NHK長野放送局

長野県のNHK放送局

NHK長野放送局(エヌエイチケイながのほうそうきょく)は、長野県放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の本部直轄の地域放送局。テレビとラジオで県域放送を行っている。

NHK長野放送局
NHK長野放送局
放送対象地域 長野県
所在地 380-8502
総合テレビ
開局日 1958年11月15日
コールサイン JONK-DTV
親局 長野(美ヶ原) 17ch (キーID 1)
Eテレ
コールサイン JONB-DTV
親局 長野(美ヶ原) 13ch (キーID 2)
ラジオ第1
開局日 1931年3月8日
コールサイン JONK
親局 長野 819kHz
ラジオ第2
コールサイン JONB
親局 長野 1467kHz
FM
コールサイン JONK-FM
親局 84.0MHz
特記事項:
FM放送の親局はテレビと同じ美ヶ原にある。テレビは1957年5月29日に東京放送局の中継局として開局から始まった。 
テンプレートを表示

概要 編集

長野県は南北に広いため、中南部の松本市1938年松本放送局が設置されたが、1988年支局に降格され、中南信の報道取材・受信料事務の拠点となった。

かつて放送会館は長野市城山公園善光寺東側)にあったが、建物老朽化と長野オリンピック開催を期に、長野市若里ビッグハット(長野オリンピックのアイスホッケー会場)前に新築移転している。現会館は本局方式が採用され、五輪・パラリンピックの国際放送センターとして先行運用開始となった。

沿革 編集

主なチャンネル・周波数 編集

※アナログ・デジタルテレビとFM放送の親局である美ヶ原局は、信越放送のデジタルテレビ放送と送信施設・鉄塔を共同使用している。

アナログテレビ放送 編集

2011年7月24日に運用終了。

総合テレビ 編集

教育テレビ 編集

  • 長野(美ヶ原) 9ch JONB-TV 1kW
  • 善光寺平 46ch 200W
  • 飯山 10ch 3W
  • 松本 46ch[注 10] 100W
  • 真田 3ch 10W
  • 佐久 26ch 30W
  • 軽井沢 45ch 10W
  • 岡谷諏訪 8ch 75W
  • 伊那 51ch 100W
  • 飯田 3ch 250W

デジタルテレビ放送 編集

ワンセグでは2006年まで、関東甲信越エリアを統括する東京本局の内容をサイマル放送していた(現在は長野放送局の番組を放送)。

総合テレビ 編集

リモコンキーID:1

教育テレビ 編集

リモコンキーID:2
  • 長野(美ヶ原) 13ch JONB-DTV 1kW
  • 善光寺平 32ch 20W
  • 飯山 27ch 5W
  • 松本 32ch 10W
  • 真田 27ch 10W
  • 佐久 27ch 3W
  • 軽井沢 27ch 1W
  • 岡谷諏訪 38ch 20W
  • 伊那 27ch 10W
  • 飯田 48ch 100W

ラジオ放送 編集

ラジオ第1放送 編集

ラジオ第2放送 編集

  • 長野 1467kHz JONB 1kW
  • 松本 1512kHz 1kW
  • 小諸 1539kHz 100W
  • 上田 1602kHz 100W
  • 岡谷諏訪 1359kHz 100W
  • 木曽 1602kHz 100W
  • 伊那 1539kHz 100W
  • 駒ヶ根 1512kHz 100W
  • 飯田 1476kHz 1kW

FM放送 編集

支局 編集

支局

主な長野局制作番組 編集

総合テレビ 編集

ラジオ第1 編集

  • ゆる信ワイド(金曜日 17:05 - 18:00[注 11]
  • 給食ラジオ(不定期金曜日 12:30 - 12:55)
例外

長野県は本来は首都圏局管轄のため、ブロックネット番組は「関東・甲信越」として扱われるが、衆議院議員総選挙比例代表の選挙の政見放送・選挙開票速報、高校野球の春秋ブロック大会などは、北陸地方(狭義)と合わせた北信越地方とみなされるため、一部NHK金沢放送局発扱いの番組がある。

過去の制作番組 編集

総合テレビ 編集

  • 信州の窓→フレッシュロータリーながの→NHKニュースワイドながの → モーニングワイドながの → モーニングワイド信州 → おはよう信州
  • くらしのメモ信州 → おいでよ!プラザN → ひるとく
  • ゆうゆう信州 → 遊夕信州
  • 信州645 →信州640 → 信州630 → イブニングネットワーク信州 → まるごと信州610 → まるごと信州600 → ニュースアップ信州600 → ニュースアップ信州

ラジオ第1 編集

  • もぎたて信州朝いちばん
  • ゆる〜り信州

FM 編集

BSプレミアム 編集

天気ループ 編集

  • 基本的に、毎日朝の時間帯に表示される(「おはよう日本」内など)。デジタル放送では、データ放送を利用して表示する方式を採用している。
  • 表示順は、郵便番号の設定による登録地(天気マーク・降水確率 → 最高気温、デジタル放送のみ) → 北部(天気マーク・降水確率) → 長野(最高気温) → 中部(天気マーク・降水確率) → 松本(最高気温) → 諏訪(最高気温) → 軽井沢(最高気温) → 南部(天気マーク・降水確率) → 飯田(最高気温) → 東京(天気マーク・降水確率 → 最高気温) → 名古屋(天気マーク・降水確率 → 最高気温)の順。

情報カメラ 編集

アナウンサー・契約キャスター・気象予報士 編集

  • アナウンスグループ統括以外は着任順に記載。
  • *は過去にも長野放送局勤務の経験があることを表す。
  • ◆はシフト制。アナウンサー・契約キャスターそれぞれで、一回につきいずれか一名が担当。
氏名 前任地 役職 担当番組 備考
アナウンサー
中澤輝 松山 アナウンスグループ統括 どどどど!信州イチオシ(プロデューサー) 長野市出身
田中寛人 東京アナウンス室 どどどど!信州イチオシ
ゆる信ワイド◆
坂城町出身
林田幸之介 大阪 ゆる信ワイド◆
中村慎吾 盛岡 ゆる信ワイド◆
スポーツ中継大相撲、高校野球など)
柴田拓 佐賀 イブニング信州(メイン)◆
ゆる信ワイド◆
米澤太郎 熊本
契約キャスター
宮野里緒 イブニング信州(メイン)◆ 塩尻市出身
瀧埜ひとみ イブニング信州(スポーツ)
水原七瀬 イブニング信州(メイン)◆ 軽井沢町出身
黒川麗海 イブニング信州(コーナー)
気象予報士
宮本麻衣* どどどど!信州イチオシ 長野市出身
ウェザーマップ所属
越後友利果 イブニング信州
ゆる信ワイド
ウェザーマップ所属
  • 2022年度以降、東京アナウンス室より派遣されたアナウンサーも、「ニュース・気象情報」、「信州845」に随時出演している。

テレビ信州との共同企画 編集

2019年度、NHK長野放送局はテレビ信州(TSB)との共同企画を展開した。両局のアナウンサーやキャスターが相互の番組に出演するだけでなく、共同企画も展開していた。テレビ信州公式サイトの信州 テレビ新時代も参照。実施された主な企画は以下のとおり(出演者は放送時点)。

実施日 実施番組など 出演者 企画など
2019年5月31日 ゆる信ワイド
ゆうがたGet!
田中寛人
齋藤沙弥香
テレビ・ラジオ同時放送
2019年6月26日 ゆうがたGet! 宮崎大地
川口由梨香
NHK側の訪問
2019年6月28日 イブニング信州 伊東陽司 テレビ信州側の訪問
2019年8月1日 同上 田中寛人
齋藤沙弥香
埴科郡坂城町でのロケ
2019年8月5日 ゆうがたGet! 同上 同上
2019年8月30日 番組宣伝 西川典孝
厚芝智行
ラグビーワールドカップ2019の共同スポット
2019年9月2日 - 9月6日 イブニング信州
news every.
各局記者 防災コラボ、両局の記者が相互出演
2019年12月14日 ピンぼけの家族 伊東陽司
鈴木恵理香
ドラマ出演
地域発ドラマにおいて現役の民放アナウンサーが初めて出演
2019年12月2日 イブニング信州
news every.
西川典孝
菅野直道
西川が『news every.』において高校駅伝を紹介
菅野が『イブニング信州』において高校サッカーを紹介
2020年1月20日 - 1月22日 同上 各局記者 防災コラボ、令和元年東日本台風(台風19号)での現状取材
2020年2月19日 マイチャン。おはなし隊 若竹明日香
木下歌織
上伊那郡箕輪町での絵本読み聞かせ
2020年3月13日 信州を元気に!同時生放送SP 田中寛人
阪本篤志
加藤永莉香
伊東陽司
鈴木恵理香
齋藤沙弥香
18:25 - 19:00に同時生放送

長野朝日放送との共同企画 編集

2021年、NHK長野放送局は長野朝日放送(abn)との共同企画を展開した。両局のアナウンサーやキャスターが相互の番組に出演するだけでなく、共同企画も展開した。

その他 編集

  • NHKの甲信越地域の放送局では、最初に動画ニュースの配信を開始した。
  • アナログ放送終了時はそれに関するお知らせを長野局独自で送出し、さらに停波時には、長野局のコールサインアナウンスも送出された[注 12]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 当時は教育テレビ(Eテレ)がなく1波のみ。
  2. ^ 標高が高い美ヶ原から送信されるため受信エリアが広くなり、放送エリアが隣接する中部日本放送(名古屋5ch)との混信を防ぐため9chへ変更。
  3. ^ 前日の6月9日に、当時の信越電波監理局から、総合テレビの音声多重放送の本放送の免許を取得している。本免許の取得及び同放送開始共に、NHK新潟放送局と同日。
  4. ^ この日は、長野県を含む全国のNHKの地方局13局と、全国の地方民放40局が同時に予備免許を取得した。インプレス社AV Watch 2005年6月9日付記事
  5. ^ ワンセグ試験放送も同時開始。
  6. ^ ちなみに本放送の最初の番組は、総合では土曜5時のNHKニュースと気象情報。
  7. ^ 同年7月に控えていた参議院選挙の政見放送に備えての変更。
  8. ^ NHK新潟放送局と同時。19時30分 - 20時45分は、通常の1番組編成によるハイビジョン放送。
  9. ^ 1973年までは1ch。
  10. ^ 1973年までは3ch。
  11. ^ 月 - 木は「にっぽん列島夕方ラジオ」(17:05 - 17:55)を放送。
  12. ^ その他の地域では停波の際にアナログ放送終了のお知らせをカットアウトしていた。

出典 編集

  1. ^ NHK年鑑'64 P.5,206~7
  2. ^ NHK年鑑'65 P.5,26
  3. ^ NHK年鑑'84 P.86
  4. ^ 信濃毎日新聞 1983年6月10日 朝刊 P.2「NHK長野も音声多重放送」(信濃毎日新聞データベースにて閲覧)
  5. ^ 総務省信越総合通信局報道資料 平成18年3月23日付
  6. ^ NHK松本支局からのお知らせ”. NHK長野放送局・松本支局. 2017年5月5日閲覧。
  7. ^ NHKプラスで“ご当地ニュース”の地域を10月に拡大”. NHK広報局 (2022年9月7日). 2023年1月27日閲覧。
  8. ^ “ドラマ「ピンぼけの家族」泉澤祐希、南沙良、柄本明がロケ地・諏訪の印象語る”. 映画ナタリー. (2019年10月21日). https://natalie.mu/eiga/news/352337 2020年7月28日閲覧。 
  9. ^ “南沙良:話題のCM美少女はフィルムカメラ好き 諏訪湖の雄大さに感動”. MANTAN WEB. (2020年2月12日). https://mantan-web.jp/article/20200212dog00m200018000c.html 2020年7月28日閲覧。 

関連項目 編集

外部リンク 編集