫を基調とした背景にタイトルが浮かび上がり、映像がお天気カメラに変わるとタイトルの色が金色に変化し右下に移動する。

7時台

テロップ表示されたアナログ時計で7時の時報の後、垂直方向に幾つもの輪切りにされた「モーニング」の文字が結合して正面へ、そのまま真下から「ワイド」、左上から「NHK」の文字が登場しタイトルロゴを形成後、右下へ移動し小さくなる。

2代目 1989年4月3日-1991年3月30日編集

6時台

ロゴの配置は、左上に「NHK」、中央上部分に「モーニング」、中央下部分に「ワイド」。ロゴカラーは、1989年度は紫色、1990年度は緑色であった。

森のような背景が紙のように回転しながら舞い、一度画面下部で動きをやめた後、画面を覆うように上部に消えていく。バックはお天気カメラに切り替わり、タイトルロゴが現れる[注釈 7]

7時台

7時の時報をアナログ時計のCG[注釈 8]が鳴らしたあと、4本の氷の柱が画面の四方から中央へ向かって飛んでいくとその柱がカメラの中継映像をカーテンのように覆い隠し、それがめくれて番組ロゴが登場し右下に納まっていく。地域版に関しては、4つの三角形が中央に集まった後、中継映像の右下に移動して「MW」の文字に変化し、それが左にスライドして消えると右から番組ロゴが登場していた[注釈 9]。なお、1990年度にBGMがアレンジされている。

3代目 1991年4月1日-1992年3月29日編集

ロゴの配置が新しくなり、左上に「NHK」、その下に「モーニングワイド」と横一列になった。ロゴカラーは緑色。

6時台

ロゴ部分が変更された以外は先代と同じ。

7時台

アナログ時計のCGが時報を鳴らすために時計が出現し、7時の時報が鳴ると[注釈 10]文字盤の部分が開いてカメラの中継映像を映し出し、画面右側から(上に)「SUN MON TUE WED THU FRI SAT」[注釈 11]と(下に)「NHK MORNING WIDE」の文字が高速で通過していき、右側から番組のタイトルロゴが登場。

4代目 1992年3月30日-1993年4月4日編集

ロゴは3代目と同じである。

6時台

お天気カメラをバックに水色のブラインドが左右から合わさって色が濃くなり、タイトルが浮かぶとブラインドが消えるもの。音楽は鐘が印象的な音楽。

7時台

先代とは違い、水色のブラインドに時計があり7時を知らせる[注釈 12]と背景画面が割れてカメラの中継映像を映し出す。同時に時計の針部分は右へ、文字盤の球体は回転しながら12時の部分から円を書くように一列に右下へと消えていき、一番最後列にタイトルロゴが現れ、「ン」の上部分に球体がくっつく。この時、左からNHKのロゴ、右から日付(日曜版ではサンデーの文字)がスライドしてくる。なお、平日は英語、韓国語、フランス語など世界各国の言葉で「おはようございます」の挨拶が流れるが、土曜日と日曜日は流れない。平日と土曜日は日付が出たところで草野or小谷が「◯月◯日◯曜日、モーニングワイドです。」と言った後、バックはお天気カメラのまま両端からキャスターが出てくる[注釈 13]

オープニングのBGM編集

  • 初代 (1988年4月4日 - 1989年4月1日) - 6時台・7時台は共通、8時台は専用BGM。勇ましいオーケストラ調だが、昭和天皇ご危篤~崩御までの間と昭和天皇崩御後の服喪期間は自粛措置として大人しめのものが用いられていた。
  • 2代目(1989年4月3日 - 1990年3月31日)
  • 3代目(1990年4月2日 - 1991年3月30日) - 2代目をアレンジした曲に変更、10月より2代目に戻る。
  • 4代目(1991年4月1日 - 1992年3月29日) - 2代目を継続
  • 5代目(1992年3月30日 - 1993年4月4日)

なお、日曜朝6時、『NHKおはようサンデー』開始以前の日曜朝7時の『NHKニュース』でも同一のテーマ曲が使用された。

スタジオセット編集

スタジオセットは同時期にNHKで放送されていた夜9時のニュース番組「NHKニュースTODAY」→「NHKニュース21」と共通使用していた。

「NHKニュースTODAY」が放送されていた1989年度までの2年間は『ニュースステーション』のセットにも組まれていた(通称)ブーメランテーブルよりも原稿が置きやすい馬てい形テーブルが置かれていた。テーブルは1989年度に変更されており、同年度の平日版7時台では松平が中央、上田が右奥に座っていたためオープニング・エンディングの挨拶などで2人を映す際は斜め横から2人を映していた[注釈 14]。キャスターの背後には夜景の写真パネル[注釈 15]があったが、本番組ではブラインドが下ろされていた。

1989年2月6日にニュースセンター棟(放送センター北館)が運用開始した[注釈 16]ため、セットは新ニュースセンターにそのまま移設。

1990年4月の「NHKニュース21」開始に伴い、馬てい形テーブルから男性アナウンサーと女性アナウンサーが揃って席に座れるブラウン色を深めたテーブルに変えられ、専門ニュースコーナーのキャスターが右側に座って伝えられるような余裕が与えられた。セットの背後の夜景は当番組では日中の写真に替えられていた。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 当時、NHKはテレビ・ラジオ共に24時間放送を行っていなかった。
  2. ^ ただし、番組名は首都圏発に突入しても『NHKモーニングワイド』として放送していた。
  3. ^ ただし、番組名は名古屋発に突入しても『NHKモーニングワイド』として放送していた。
  4. ^ 平日・土曜日とも放送エリアが変わらないため、土曜日もそのままのタイトルで放送。
  5. ^ ただし、番組名は高知発に突入しても『NHKモーニングワイド』として放送していた。
  6. ^ 各地の放送局からのニュースパートが7時40分からの放送開始に繰り下げられて1年後には、全国のニュースの間に7時28分から2分間ブロック別の気象情報を挿入していた。
  7. ^ 出てくるときの動きは途中で変更されている。1989年度は7時台と同じ紫の縁取りがかかったタイトルロゴが登場した状態で固定。1990年度は左から「NHK」と「モーニング」右から「ワイド」が同時に現れる。
  8. ^ BS2では時報をNHK時計に差し替え
  9. ^ 番組ロゴ登場のためのCGの扱いに関しては、地域放送局の任意で構成をアレンジすることもある。
  10. ^ BS2では時報を差し替え。
  11. ^ 放送される曜日の単語が緑ではない色に塗りつぶされていた。
  12. ^ BS2では時報直前に黒画面にフェードし、オリジナルの時報CGに差し替え。
  13. ^ 日曜版ではすぐスタジオの映像にフェードで切り替わる。
  14. ^ 1988年度の平日とこの2年間の土曜日は中央に2人並んでいた。
  15. ^ この夜景パネルは「NHKニュースTODAY」や「サンデースポーツ」などで使われていた。
  16. ^ そこから送り出される最初の番組となった。

出典編集

外部リンク編集

NHK 平日朝のニュース・情報番組
前番組 番組名 次番組
NHKモーニングワイド
NHK 土曜朝のニュース・情報番組
NHKニュース
NHKニュースワイド
NHKモーニングワイド
NHKニュースおはよう日本
NHK 日曜朝のニュース・情報番組
NHKモーニングワイドサンデー
NHKニュースおはよう日本