メインメニューを開く

O-トレインO-Train)は、カナダの首都オタワ市内を走る鉄道である。トリリウム線(Trillium Line/Ligne Trillium)コンフェデレーション線(Confederation Line/Ligne de la Confédération)の2路線がオタワ・カールトン地域交通公社(OC Transpo)によって運営されている。

O-トレイン
O-Train
O-Train logo.svg
O-トレインの車両
O-トレインの車両
基本情報
カナダの旗 カナダ
所在地 オタワ
種類 ラピッド・トランジット
ライトレール
開業 2001年10月15日
運営者 OC Transpo
詳細情報
総延長距離 20.5 km
路線数 2路線
駅数 18駅
軌間 1,435 mm
電化方式 架空電車線方式
路線図
路線図
テンプレートを表示
アルストム製の車両
リドー川を渡るO-トレインボンバルディア製車両
コンフェデレーション線のシタディス・スピリット車両

目次

概要編集

2001年10月15日にO-トレインとして現在のトリリウム線区間が開業した。この路線はオタワ中心部よりやや西のほとんど使われていなかったカナディアン・パシフィック・レイルウェイの貨物線の一部を改良し駅が設置された路線で、途中、リドー川リドー運河を渡り全長8kmを12分で結んでいる。沿線にはカールトン大学などがある。

2番目の路線となるコンフェデレーション線は2018年に完成予定となっており、この路線は超低床車両が運行され、中心部の一部区間は地下鉄となる等、全線が新規に建設されたオワタ初の本格的なライトレール路線となる。

さらに、オタワ・マクドナルド・カルティエ国際空港ケベック州ガティノー方面までの延伸計画もある。

路線編集

路線名 種類 開業年 距離 駅数 区間
コンフェデレーション線   ライトレール鉄道 2019年 12.5 km 13 Blair ↔ Tunney's Pasture
トリリウム線   都市鉄道 2001年 8.0 km 5 Bayview ↔ Greenboro

トリリウム線編集

2001年に完成した全線単線非電化の専用軌道であり、ライトレールというよりは都市内鉄道としての特徴を持つ。交換可能駅は中間駅のカールトン駅のみ。起終点のベイビュー駅、および、グリーンボロ駅では、オタワのバスシステムであるオタワ・トランジットウェイと接続している。全駅全車バリアフリーで、自転車の持ち込みも可能である。現在は、12分間隔で運行されている。2014年にそれまでの単にO-Trainからトリリウム線(Trillium Line)の称号が付けられるようになった。

乗客は、乗車前にあらかじめ有効なチケットを用意する必要がある。チケットは各駅に設置されている自動券売機でも購入が可能である。

2013年4月から最大18週間にかけて大規模な拡張工事が行われ、その間列車の運行をすべて停止し、駅の拡張や交換設備の新設などが行われた。新車両も導入され、運転間隔は15分間隔から12分間隔に変更された。

2021年にSouth KeysやLeitrimとオタワ国際空港までの延伸が計画されている。

  • 路線距離:8.0km
  • 駅数:5駅(起終点駅を含む)
  • 軌間:1,435mm(標準軌
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:なし(全線非電化)
  • 輸送実績:10,100人/日(2012年)
営業キロ 接続路線、施設 開業年
ベイビュー駅(Bayview) 0.0 コンフェデレーション線ベイビュー駅
オタワ・トランジットウェイ
2001年
グラッドストーン駅(Gladstone) 2021年開業予定
カーリング駅(Carling) 2001年
カールトン駅(Carleton) カールトン大学リドー運河 2001年
ムーニーズ・ベイ駅(Mooney's Bay) 2001年
ウォークリー駅(Walkley) 2021年開業予定
グリーンボロ駅(Greenboro) 8.0 オタワ・トランジットウェイ 2001年
サウス・キーズ駅(South Keys) 2021年開業予定
リートリム駅(Leitrim) 2021年開業予定
ボウズビル駅(Bowesville) 2021年開業予定
ライムバンク駅(Limebank) 2021年開業予定
アップランズ駅(Uplands) 2021年開業予定
空港駅(Airport) オタワ・マクドナルド・カルティエ国際空港 2021年開業予定

コンフェデレーション線編集

2018年完成予定のライトレール路線。中心部は地下鉄となる。

車両編集

ギャラリー編集

関連項目編集

外部リンク編集