メインメニューを開く

経歴編集

1992年、福岡県で結成され、1998年、活動拠点を東京都に移す[2]。2004年、収録時間が30分足らずのアルバム『Miniature』を発表する[3]。2014年、AxSxEのプロデュースによるアルバム『Informed Consent』が発表される[4]

スタイルと影響編集

福岡県では、ダイナソーJr.ピクシーズから影響を受けた彼らは、ナンバーガールモーサム・トーンベンダーと共演した[1]

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム編集

  • E.F.Y.L.(1998年)
  • We Cannot Tell You Truth, Again.(1999年)
  • 10 Songs, 10 Cities(2001年)
  • Grasshoppers Sun(2002年)
  • Miniature(2004年)
  • Best Education(2007年)
  • A Girl Supernova(2009年)
  • Informed Consent(2014年)

ライヴ・アルバム編集

  • Eats Tokyo Alive!(2008年)

脚注編集

  1. ^ a b c d Martin, Ian (2006年7月14日). “A little Fukuoka in Akihabara”. The Japan Times. 2014年7月1日閲覧。
  2. ^ Martin, Ian. “Panic Smile - Biography”. Allmusic. 2014年7月1日閲覧。
  3. ^ Martin, Ian. “Miniature - Panic Smile”. Allmusic. 2014年7月1日閲覧。
  4. ^ 松村, 正人 (2014年7月1日). “PANIC SMILE - INFORMED CONSENT”. ele-king. 2014年7月1日閲覧。

外部リンク編集