OLレイン英語 : OL Reign)は、アメリカワシントン州シアトルをホームタウンとする、NWSLに所属する女子のプロサッカーチーム。

OLレイン
原語表記 OL Reign
愛称 レイン
創設年 2012年
所属リーグ NWSL
ホームタウン シアトル
ホームスタジアム ルーメン・フィールド
収容人数 10,000
監督 ローラ・ハービー
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

創設時の名称はシアトル・レインFCSeattle Reign FC)であったが、2019年1月に本拠地がシアトルからタコマに移転したことに伴いレインFCReign FC)にチームの名称が変更された[1][2]。その後、2020年にOLレインに改名した[3]。2022年にシアトルに再移転した。

歴史編集

創設編集

2012年11月、シアトルに本拠地を置く女子のプロサッカーチームとして、後にナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグと名付けられる、新しい女子のプロサッカーリーグに受け入れられることが、承認された。[4][5]。オーナーはシアトルを拠点にするデジタル・マーケティングエージェンシー、POPの創設者でありCEOのビル・プレドモア[6]とその妻であるテレサ・プレドモア[7]。シーズン前にビル・プレドモアは「私の最終的な目標は、世界で最高の女子サッカーチームを作ることです。これは明日とか今年中にとか、すぐに実現できることではありません。それでも、10年後や20年後に成し遂げたいです。」と述べている[8]。チームのジェネラル・マネージャーには、シアトル・サウンダーズ女子チームの前ジェネラル・マネージャーでシアトル・サウンダーズFCのユース部門の責任者[9]であったエイミー・カーナルが就任したが、シーズン開幕後すぐに「個人的な理由」で辞職することになり、ローラ・ハービーが監督とGMを兼任することになる[10][11][12]

2012年12月19日、シアトル・レインFCの名前とロゴが公表された。チームカラーは白、プラチナ、ロイヤルブルー、ミッドナイトブラック。チーム名は消滅したシアトルで最初のプロの女子チーム(アメリカン・バスケットボール・リーグに所属したプロのバスケットボールチーム)であった「シアトル・レイン」へのオマージュとして名付けられた。[13]

創設1年目編集

2012年12月21日、チームはローラ・ハービーが初代監督に就任すると発表した。ハービーは2002年から2008年にバーミンガム・シティLFCのアシスタントコーチと監督を務め、2009年からアーセナル・レディースのアシスタントコーチを2年間務めた後、2010年から2012年までアーセナル・レディースの監督を務めた。また、イングランド女子代表U-17、U-19、U-23のアシスタントコーチの経験を2002年から2008年まで務めた経験がある。

2013年1月11日、NWSLアロケーション(選手分配)の一環として、カナダ代表のカイリン・カイル、エミリー・ズラー、メキシコ代表のテレサ・ノヨラ、ジェニファー・ルイス、アメリカ代表のメーガン・ラピノー、エイミー・ロドリゲス、ホープ・ソロがシアトルの所属となった[14][15][16]。1月18日、シアトルは2013NWSL大学ドラフトで クリスティン・ネアーン、マロリー・シャファー 、クリステン・マイヤー 、ヘイリー・コップマイヤーを獲得した。[17] [18]2月4日、新たに4人の選手、ケイト・デインズ、ジェシカ・フィッシュロック、ティファニー・キャメロン、リンゼイ・テイラー と契約した。[19] 2月7日、2013NWSL追加ドラフトでニッキ・フィリップス、ローレン・バーンズ、ローラ・ヘイボアー、リズ・ボーガス、 ミッチェル・ベトス、カリー・ファウンテンを獲得した。[20]

 
試合前の集合写真(2013年7月25日 シカゴ・レッド・スターズ戦)

プレシーズンが進むに連れて、シアトルはシーズンのほとんど半分をアメリカ代表の選手を欠いて戦うことになることが判明した。アメリカ代表FWエイミー・ロドリゲスは、彼女にとって最初の子どもを妊娠しており1年目のシーズンはプレーしないだろうと発表した。[21]アメリカ代表GKホープ・ソロは手首の手術をしたあとで、シーズンの前半はチームに加わることができず、メーガン・ラピノーはオリンピック・リヨンと1月から6月まで契約しており、少なくともシーズンの9試合は出場できないだろうと発表した。[22][23] プレシーズンに日本へのツアーを行い、当時のなでしこリーグのチャンピオンであるINAC神戸レオネッサや、福岡アンクラスノジマステラ神奈川と対戦した[24][25][26][27]。シアトルはシーズンの初戦でシカゴ・レッド・スターズと対戦し、ドラフト1位で加入したクリスティン・ネアーンがリズ・ボーガスのアシストからヘディングシュートでシアトルにとって記念すべき最初のゴールを上げた[28]。しかしその後シカゴが同点とし、試合は1-1で終了した。この試合で獲得した勝点1が、シアトルが次の9試合までで獲得する唯一の勝点となった。

2013年6月、ローラ・ハービーは元アメリカ代表のDFステファニー・コックスの獲得をはじめとして、新しい外国人選手の獲得するなど、選手の入れ替えを行った。この補強とアメリカ代表のソロとラピノーが復帰したことで、シアトルはウエスタンニューヨークフラッシュ相手に1-1で引き分けたあたりからシーズンを巻き返す[29]。その後は6試合負けなし(4勝2分)だった。シーズンの最終戦で同地域のライバルであるポートランド・ソーンズ戦でチケット完売の3855人の観衆の前で1-2で敗れ、シアトル・レインはシーズンを5勝14敗3分のリーグ7位でシーズンを終えた。[30]

2014年シーズン編集

8チーム中7位に終わった2013年シーズンの翌年、ロスターの大幅な見直しがローラ・ハービー監督により行われ、昨年から残ったのはわずか9名であった。2013年11月、ボストン・ブレーカーズとのトレードでアメリカ代表のFWシドニー・ラルーを獲得[31]。その2日後、元アーセナル・レディース所属でハービーのもとでプレーした経験のある、スコットランド代表キム・リトルを、権利を保有していたワシントン・スピリットとのトレードで獲得した[32]。2014年1月、NWSL大学生ドラフトでは、1巡目でポートランド大学のアマンダ・フリスビーを、2巡目で北カリフォルニア大学のミーガン・ブリグマン、4巡目でポートランド大学のエレン・パーカーを獲得した[33]。2月、ホームスタジアムをタクウィラ市のスターファイヤーから、シアトル・センター内のメモリアル・スタジアムに移転することを発表した[34]。2月10日、チームの3人目の外国人として、日本代表川澄奈穂美INAC神戸レオネッサからのローンで獲得したと発表した[35]。また、INAC神戸からは同時にベヴァリー・ゴーベル・ヤネズもローンで獲得した[36]

2014シーズン、シアトルは16戦負けなし(13勝3分)のリーグ記録を樹立。この記録は、7月12日のシカゴ・レッド・スターズ戦で0-1で敗れたストップしたが[37]、シアトルはシーズンを1位で終え、NWSLシールドを初めて獲得した[38]。シーズン終了後、キム・リトルは得点王とMVPを獲得[39][40]。ローラ・ハービーは年間最優秀監督に選出された[41]。ケンドール・フレッチャー、ジェス・フィッシュロック、キムリトル、川澄奈穂美はNWSLベストイレブンに選出、ホープ・ソロとローレン・バーンズ、ステファニー・コックスもセカンドイレブンに選出された[42]

プレーオフの準決勝でワシントン・スピリットを2-1で破り決勝に進出したが、シアトルは決勝でカンザス・シティに1-2で敗れ、準優勝でシーズンを終えた。[43]

2015年シーズン編集

NWSLシールドを獲得し、プレーオフ決勝でFCカンザス・シティに敗れたものの、記録破りのシーズンとなった2014年の翌年、ローラ・ハービー監督兼GMは、オフシーズンでは最小限の名簿の入れ替えになることを期待した。懸念されていたのが、川澄奈穂美とゴーベル・ヤネズがの二人ともがシーズン終了後、日本のINAC神戸レオネッサへ戻っていたことであった[44] 。11月、シアトルはFWメリット・マサイアスをカンザス・シティから、DFケイト・デインズとドラフトの権利(16番目と26番目)とのトレードで獲得する[45] 。2日後、ポートランド・パイロットに所属していたDFミッチェル・クルーズを獲得した[46]

2015年のNWSL大学生ドラフトの前に、INAC神戸からFWゴーベル・ヤネズを完全移籍で獲得した。ヤネズは2014年に5ゴール4アシストでチームのシーズン1位に貢献していた[47]

シアトルは2015年シーズン、2年連続2回目のNWSLシールド(シーズン1位)を獲得する[48]。プレーオフでは、準決勝でワシントンスピリットを3-0で下した後、ポートランドで開催された決勝では、またしてもFCカンザス・シティに0-1で敗れてしまう[49] 。シーズン終了後、キム・リトル、ジェスフィッシュロック、ゴーベル・ヤネズはMVP候補にノミネートされた。ローレン・バーンズとケンドール・フレッチャーは最優秀DFの候補にノミネートされた。[50]

ローラ・ハービーは2年連続でNWSL年間最優秀監督に選出された。[51]ローレン・バーンズ、キム・リトル、ベヴァリー・ゴーベル・ヤネズ 、ジェス・フィッシュロックはNWSLベストイレブンに選出。ケンドール・フレッチャー、ステファニー・コックス、メーガン・ラピノー、キーリン・ウインターズはセカンド・ベストイレブンに選出された。

2016年シーズン編集

2016年、マイクロソフトスポンサー契約を結び、ユニフォームの胸スポンサーになった[52]

同年6月、日本代表のMF宇津木瑠美を獲得したと発表した[53][54]

同年6月17日、2014シーズンにレンタル移籍でプレーしたINAC神戸の川澄奈穂美を完全移籍で獲得したと発表した[55][56]

リーグの最終成績は5位で終わり、3年連続でのプレーオフ進出は叶わなかった[57]

2017年シーズン編集

リーグの最終成績は2年連続の5位に終わり、2年連続でプレーオフ進出を逃した[58]

シーズン終了後、創設1年目から5シーズンにわたり監督兼GMを務めたローラ・ハービーが退任し、前カンザス・シティFC監督のヴラトコ・アンドノフスキが次期監督に就任した[59]

本拠をタコマへ編集

2019年1月に、チームは2019年シーズンより本拠地をワシントン州タコマチェニー・スタジアムに移転、チーム名をレインFCと改称すると発表[60]

2020年1月にフランスオランピック・リヨネ・グループ(OLグループ)がチームを買収したことにより、同年3月にチーム名を「OLリヨン」に改名すると発表。オランピック・リヨネと合わせチームカラーを青・白・金とし、エンブレムもリヨンのシンボルであるライオンを使用することとなった[61]

2022年編集

タコマスタジアムの計画の長期化とコスト増により[62]、2021年12月にシアトルのルーメン・フィールドへ本拠地を戻すことが発表された[63]

成績編集

リーグ 試合数 勝ち点 レギュラーシーズン プレーオフ 平均観客数 通算観客数 監督
2013 NWSL 22 18 5 14 3 7位 未出場 2,306 25,365   ローラ・ハービー
2014 24 54 16 2 6 1位 準優勝 3,632 43,581
2015 20 43 13 3 4 1位 準優勝 4,060 40,595
2016 20 30 8 6 6 5位 未出場 4,602 46,018
2017 24 34 9 8 7 5位 未出場 4,037 48,449
2018 24 41 11 5 8 3位 準決勝 3,824 45,885   ヴラトコ・アンドノフスキー英語版
2019 24 38 10 6 8 4位 準決勝 5,213 62,551
2020   ファリド・ベンスティティ英語版
2021 24 42 13 8 3 2位 準決勝 5,240 62,885   ファリド・ベンスティティ→
  サム・レイティ英語版 (暫定)→
  ローラ・ハービー

選手編集

現在の所属選手編集

2022年5月30日[64]現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
2 MF   ニッキー・スタントン
3 FW   ローレン・バーンズ
4 DF   アラナ・クック
5 MF   クイン
6 MF   アンジェリーナ
7 FW   アリー・ワット
8 MF   ベサニー・バルサー
10 MF   ジェシカ・フィッシュロック英語版
11 FW   ソフィア・ウエルタ
12 MF   オリビア・アテネ
13 FW   マーリー・カナレス
14 DF   ヒメナ・ロペス
15 FW   ミーガン・ラピノー
16 MF   ローズ・ラヴェル
No. Pos. 選手名
17 DF   サム・ハイアット
18 GK   ローレル・アイボリー
19 DF   シンクレア・ミラモンテス
20 DF   アリッサ・マロンソン
21 DF   フィービー・マクラーノン
23 FW   シアラ・キング
24 FW   ヴェロニカ・ラツコ
25 MF   ケルシー・ヘッジ
26 MF   キム・リトル (loan)
30 GK   クラウディア・ディッキー
33 MF   Olivia Van der Jagt
55 FW   Zsani Kajan
91 GK   ファロン・チュリス=ジョイス

ローン中の選手編集

歴代所属選手編集

タイトル編集

  • NWSLシールド賞 : 2回 (2014年、2015年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ AN OPEN LETTER TO THE FANS AND SUPPORTERS OF SEATTLE REIGN FCレインFC公式サイト(2019年1月30日付). 2019年5月21日閲覧。
  2. ^ Big moves for Reign FC: New venue, new city, new minority ownersNWSL公式サイト (2019年1月30日付). 2019年5月21日閲覧。
  3. ^ Reign FC changes its name again, to OL Reign, and has new team colors”. The Seattle Times (2020年3月6日). 2021年5月14日閲覧。
  4. ^ Seattle Club Selected as Founding Member of New Women's Professional Soccer League”. Seattle Times. 2012年12月19日閲覧。
  5. ^ A stop and chat with Bill Predmore, owner of the new women's pro team in Seattle”. Seattle Times. 2012年12月19日閲覧。
  6. ^ Advance Publications buys Seattle digital agency POP”. Geek Wire (2013年1月16日). 2016年1月18日閲覧。
  7. ^ Back Home”. Hope Solo (2015年4月16日). 2016年1月18日閲覧。
  8. ^ Bill Predmore: ‘My goal is to build the best women’s club in the world’”. Seattle Times. 2013年8月22日閲覧。
  9. ^ Amy Carnell, the Sounders FC Director of Youth Programs since 2008, has helped build the largest youth camp system in Major League Soccer.”. Seattle Sounders FC. 2012年12月19日閲覧。
  10. ^ Amy Carnell out as Seattle Reign GM, Laura Harvey assumes role”. Sounder at Heart. 2013年8月22日閲覧。
  11. ^ Reign FC general manager Amy Carnell resigns”. Seattle Times. 2013年8月22日閲覧。
  12. ^ Tom Glasgow, Sports Director”. KOMO News. 2013年8月22日閲覧。
  13. ^ Mayers, Joshua. “Seattle's professional women's soccer team will be called Reign FC”. Seattle Times. 2012年12月19日閲覧。
  14. ^ NWSL allocation easier said than done”. ESPN. 2013年1月12日閲覧。
  15. ^ Player distribution sees NWSL take shape”. FIFA. 2013年1月12日閲覧。
  16. ^ New Women’s League Allocates Players”. New York Times. 2013年1月25日閲覧。
  17. ^ Penn State women’s soccer star Christine Nairn drafted by National Women’s Soccer League’s Seattle Reign”. Philly.com. 2013年8月22日閲覧。
  18. ^ NWSL College Draft, results: Red Stars pick Zakiya Bywaters No. 1”. SB Nation. 2013年8月22日閲覧。
  19. ^ Seattle Reign sign four free agents: Kate Deines, Jess Fishlock, Tiffany Cameron, Lindsay Taylor”. Sounder at Heart. 2013年2月5日閲覧。
  20. ^ NWSL Supplemental Draft results”. The Equalizer. 2013年2月7日閲覧。
  21. ^ Amy Rodriguez to Miss 2013 Reign Season to Have a Child”. Sounder at Heart. 2013年8月22日閲覧。
  22. ^ Seattle Reign's Hope Solo will miss 3-4 months after wrist surgery”. Sounder at Heart. 2013年8月22日閲覧。
  23. ^ A U.S. Soccer Star’s Declaration of Independence”. New York Times. 2013年8月22日閲覧。
  24. ^ Bird, Liviu. “Seattle Reign FC trip to Japan indicative of global ambition”. Equalizer Soccer. 2013年8月22日閲覧。
  25. ^ INAC快勝 シアトル・レインに2―0琉球新報、2016年3月17日閲覧。
  26. ^ 女子サッカー「ノジマステラ」、相模原でシアトル・レインと親善試合町田経済新聞、2016年3月17日閲覧。
  27. ^ 国際試合開催のお知らせ福岡J・アンクラス公式Facebook、2016年3月17日閲覧。
  28. ^ RED STARS TIE REIGN FC 1-1 IN HOME OPENER”. NWSL. 2013年8月22日閲覧。
  29. ^ Seattle Reign FC sign Australian WNT co-captain Emily Van Egmond”. NWSL News. 2013年8月22日閲覧。
  30. ^ Reign FC closes first NWSL season with loss to Portland, finishes with 5-14-3 record”. Seattle Times. 2013年8月22日閲覧。
  31. ^ REIGN ACQUIRE SYDNEY LEROUX IN TRADE”. NWSL Soccer. 2014年3月4日閲覧。
  32. ^ Reign Add Arsenal Star Midfielder Kim Little”. Sounder at Heart. 2014年3月4日閲覧。
  33. ^ SPIRIT SELECT CRYSTAL DUNN WITH FIRST OVERALL PICK”. NWSL Soccer. 2014年3月4日閲覧。
  34. ^ シアトル・レイン FC 基本情報JungleCity.com、2016年3月19日閲覧。
  35. ^ REIGN FC ACQUIRE NAHOMI KAWASUMI ON LOAN FROM INAC”. NWSL. 2016年3月18日閲覧。
  36. ^ ゴーベル ヤネズ 2014シーズン移籍のお知らせINAC神戸レオネッサ公式サイト、2016年3月30日閲覧。
  37. ^ “Seattle Reign FC sees unbeaten streak end at 16”. The Seattle Times. (2014年7月12日). http://seattletimes.com/html/reign/2024057783_reign13xml.html 2014年11月12日閲覧。 
  38. ^ Reign Dominate Dash to Clinch Shield”. Sounder at Heart (2014年7月30日). 2015年1月21日閲覧。
  39. ^ Reign FC midfielder Kim Little awarded NWSL Golden Boot”. Seattle PI (2014年8月21日). 2015年1月21日閲覧。
  40. ^ Reign’s Kim Little is named league MVP”. The Seattle Times (2014年8月28日). 2015年1月21日閲覧。
  41. ^ Seattle’s Laura Harvey named NWSL coach of the year”. The Seattle Times (2014年8月27日). 2015年1月21日閲覧。
  42. ^ NWSL Announces 2014 Best XI”. National Women's Soccer League (2014年8月29日). 2015年1月21日閲覧。
  43. ^ FC Kansas City beats Seattle Reign to win NWSL championship”. Sports Illustrated (2014年8月31日). 2015年1月21日閲覧。
  44. ^ We've spent the last month working hard...”. Facebook. Seattle Reign FC (2014年10月2日). 2015年1月6日閲覧。
  45. ^ “FC KANSAS CITY ACQUIRE DEINES, DRAFT PICKS FROM REIGN FC”. NWSL. (2014年11月12日). http://nwslsoccer.com/home/847138.html 2014年11月12日閲覧。 
  46. ^ “REIGN FC SIGN CRUZ, RE-SIGN NOGUEIRA AND FRISBIE”. NWSL. (2014年11月14日). http://nwslsoccer.com/home/847641.html 2014年11月14日閲覧。 
  47. ^ “REIGN FC SIGN FORWARD BEVERLY YANEZ”. NWSL. (2015年1月13日). http://nwslsoccer.com/home/856434.html 2015年1月14日閲覧。 
  48. ^ SEATTLE REIGN WIN NWSL SHIELD FOR 2ND STRAIGHT SEASON”. ESPN (2015年8月27日). 2015年10月10日閲覧。
  49. ^ NWSL Championship Game: FC Kansas City 1, Seattle Reign 0 - Live chat and updates recap”. The Oregonian (2015年10月1日). 2015年10月10日閲覧。
  50. ^ Seattle Reign represented heavily in NWSL Awards”. Sounder at Heart (2015年9月9日). 2015年10月10日閲覧。
  51. ^ Reign FC’s Laura Harvey named NWSL Coach of the Year for second straight season”. The Seattle Times (2015年9月18日). 2015年10月10日閲覧。
  52. ^ Microsoft inks deal with Seattle Reign soccer team for jersey sponsorshipGeekWire、2016年4月11日閲覧。
  53. ^ Japanese International Midfielder Rumi Utsugi Signed by Seattle Reign FCシアトル・レインFC公式.2016年6月9日閲覧。
  54. ^ REIGN FC SIGNS JAPAN NATIONAL TEAM MIDFIELDER RUMI UTSUGINWSL公式.2016年6月9日閲覧。
  55. ^ Nahomi Kawasumi Returns to Seattle Reign FCシアトル・レインFC公式サイト.2016.6.17、2016年6月26日閲覧。
  56. ^ 米シアトル・レイン、川澄復帰に「帰ってきてくれてうれしい」スポーツ報知.2016.6.17、2016年6月26日閲覧。
  57. ^ Reign’s NWSL playoff hopes endThe Seattle Times.2016.9.24付、2018年1月3日閲覧。
  58. ^ レインはプレーオフ逃す=米女子サッカーJIJI.COM. 2017.9.25付、2018年1月3日閲覧。
  59. ^ Laura Harvey to leave Seattle Reign, which hires Vlatko Andonovski as coachThe Seattle Times. 2017.11.7付、2018年1月11日閲覧。
  60. ^ Seattle venture capitalist joins Reign FC ownership group as soccer team announces move to Tacoma and new stadium plans”. GeekWire (2019年1月31日). 2019年3月17日閲覧。
  61. ^ “REIGN FC REVEAL NEW NAME AND BRAND IDENTITY”. OL Reign. (2020年3月6日). https://www.olreign.com/news/2020/3/6/reign-fc-reveal-new-name-and-brand-identity 2020年3月6日閲覧。 
  62. ^ Oshan, Jeremiah (2021年12月20日). “Tacoma soccer stadium isn’t quite dead, Rainiers president insists” (英語). Sounder At Heart. 2022年5月30日閲覧。
  63. ^ OL Reign Returns Home to Seattle” (英語). OL REIGN: WE ARE THE BOLD (2021年12月15日). 2022年5月30日閲覧。
  64. ^ Roster and Technical Staff” (英語). OL REIGN: WE ARE THE BOLD. 2022年5月30日閲覧。

外部リンク編集