メインメニューを開く

NY市警緊急出動部隊 トゥルー・ブルー

NY市警緊急出動部隊 トゥルー・ブルー』(ニューヨークしけいきんきゅうしゅつどうぶたい トゥルー・ブルー、True Blue)は1989年アメリカNBCネットワークにて制作されたドラマニューヨーク市警察の第8分署(管轄はマンハッタン島東半分?)に拠点を置く緊急出動部隊(ESU;Emergency Service Unit)、トラック・ワンの活躍を描くポリス・アクション。

設定編集

ESUは人命救助(自殺志願者を助けたり、緊急のお産を手伝ったり、海に落ちた車の中から乗員を救出したり、迷子の動物を保護したり)と、特殊武器による一般警察支援(対凶悪犯、爆弾処理、人質救出)が任務。この部隊があるため、ニューヨーク市警にSWATは設置されていない。

現実のESUは通常は人命救助任務が中心で、家屋突入等のSWAT的な任務はユニット「Aチーム」が担当。このAチーム任務も持ち回りである。レスキュー任務もこなすESUの任務内容から「全米で一番忙しいSWATチーム」呼ばれる場合もある。

トラック・ワンでは大型重装甲トラック(アダム1)・小型ボンネットトラック(ボーイ1とチャーリー1)に2人乃至3人で分乗し、時に一斉に、また時に分かれて緊急出動する(別の分署に拠点を置く隊もある。全部で10個分隊で、個々の分隊はESS(2つ目のSはSquad)と呼ばれる)。

ちなみに、トラック・ワンの拠点である「第8分署」は欠番で架空のものだが、このユニット自体はマンハッタン島南部担当で実在する。

次々に起こる事件に対応する隊の活躍と、隊員たちがそれぞれに抱える私生活上の悩みの部分がドラマとして描かれる。

主要登場人物編集

その他の登場人物編集

サブタイトル一覧編集

  1. 国際テロリスト 悪魔のカウントダウン(パイロット版 本篇のみ「ニューヨーク特殊部隊E・S・U 出動!」としてビデオあり)
  2. 消えた10,000ドル
  3. 帰ってきたエルビス
  4. ロンリーボーイズ
  5. 憂うつな警察官
  6. 連続爆破魔
  7. スナイパーの標的
  8. 脱走犯の落とし物
  9. 地下鉄の亡霊たち
  10. 崩れた洞窟
  11. マンホール大爆発
  12. 対決!! ドラゴンマフィア

日本放映編集

日本では1991年10月8日から12月まで、テレビ東京にて火曜夜10時から放映された。日本語版製作は東北新社だった。

外部リンク編集

テレビ東京 火曜22時枠
前番組 番組名 次番組
NY市緊急出動部隊
トゥルー・ブルー