POISON (布袋寅泰の曲)

布袋寅泰の楽曲

POISON」(ポイズン)は、布袋寅泰の楽曲である。1995年1月25日に東芝EMIより通算9枚目のシングルとして発売された。

POISON
布袋寅泰シングル
初出アルバム『GUITARHYTHM FOREVER Vol.1
B面 COOL CAT
リリース
規格 8cmCD
ジャンル
時間
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 布袋寅泰
プロデュース 布袋寅泰
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1995年度年間34位(オリコン)
  • 布袋寅泰 シングル 年表
    • POISON
    • (1995年)
    GUITARHYTHM FOREVER Vol.1 収録曲
    UPSIDE-DOWN
    (4)
    POISON
    (5)
    サレンダー (ALBUM VERSION)
    (6)
    ミュージックビデオ
    「POISON」 - YouTube
    テンプレートを表示

    発売後、ポルノグラフィティによってカバーされた。

    概要編集

    1988年から続いた「GUITARHYTHMプロジェクト」の「最強・最後のシングル」としてリリース。

    「POISON」は、三貴『ブティックJOY』CFソング。布袋自身がターニングポイントとなった楽曲として頻繁に挙げている。このシングルを境に、後年の本人をして「チャートに挑んだ時期」に突入していく。1991年「GUITARHYTHM activeツアー」から続いていたバンドメンバーはキーボードの小森茂生以外は参加しておらず、ベースプレイもすべて布袋による。サウンドは「音の塊」を意識したモノラル定位のミックスとなっている。作詞は森雪之丞が手がけており、森は「もし布袋が僕の言葉を欲していなかったら『POISON』は生まれなかった」と語っている[2]

    中野裕之PVを担当した[3]。以後中野は布袋作品のPVを数多く手掛け、また布袋も後年中野が監督を務めた映画『SF サムライ・フィクション』への出演及び音楽監督を手掛けている。布袋自身が歌唱した楽曲では最大のヒット曲となった[注釈 1]

    リリース直後の『ミュージックステーション』出演時、ギターは持たずマイクスタンドを持ちながらの歌唱であった。

    2006年、ポルノグラフィティ森雪之丞の作詞作品でのトリビュート・アルバム『Words of 雪之丞』にてカバーした[2]

    収録曲編集

    1. POISON(4:28)
      作詞:森雪之丞 作曲・編曲:布袋寅泰
    2. COOL CAT(3:44)
      作詞:森雪之丞 作曲・編曲:布袋寅泰 ホーン・アレンジメント:村田陽一

    収録アルバム編集

    POISON

    COOL CAT

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    出典編集

    1. ^ 2月度「ゴールド・アルバム」等認定作品」『The Record』第425号、日本レコード協会、1995年4月1日、 5頁。
    2. ^ a b 森雪之丞自身による Self Liner Notes”. SPEEDSTAR RECORDS. 2021年6月15日閲覧。
    3. ^ HOTEI STAFFの2020年10月9日 午後0:59のツイート2021年6月15日閲覧。


    引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つかりません