NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安

日本のラグビーチーム

NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安(エヌティティコミュニケーションズ シャイニングアークスとうきょうベイうらやす、: NTT Communications Shining Arcs Tokyo-Bay Urayasu)は、千葉県浦安市及び周辺地域をホストエリア、宮城県仙台市をセカンダリーホストエリアとしてJAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。

NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安
クラブカラー   ゴールデンイエロー
  コバルトブルー
愛称 シャイニングアークス
創設年 1976年
本拠地 千葉県浦安市およびその周辺地域
セカンダリーホストタウン・宮城県仙台市
グラウンド 江東区夢の島陸上競技場
収容人数 5,000
代表者 松山知英
監督 ロブ・ペニー(ヘッドコーチ)
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
https://www.ntt.com/rugby/
テンプレートを表示
クラブハウス(千葉県市川市)

概要編集

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、1976年創部の日本電信電話公社東京支社(のちのNTT東京)ラグビー部を母体とする。1999年のNTT再編によりNTT東京ラグビー部とNTT神奈川ラグビー部が統合しNTT東日本ラグビー部が発足。その後、2007年7月1日にNTT東日本ラグビー部は、NTTコミュニケーションズラグビー部として活動開始した。2009年にはトップイーストリーグを制覇し、2010年には念願のトップリーグに初の出場となった。

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの1部リーグに振り分けされることになった[1]

  • チームカラー:「ゴールデンイエロー」と「コバルトブルー」
  • チームスローガン:All Out Complete PADS

ホームグラウンド編集

  • アークス浦安パーク
  • 住所 千葉県浦安市高洲8丁目2-1
  • 交通手段 JR京葉線 新浦安駅下車 徒歩38分(東京ベイシティ交通バス 高洲南線:19番系統「高洲海浜公園」行「浦安南高校・特養ホーム前」停留所下車)
  • 公式戦主催試合(ホストマッチ)会場として江東区夢の島陸上競技場。なお2022年シーズンの初期日程発表の段階においては、千葉県内での主催試合は予定されていない。

タイトル編集

最上位リーグ

なし

下位リーグ

成績編集

リーグ戦戦績編集

  • 1999-2000 関東社会人リーグ1部 Bグループ 2位(6勝1敗)
  • 2000-2001 関東社会人リーグ1部 Aグループ 4位(3勝3敗1分)
  • 2001-2002 関東社会人リーグ1部 Bグループ 3位(4勝3敗)
  • 2002-2003 関東社会人リーグ1部 Aグループ 3位(5勝2敗)、トップイースト10に参入
  • 2003-2004 トップイースト10 4位(6勝3敗)
  • 2004-2005 トップイースト10 3位(6勝3敗)
  • 2005-2006 トップイースト10 3位(6勝3敗)、トップチャレンジ2に出場[注 1](3位)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイースト10残留
  • 2006-2007 トップイースト11 3位(8勝2敗)
  • 2007-2008 トップイースト11 3位(8勝2敗)
  • 2008-2009 トップイースト11 2位(8勝2敗)、トップチャレンジ2・2位、トップイースト11残留
  • 2009-2010 トップイーストリーグ 優勝(11勝)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに昇格
  • 2010-2011 トップリーグ 12位(4勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2011-2012 トップリーグ 9位(5勝7敗1分)
  • 2012-2013 トップリーグ 9位(7勝6敗)
  • 2013-2014 トップリーグ 13位(1stステージ・プールA 4勝3敗・5位、2ndステージ・プールB 4勝3敗・5位)、トップリーグ入替戦・勝利
  • 2014-2015 トップリーグ 8位(1stステージ・プールA 4勝3敗・4位、2ndステージ・プールA 7敗・8位)
  • 2015-2016 トップリーグ 8位(リーグ戦・プールA 4勝3敗・4位、順位決定トーナメント上位グループ 1回戦敗退、5-8位決定予備戦・敗戦、7位決定戦・敗戦)
  • 2016-2017 トップリーグ 5位(9勝6敗)
  • 2017-2018 トップリーグ 9位(リーグ戦・レッドカンファレンス 6勝6敗1分・5位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、9位決定戦・勝利)
  • 2018-2019 トップリーグ 5位(リーグ戦・レッドカンファレンス 3勝4敗・4位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、5位決定戦・勝利 トップリーグカップ 7位(プール戦2勝1敗・2位、順位決定トーナメント、7位決定戦・勝利)
  • 2019-2020 トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦4勝1敗・2位)、リーグ戦中止(中止時点での成績:4勝2敗)

2021年度スコッド編集

2021年度のスコッドは次の通り[2]太字は今年度からの新加入選手。

  • 主将 金正奎 / 中島進護
  • UTB: ユーティリティバックス (BKにおいて複数ポジションをこなせる選手[3])

過去の所属選手編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ トップイーストプレーオフで2位の三菱重工相模原に勝利し、出場を決めた。

出典編集

関連項目編集

NTTグループのラグビー部編集

外部リンク編集