メインメニューを開く
NHK祇園ラジオ放送所

NHK祇園ラジオ放送所(エヌエイチケイぎおんラジオほうそうしょ)は、広島県広島市安佐南区に置かれているNHK広島放送局中波放送送信所

概要編集

  • ラジオ第1の出力は20kWで、広島県内の広範囲に電波を発射。県内及び中国地方におけるNHK中波放送の基幹放送所となっている。
  • かつては「原ラジオ放送所」と呼ばれていた。
    • 1945年8月6日、広島市に原子爆弾が投下され、当時上流川町にあった広島中央放送局の局舎が壊滅し、多数の職員らが犠牲となったものの、原放送所は奇跡的に生き残った。このため、生き残った職員がここに集められ、翌7日から放送を再開した。
    • なお、長崎市長崎放送局は、9日の原爆被災後、数日間機能停止に陥った。
    • この当時の模様について、2008年、ラジオドキュメンタリードラマ『放送を続けよ!』が制作・放送され、新たな事実も明らかにされた。

送信施設概要編集

  • 所在地:広島市安佐南区西原四丁目42番17号(アストラムライン祇園新橋北駅すぐ)
  • 拠点局では珍しく、ラジオ第2の周波数がラジオ第1の周波数よりも低い。一般地方局親局では同様の例があるが、拠点局親局では広島のみ。
周波数 系統名 コールサイン 空中線電力 放送対象地域 放送区域内世帯数
702kHz NHK広島
第2
JOFB 10kW 全国 不明
1071kHz NHK広島
第1
JOFK 20kW
(減力放送時は3kW)
広島県 約100万世帯

関連項目編集

外部リンク編集