NTTドコモレッドハリケーンズ大阪

日本のラグビーチーム

NTTドコモレッドハリケーンズ大阪: NTT Docomo Red Hurricanes Osaka)は、大阪府大阪市をホストエリアとしてJAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。

NTTドコモレッドハリケーンズ大阪
クラブカラー  
愛称 レッドハリケーンズ
創設年 1994年
本拠地 大阪市
グラウンド ヨドコウ桜スタジアム
ヤンマースタジアム長居
収容人数 25,000(ヨドコウ)
47,000(ヤンマーS)
代表者 高本 寛
監督 ヨハン・アッカーマンHC
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
https://docomo-rugby.jp/
テンプレートを表示

概要編集

2008年まではNTTドコモ関西が母体であったが、NTTドコモグループの統合によりNTTドコモが母体のラグビー部となった。

練習場は、大阪府大阪市にあるドコモ関西南港グラウンドである。

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの1部リーグに振り分けされることになった[1]

タイトル編集

最上位リーグ

なし

下位リーグ

成績編集

リーグ戦戦績編集

  • 1994-1995 大阪府社会人大会 優勝、関西社会人Dリーグに昇格
  • 1995-1996 関西社会人Dリーグ 2位、入替戦・敗戦
  • 1996-1997 関西社会人Dリーグ 優勝、入替戦・勝利、関西社会人Cリーグに昇格
  • 1997-1998 関西社会人Cリーグ 2位、入替戦・敗戦
  • 1998-1999 関西社会人Cリーグ 優勝、入替戦・勝利、関西社会人Bリーグに昇格
  • 1999-2000 関西社会人Bリーグ 6位
  • 2000-2001 関西社会人Bリーグ 6位
  • 2001-2002 関西社会人Bリーグ 7位
  • 2002-2003 関西社会人Bリーグ 2位、トップウェストAに参入
  • 2003-2004 トップウェストA 4位
  • 2004-2005 トップウェストA 3位
  • 2005-2006 トップウェストA 5位
  • 2006-2007 トップウェストA 4位
  • 2007-2008 トップウェストA 5位
  • 2008-2009 トップウェストA 4位
  • 2009-2010 トップウェストA 2位、トップチャレンジ2・2位、トップウェストA残留
  • 2010-2011 トップウェストA 優勝、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに自動昇格
    • 日本選手権 2回戦敗退
  • 2011-2012 トップリーグ 12位(2勝10敗1分)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2012-2013 トップリーグ 13位(1勝12敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2013-2014 トップリーグ 15位(1stステージ・プールA 2勝5敗・7位、2ndステージ・プールB 2勝5敗・7位)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2014-2015 トップリーグ 11位(1stステージ・プールB 7敗・8位、2ndステージ・プールB 5勝2敗・3位)
  • 2015-2016 トップリーグ 16位(リーグ戦・プールB 2勝4敗1分・6位、順位決定トーナメント上位グループ 1回戦敗退、13-16位決定予備戦・敗戦、15位決定戦・敗戦)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップウェストAに降格
  • 2016-2017 トップウェストA 優勝、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに昇格
  • 2017-2018 トップリーグ 15位(リーグ戦・レッドカンファレンス 6勝7敗・7位、13-16位決定トーナメント 第1節・敗戦、第2節・勝利)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップチャレンジリーグに降格
  • 2018-2019 トップチャレンジリーグ 1位、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグに昇格
  • 2019-2020 トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦2勝3敗・4位)、リーグ戦中止(中止時点での成績:1勝5敗)

2021年度スコッド編集

2021年度のスコッドは次の通り[2]太字は今年度からの新加入選手。

過去の所属選手編集

脚注編集

NTTグループのラグビー部編集

関連項目編集

 
ドコモ関西南港グランド
 
グラウンド所在地のドコモ関西南港ビル

外部リンク編集