メインメニューを開く

NTT東日本硬式野球部

NTT東日本硬式野球部(エヌティーティーひがしにほんこうしきやきゅうぶ)は、東京都に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球の企業チームである。合宿所と練習グラウンドであるNTT東日本船橋グラウンドは、千葉県船橋市に所在する。

NTT東日本硬式野球部
チーム名(通称) NTT東日本、NTT東
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1954年
チーム名の遍歴
  • 電電東京 (1954 - 1984)
  • NTT東京 (1985 - 1998)
  • NTT東日本 (1999 - )
本拠地自治体 東京都
練習グラウンド NTT東日本船橋グラウンド千葉県船橋市
チームカラー 青色
監督 飯塚智広
都市対抗野球大会
出場回数 41回
最近の出場 2017年
最高成績 優勝(2回)
社会人野球日本選手権大会
出場回数 13回
最近の出場 2017年
最高成績 4強
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

運営母体は、NTTグループ

目次

概要編集

1952年日本電信電話公社が発足すると、その後数年の間に全国各地で電電公社の社会人野球チームが誕生した。1954年東京都を本拠地に『電電東京硬式野球部』として発足した。

1959年都市対抗野球に、1974年日本選手権にそれぞれ初出場を果たしている。

1981年都市対抗野球で初優勝を遂げた。

1985年、日本電信電話の民営化に伴いチーム名を『NTT東京硬式野球部』に改称した。

1999年NTTグループの再編に伴い同年1月にNTT東京硬式野球部を『NTT東日本硬式野球部』に、NTT関西硬式野球部を『NTT西日本硬式野球部』にそれぞれ改称し、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。これを受け当チームは、NTT東日本のエリアにある4チーム(NTT北海道NTT東北NTT関東NTT信越)を統合した。合宿所と練習グラウンド(NTT東日本船橋グラウンド)については、NTT関東のものを使用することになった。

2011年都市対抗野球で30年ぶりに進出した決勝戦でJR東日本との東京勢対決を繰り広げたが、延長11回にサヨナラ負けを喫し準優勝となった。

2017年都市対抗野球で36年ぶり2度目の優勝を果たした。

設立・沿革編集

主要大会の出場歴・最高成績編集

(「電電東京」、「NTT東京」時代を含む)

主な出身プロ野球選手編集

「電電東京」「NTT東京」時代を含む

元プロ野球選手の競技者登録編集

かつて在籍していた選手・コーチ・監督編集

脚注編集

  1. ^ a b JABA北海道大会兼JABA東北大会として開催

関連項目編集

外部リンク編集