メインメニューを開く

NHK大津放送局(エヌエイチケイおおつほうそうきょく)は、滋賀県放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の地域放送局総合テレビ第1放送FM放送で滋賀県域向けの放送を行っている。

NHK大津放送局
NHK logo.svg
NHK Otsu Broadcasting Station Bldg 20090509-001.jpg
NHK大津放送局
所在地 520-0806
滋賀県大津市打出浜3番30号
総合テレビ
開局日 1971年4月1日
放送対象地域 滋賀県
コールサイン JOQP-DTV
親局 大津 26ch (キーID 1)
Eテレ
放送対象地域 全国放送
大阪局管轄)
親局 大津 13ch (キーID 2)
ラジオ第1
放送対象地域 滋賀県
コールサイン JOQP
親局 彦根 945kHz
FM
放送対象地域 滋賀県
コールサイン JOQP-FM
親局 湖南 84.0MHz
主な中継局
デジタルテレビ
彦根26ch
甲賀26ch
大津石山21ch
大津藤尾26ch
甲賀大原39ch
東近江八日市39ch
甲賀信楽26ch
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1941年11月1日 - 社団法人日本放送協会大阪中央放送局大津出張所として開設。
  • 1942年2月25日 - 彦根臨時放送所開局(電波管制に伴う措置)。
  • 1945年10月26日 - 彦根臨時放送所、彦根中継放送所に改称。
  • 1946年9月1日 - 彦根中継放送所の呼出符号、JOBK5に決定。
  • 1948年5月1日 - 大津出張所、大津支局に改称。彦根中継放送所を管轄下に。
  • 1948年7月1日 - 彦根中継放送所の呼出符号、JOBSに変更。
  • 1950年6月1日 - 放送法施行に伴い社団法人日本放送協会が解散、特殊法人としての日本放送協会が一切の権利義務を継承。
  • 1951年7月1日 - 大津支局、大津放送局に改称。
  • 1960年9月1日 - 大津VHFテレビジョン実験局開局。
  • 1962年2月21日 - 大津UHFテレビジョン実験局開局。
  • 1964年12月1日 - 第1放送でローカル放送を開始。
  • 1966年3月1日 - 大津テレビジョン中継局がUHFで開局(7月1日 大津実験局廃止)。
  • 1967年3月11日 - 局舎落成(3月12日 運用開始)。
  • 1970年12月1日 - FM放送でローカル放送を開始(呼出符号JOQP-FM)。
  • 1971年4月1日 - 総合テレビでローカル放送を開始(中継局から放送局へ。呼出符号JOQP-TV)。
  • 1982年11月1日 - 第1放送の呼出符号、JOQPに変更。
  • 2005年4月1日 - 総合テレビのデジタル放送を開始(呼出符号JOQP-DTV)。
  • 2011年7月24日 - 総合テレビのアナログ放送終了。翌日の午前0時までに完全停波。
  • 2018年8月27日 - 大津市京町三丁目1番8号の移転新築地にて、9月の着工に先立ち、局舎新築工事安全祈願が、堂元光副会長や施工業者の松村組など関係者出席のもと行われる。敷地面積4,200㎡、地上3階、地面より81mの鉄塔を備える。
  • 2020年度内 - 局舎移転運用開始予定。

送信所(親局)編集

主な中継所編集

  • Eテレ大阪放送局(JOBB-DTV)大津中継局 13ch(30W、上記総合テレビ大津放送局親局と同所) 
  • FM放送
  • 第2放送は滋賀県内に送信・中継施設は所在せず、大阪放送局(送信所:羽曳野市)JOBB・828kHz(300kW)が担っている。

支局編集

  • 彦根

お天気カメラ編集

主な大津局制作番組編集

  • おうみ発630(平日 18:30 - 19:00、総合テレビ)
  • おうみ845(平日 20:45 - 21:00、総合テレビ)
  • FMおうみi(毎月最終金曜 18:00 - 18:50、FM放送)
  • ニュース・気象情報(平日 18:50 - 19:00、ラジオ第1放送・FM放送)

アナウンサー・キャスター・リポーター編集

氏名 前任地 担当番組
アナウンサー
田代純 神戸 おうみ845
スポーツ中継など
稲垣秀人 東京アナウンス室
大山武人 ラジオセンター おうみ発630(キャスター)
契約キャスター
太田磨理 おうみ発630(キャスター)
三角朋子
おうみ発630(キャスター)
寺田有希 おうみ発630(リポーター)
ぐるっと関西おひるまえ
下川綾那
三角朋子
橋本雛 高知
気象予報士
石井元樹 おうみ発630(気象キャスター)

表彰編集

その他編集

  • 毎年3月第1日曜日に開催されるびわ湖毎日マラソンでは、当局に中継拠点が置かれるが、制作は大阪放送局が担当している。

脚注編集

外部リンク編集