Efficiently updatable neural networkNNUE; ƎUИИと図案化されることもある)は、Graphics Processing Unit(GPU)を必要とせず、中央処理装置(CPU)上で効率的に動作するニューラルネットワークに基づく評価関数である。NNUEは那須悠によって考案され、2018年にコンピュータ将棋に導入された[1]。2021年、チェスエンジンであるStockfishに導入された。[2]

構造編集

NNUEのニューラルネットワークは4つの重み層から構成される。W1は16ビット整数、W2、W3、およびW4は8ビット整数である。差分計算英語版およびsingle instruction multiple data(SIMD)技術が適切な組み込み命令英語版、具体的には2018年のコンピュータ将棋版ではVPADDW、VPSUBW、VPMADDUBSW、VPACKSSDW、VPACKSSWB、およびVPMAXSBと共に用いられる[1]

出典編集

  1. ^ a b 那須 悠 (2018年4月28日). “高速に差分計算可能なニューラルネットワーク型将棋評価関数 (PDF)”. 2020年8月5日閲覧。
  2. ^ Stockfish (2021年2月19日). “Stockfish 13”. 2020年2月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集