NXT王座(NXT Championship)は、アメリカ合衆国プロレス団体であるWWENXTにおける王座の一つである。

NXT王座
詳細
現王者 トマソ・チャンパ
管理団体 WWE
管理 NXT
創立 2012年7月26日
統計
最多保持者 サモア・ジョー:3回
初代王者 セス・ロリンズ
最長保持者 アダム・コール:396日
最短所持者 カリオン・クロス:3日

歴史編集

2012年7月、コミッショナーのダスティ・ローデスによりNXT初のタイトルとなるシングル王座の創設が発表され、8名参加のトーナメントが開催された[1]

7月26日にジンダー・マハルセス・ロリンズの間で決勝戦が行われ、勝利したロリンズが初代王座に輝いた[2]

歴代王者編集

王者 戴冠回数 日付 保持日数 場所 試合形式
セス・ロリンズ 1 2012年7月26日 133日 フルセイル大学英語版フロリダ州ウインターパーク) Tournament. Final
ビッグ・E・ラングストン 1 12月6日 168日 フルセイル大学(フロリダ州ウインターパーク) No Disqualification
ボー・ダラス 1 2013年5月23日 280日 フルセイル大学(フロリダ州ウインターパーク) One Fall
エイドリアン・ネヴィル 1 2014年2月27日 287日 フルセイル大学(フロリダ州ウインターパーク) Ladder
サミ・ゼイン 1 12月11日 62日 フルセイル大学(フロリダ州ウインターパーク) One Fall
ケビン・オーエンズ 1 2015年2月11日 143日 フルセイル大学(フロリダ州ウインターパーク) One Fall
フィン・ベイラー 1 7月4日 292日 国技館東京都墨田区 One Fall
サモア・ジョー 1 2016年4月21日 121日 マサチューセッツ州ローウェル One Fall
中邑真輔 1 8月20日 91日 バークレイズ・センターニューヨーク市ブルックリン One Fall
サモア・ジョー 2 11月19日 14日 エア・カナダ・センターカナダオンタリオ州トロント One Fall
中邑真輔 2 12月3日 56日 大阪府立体育会館大阪府大阪市浪速区 One Fall
ボビー・ルード 1 2017年1月28日 203日 フリーマン・コロシアム(テキサス州サンアントニオ One Fall
ドリュー・マッキンタイア 1 8月19日 91日 バークレイズ・センター(ニューヨーク市ブルックリン) One Fall
アンドラーデ "シエン" アルマス 1 11月18日 140日 トヨタセンター(テキサス州ヒューストン One Fall
アリスター・ブラック 1 2018年4月7日 102日 スムージー・キング・センタールイジアナ州ニューオーリンズ One Fall
トマソ・チャンパ 1 7月18日 238日 フルセイル大学(フロリダ州ウインターパーク) One Fall
首の怪我により王座返上
ジョニー・ガルガノ 1 2019年4月5日 57日 バークレイズ・センター (ニューヨーク州ブルックリン) Two out of Three Falls
アダム・コール 1 6月1日 396日 ウェブスターバンク・アリーナ英語版 (コネチカット州ブリッジポート) One Fall
キース・リー 1 2020年7月1日 52日 フルセイル大学
フロリダ州ウィンターパーク
Winner Take All
カリオン・クロス 1 8月22日 4日 フルセイル大学
フロリダ州ウィンターパーク
One Fall
肩鎖関節離開により王座返上
フィン・ベイラー 2 9月8日 212日 フルセイル大学
フロリダ州ウィンターパーク
One Fall
カリオン・クロス 2 2021年4月8日 136日 キャピトルレスリングセンター
フロリダ州オーランド
One Fall
サモア・ジョー 3 2021年8月22日 20日 キャピトルレスリングセンター
フロリダ州オーランド
One Fall
怪我により王座返上[3]
トマソ・チャンパ 2 2021年9月14日 70日 キャピトルレスリングセンター
フロリダ州オーランド
Fatal Four Way

脚注編集

外部リンク編集