メインメニューを開く

概要編集

トラックメーカー/プロデューサーとしても活動するベーシストShingo Suzukiによるバンドプロジェクト。同じくトラックメーカー/プロデューサーとしても活動するドラマーmabanua、プロデューサーやジャズギタリストとして活動する関口シンゴを加えた3人で活動している[1][2]ジャズソウルヒップホップなどをベースにしたサンプリングと生演奏のシームレスな融合によるサウンドや野太いグルーヴを特徴とする[2]

略歴編集

2000年頃、Suzukiが同じOvallという名前のバンドで活動[3]。その後フランスに渡り、そこでも現地の人間たちと同名のバンドを組んで活動する[3]。帰国後、mabanuaと関口がメンバーに加わり、現在のOvallを結成する[3]

2009年、CDデビュー前に朝霧JAM2009に出演。

2010年3月、1stアルバム『DON'T CARE WHO KNOWS THAT』をリリース。

2013年、メンバーがそれぞれのソロ活動やプロデューサー、ツアーミュージシャンとしての活動で多忙となり、活動を休止する[注 1][1]

2017年、渋谷WWW Xでの復活ライブより活動を再開。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
スタジオアルバム
1st 2010年3月10日 『DON’T CARE WHO KNOWS THAT』 OPCA-1008 オリコン最高271位
2nd 2013年11月20日 『DAWN』 OPCA-1025 オリコン最高92位
ミニアルバム
1st 2011年8月25日 『Heart Fever』 OPCA-1016 オリコン最高263位
コラボレーションアルバム
1st 2012年7月4日 GAGLE×Ovall』 VICL-63898 オリコン最高157位

配信編集

  • 「Beautiful Love (LIVE)」(2012) - レーベルのファンサイトOshite限定シングル(ライブ音源)
  • 『In TRANSIT』(2012) - レーベルのファンサイトOshite限定ミニアルバム
  • 『Re: Ovall』(2012) - レーベルのファンサイトOshite限定『In TRANSIT』のリミックスアルバム
  • 『Live at LIQUID ROOM』(2013) - レーベルのファンサイトOshite限定ライブアルバム
  • 『In TRANSIT [Deluxe Edition]』(2017) - 『In TRANSIT』『Re: Ovall』の2枚に再始動後、初となる新曲を1曲収録した2枚組デラックス盤
  • 「なだらかな夜 feat. Gotch」(2018) - Ovall feat. Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION)
  • 「Stargazer」(2019/2/27)

参加作品編集

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2012年09月26日 Experimental Jazz To Come VRCL-4024 4.Supalover feat.20syl & David Le Deunff of Hocus Pocus
2013年03月13日 origami PRODUCTIONS 5th Anniversary Special Disc 2007-2012 OPCA-1019 DISC1-2.Feverish Imagination
DISC1-15.Take U To Somewhere
DISC2-4.Supalover (Shingo Suzuki Remix)
2014年09月03日 Free Soul origami PRODUCTONS ~Mellow Mellow Right On~ OPCA-1027 DISC1-2.Take U To Somewhere
DISC1-8.I Need Your Music / Ovall feat. HanaH
DISC1-21.Moon Beems
DISC2-10.Mind Games (DONE) / Ovall feat. Nicholas Ryan Gant
DISC2-14.Supalover / Ovall feat. 20syl and David Le Deunff of Hocus Pocus
2015年03月11日 Manhattan Records Relax Lounge -feel the beauty- LEXCD-15005 17.I Need Your Music / Ovall feat.HanaH
2015年10月07日 HONEY meets ISLAND CAFE 〜After Surf Time〜 IMWCD-1039 20. Sun Shower / Ovall
2019年4月2日 映画「ハード・コア」 Blu-ray&DVD IBIXJ-0296

BIBJ-3344

劇伴担当

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
RYU KODAMA Feverish Imagination
Jun Sekiya 「Supalover feat.20syl and David Le Deunff of Hocus Pocus」
不明 Hold You feat.Yu Sakai

ライブ編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ただし2015年にはOvall名義で矢野顕子のレコーディングに参加、また藤原さくらのサポートではメンバー全員がバックバンドを務めるなど、様々な形で3人での活動を行う。

出典編集

  1. ^ a b c BIOGRAPHY”. Ovall official website. 2019年6月29日閲覧。
  2. ^ a b Ovallプロフィール”. 音楽出版社. TOWER RECORDS ONLINE (2013年7月10日). 2019年6月29日閲覧。
  3. ^ a b c Ovall『In TRANSIT』インタビュー 〜再始動を果たした3人に柳樂光隆が訊く。”. Billboard JAPAN (2017年12月22日). 2019年6月29日閲覧。

外部リンク編集