株式会社NMK(エヌエムケイ)はかつて存在した日本ゲームメーカーアーケードゲーム開発の下請け等を行ない、後に自社ブランドでの販売も行った。1985年5月、ユニバーサルの開発部長だった琴寄幸雄が、前身である日本マイコン開発を創業。1989年に株式会社エヌエムケイ[1]として法人化した。

概要編集

シューティングゲームからパズルゲーム、クイズや脱衣麻雀などアーケードゲームを企画製作。発売はジャレコUPL等のゲーム会社が行う。1991年の『はちゃめちゃファイター』からは自社販売も行なった[2]。1996年以降、ビデオゲームの開発から撤退し、エレメカの開発に注力した。

前述のように、下請けとして名前が出ない活動を行っていたため、実際は他社開発のゲームであっても「NMK開発である」と誤解されている作品が見られる。例として、シティコネクションサイバトラー(以上ジャレコ)・宇宙戦艦ゴモラ(UPL)など[3]

1999年8月6日に開かれた臨時株主総会で解散が決定され、琴寄自身が清算人となり任意整理が進められていたが、清算中の資金不足から同年9月16日に不渡りを出し倒産した。

特許公報によれば、後身として「NMKトレーディング株式会社」なる企業[4]が確認されている。

2017年6月29日にハムスターがNMKのゲーム等に関する全ての権利を取得したことを発表した[5]

作品編集

脚注編集

  1. ^ 創業メンバーの中里、牧、琴寄の頭文字に由来
  2. ^ 元々はUPL販売でNMKも社名を併記する形でリリースされる予定であったが、直前になってUPLが倒産した為、NMK単独併記でのリリースになった。
  3. ^ ただし「宇宙戦艦ゴモラ」や「鋼鉄要塞シュトラール」等のUPL自社開発作品のハードウェアの提供や倒産後のアフターサポートを受け持っている。
  4. ^ 1991年2月設立。当初は台東区に本店を置いていたが、後にNMK本店と同住所に移転した。NMK解散後に移転、千葉県稲毛区を経て、2005年より、株式会社タクト(UPL関連の版権を持ち、サウンドトラックに著作権表示がある)と同住所の、栃木県小山市に本店を置いている。代表取締役は琴寄幸雄(2002年より)
  5. ^ 『作戦名ラグナロク』や『はちゃめちゃファイター』など、ハムスターがNMKの権利を取得
  6. ^ アーケード版は国内未発売。
  7. ^ 開発はフェイス。
  8. ^ ファミリーコンピュータRPG作品。
  9. ^ 読み方は「オペレーションラグナロク」。販売はSNK。表記はMVSカセット本体、インストカード、および梱包材に準じる。タイトル画面では「作戦名“ラグナロク”」と表記されている。

関連項目編集

外部リンク編集