メインメニューを開く

OMV AG(オーエムヴイ アーゲー)は、オーストリアウィーンに本拠を置き、石油ガスの精製、また石油化学工業等を行うエネルギー企業。主な事業展開地は中央ヨーロッパで、ドイツ、オーストリア、ルーマニアに石油精製工場を持ち、4200箇所以上のガソリンスタンドをOMV、Avanti(アヴァンティ)、Storh、ペトロム(PETROM)ブランドで展開している。ウィーン証券取引所上場企業。

OMV AG
企業形態 Aktiengesellschaft(AG)
業種 石油・ガス
設立 1956
本社 オーストリア・ウィーン
主要人物 CEO Rainer Seele
サービス ガソリンスタンド
売上高 増加22,527 mn EUR (2015)
従業員数 24,124 (2015)
ウェブサイト www.omv.com
テンプレートを表示

沿革編集

1956年7月3日、Österreichische Mineralölverwaltung(略してÖMV。英語でAustrian Mineral Oil Administrationの意)として設立された[1]オーストリア国家条約の際の交渉に基づき、オーストリア国家による国営企業として、石油および天然ガスの生産・加工が行われ、1960年にウィーン国際空港近くのシュヴェヒャトに石油精製所を開設した[1]1970年アドリア海とウィーンを結ぶパイプラインが開通、1974年にオーストリア横断パイプラインが開通、1980年に西オーストリアパイプラインが開通、1985年リビアで最初の海外E&P事業を開始した[1]1987年に株式の15%を売却したのを始めに民営化に着手し、1990年に最初のÖMVブランドによるガソリンスタンドの営業を開始、1995年に社名をÖMVからOMVに変更した[1]

1998年、化学工業メーカーのBorealis AGの25%の株式を取得(現在は36%)、2004年ルーマニアの石油・ガスグループであるPetromの51%の株式を取得し子会社化した[2]

現在OMVの株式は、約3割をオーストリア国家資産持株会社のÖsterreichische Industrieholdingが保有し、約25%をアラブ首長国連邦アブダビ政府による国際石油投資会社(International Petroleum Investment Company)が保有している[3]。現在、最高意思決定機関である監査役会の会長は、シーメンス前社長のペーター・レッシャーが務めている[4]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 60 years of OMV” (英語). OMV AG. 2019年7月31日閲覧。
  2. ^ OMV AG acquires 51% of Romania's Petrom” (英語). Oil&Gas Journal (2004年7月23日). 2019年7月31日閲覧。
  3. ^ Shareholder Structure” (英語). OMV AG. 2019年7月31日閲覧。
  4. ^ オーストリア石油最大手会長に前シーメンス社長”. 日本経済新聞 (2016-05-193). 2019年7月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集