メインメニューを開く

Oh!診』(オー! しん)は、1995年4月7日から1997年2月28日まで日本テレビ系列NNNNNS)で毎週金曜日午前11時から放送されていた日本テレビ報道局番組制作部による医療情報番組日本医師会製薬メーカー各社の協賛・提供。CS放送のncn日本テレビケーブルニュースでも時差ネットで放送されていた。

目次

概要編集

前番組『健康増進時代』および次番組『からだ元気科』とは違ってオールロケによる番組で、動物園や遊園地、テーマパークや花畑などの屋外にMC席を用意していた。また、番組は最新医療トピックと視聴者からの質問コーナー、そして番組タイトル通りに「往診」してしまおうという大胆な内容でバラエティ番組に近かった。番組タイトルの由来は、「OH」と「往診」とを合体して組み合わせた。この番組は日本医師会所属の男性医師4人(通称:Oh!診ドクター四天王。阿部聡・栗原伸夫・雪下國雄・矢端正克が週替わりにて毎週1人ずつ、交代で出演)と、司会の高見知佳・平川健太郎アナとで進行する。毎週、一般公募で選ばれた視聴者の患者の自宅へ高見と週替わり出演の四天王ドクターが往診に伺い、これからの健康法・健康方法をアドバイス・解説し、視聴者と一緒に学ぼうという内容であった。

最終回でちょうど放送回数が100回に達し、この回のテーマは、あまり往診をしない「心のトラブル」が取り上げられた(最終回のOh!診ドクターは、脳神経外科医師臨床心理士の阿部聡)。最終回エンディングでは、司会の高見・平川と阿部が「それでは皆さん、お元気で!」とラストコールし、そのあとOh!診ドクター四天王全員(VTR出演)と平川アナのエンドナレーションにて「おだいじに…。」と挨拶して放送を終えた。なお、次番組『からだ元気科』の最終回では『健康増進時代』からの番組の歩みを振り返っていたが、本番組については全く触れられなかった。

司会編集

  • 高見知佳(タレント、「入院歴4回の…」)
  • 平川健太郎(日本テレビアナウンサー、「医者いらずの○健太郎」)

Oh!診ドクター四天王編集

番組内容など編集

オープニングは「Oh!診チェック」というVTR説明による10箇所の健康チェックを行う。チェック項目がない場合は「健康そのもの」、1〜5個だと、「要注意」、6個以上は「危険信号」というサインを出して、これからのより良き健康方法などを視聴者に解説し伝える。このチェック項目の最初に流れる「キーン」と鳴るSE[1] は同局系『ジパングあさ6』のオープニングコーナー「けさのヘッドライン」(中期以降)と同枠内の箱番組「NNNニュースジパング」、『ズームイン!!朝!』の1コーナー「ズームイン・ズーム」と同じものを使用。そのあと本題のコーナー・「SOSクリニック」へと入る。このコーナーでは「心のトラブル」をはじめ、「赤ちゃんの病気」「夏風邪」「めまい」「耳鳴り」「神経性胃炎」「じん麻疹」「アトピー性皮膚炎」などといったテーマ内容を週替わりにて毎週1つに絞ってオンエアする。このほか、視聴者からの葉書・手紙による健康についての疑問・質問を受け付けるコーナーも設けられていた(このコーナーのフォーマットは『からだ元気科』にも継承・転用)。

番組使用曲編集

小原孝によるピアノ演奏曲猫ふんじゃった」(Oh!診チェック放送時と提供ナレーションエンドカード「『Oh!診』END」表示時に流した)

スタッフ編集

協賛製薬会社編集

協賛社は輪番で、日本医師会と共にスポンサーになっていた。番組最後の後クレの直前にあったCM枠では毎回、その回の協賛会社のCMと、日本医師会と各社の協賛である旨のナレーションが入った協賛社ロールテロップCMとの2本が流れていた。

主なネット局(時差ネット局を含む)編集

脚注編集

  1. ^ 同局報道部と日本テレビビデオが制作に関っている縁でこのSEを使用している。
  2. ^ 番組開始から1995年9月までは6日遅れの木曜午前10:55の放送だったが、同年10月に同時ネットへ移行した。
  3. ^ 他系列でありながら同時ネットで放送していた。
日本テレビ 日本医師会一社提供番組
前番組 番組名 次番組
Oh!診
(1995年4月 - 1997年2月)